« 【素人目戦】第39期囲碁名人戦第4局を見て思うこと。 | トップページ | 産経新聞元ソウル支局長が朴大統領への名誉棄損で在宅起訴されたことについて思うこと »

2014年10月 9日 (木)

【素人目戦】第33期女流本因坊戦5番勝負第1局を見て思うこと

  昨日、岩手県花巻市で第33期女流本因坊戦5番勝負第1局が打たれた。向井千瑛女流本因坊に、藤沢里菜会津中央病院杯(以下、藤沢2段)が挑戦する。藤沢2段がこのタイトルを獲れば史上最年少のおまけがつく。今のところ「幽玄の間」は無料会員なのだが、この棋譜進行もリアルタイムで見させてくれたのは嬉しい。ただ、気付くのに遅れてしまい、最初に見た局面が黒139だった。

394139
 これを見ると、アレ?中央の黒大石が完全に包囲されてしまっていて、この真ん中の白が取れなければ死んでしまい、碁は終わりだろう。見続けたかったが仕事中ゆえに見れない。果たしてどうなるのか?おそらく藤沢2段が投了しているだろうと思っていた。

 ところが帰ってきて、棋譜を見たら、藤沢2段が217手までで中押し勝ちしていた。何が起こったんだ。順を追って見ていった。だが、前図の数手後の局面では完全に黒の大石は死んでいたはずなのだ。ただ、この黒147のノゾキ、これで流れが変わったような気がする。私が白なら受け方が非常に悩ましい。下手をすれば右辺の白が死んでしまう。

 331147
 
 そして、この後の攻防で、右辺のコウ争いの最中、右辺から右下にかけての白の大石も獲ってしまう。手順をクリックしていて、「へぇ、はぁ、凄いな」の連発。もう、この時点で勝負あった感じだ。白が右上隅に侵略するものの、黒217とツイだのを見て、向井女流本因坊が投了した。

 331 

 
 
 素人にはここで白が10-四と切った時、右上隅の黒の大石は助かるのかどうかが分からなかったが、一子をポン抜きしている白4子を攻めていく等、いろいろと味があるようで、死ぬことはないらしい。こういうところがパッと分からないのが級位者の悲しさか(笑)。

 今、行われている井山名人と河野臨九段の名人戦も獲るか獲られるかの激しい碁だが、この女流本因坊戦も両者妥協を許さない、激しい闘いの碁になりそうだ。次の第2局も楽しみだ。

« 【素人目戦】第39期囲碁名人戦第4局を見て思うこと。 | トップページ | 産経新聞元ソウル支局長が朴大統領への名誉棄損で在宅起訴されたことについて思うこと »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219908/60449252

この記事へのトラックバック一覧です: 【素人目戦】第33期女流本因坊戦5番勝負第1局を見て思うこと:

« 【素人目戦】第39期囲碁名人戦第4局を見て思うこと。 | トップページ | 産経新聞元ソウル支局長が朴大統領への名誉棄損で在宅起訴されたことについて思うこと »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ