« 「磯野貴理子、脳梗塞で緊急入院 命には別状なし」(サンスポ:http://bit.ly/1rzicuJ)の記事を読んで思うこと。(自分語りになってしまった) | トップページ | 【世相を嘆く】ハロウィンで浮かれている人達が羨ましい。 »

2014年10月30日 (木)

【素人目線】第39期名人戦第6局を観て思うこと

 第39期名人戦挑戦手合7番勝負第6局、215手までで井山名人が河野臨九段に3目半勝ちした。名人位を防衛すると共に、6冠も維持した。今局も今日のBS中継が始まるまでは、挑戦者の河野九段が優勢と言われていた。下図、白126を見れば、右上隅から右下隅までは黒が大きな地にしているが、左上隅は白から食い入る余地があり、尚且つ、左辺の黒も完全には生きていない。それに比べて白は下辺や中央に大きな地模様を作っている。果たして、名人はここをどうやって荒らしていくのだろうか?興味津々だった。

 396126_2

 そして、下図、黒129のツケからが圧巻だった。

 396129_2 

 この黒129に対して、白は3-七と切ってきた。素人の私なら黙って4-六に繋ぐところだが、名人は黒2(実際は黒131)と受ける。そして、白は下辺の2子を取る。これが敗着なのか?名人は中央の黒4子を捨てて、黒4(実際は黒133)と簡単にコウを解消してしまう。これで左上隅の黒地にはつけ入る余地がなくなった。しかし、白5(白134)と挿し込まれ、黒4子取り込まれてしまう。黒大丈夫か?

396141_7
 ところが黒6(黒135)と受け方を間違えれば、左辺の白も取ってしまおうかという手を打ち、中央に喰いこむどころか、10目程度の地を作ってしまう。この辺りはBSで観ていて唖然としていた。そして黒12(黒141)が決め手となった。解説の24世本因坊秀芳氏も黒勝利宣言をしてしまったくらいだ。1分間の秒読み中にこの手が打てるのは恐ろしい。

 この時点でPCソフトの形勢判断では、黒が20目程度リードしている。素人ならともかく、ヨセでは滅多に間違えないトッププロでは勝負あったようなものだ。ニコニコ生放送の映像を観ていると、河野九段は負けを悟っているかのように見える。投げ場がなかったからか、名人戦6局目にして、初めての作り碁となるも、再逆転に至ることは出来なかった。

 井山名人の凄さは、5局目までの壮絶な戦いの碁も、今局のような勢力を争う碁も打ち勝てる、ということなのかもしれない。おそらく国内では無敵だ。ただ、1日制の碁では中韓のトッププロには勝率が悪い。それは本人も相当自覚しているようで、常々、「日本の名人が世界の名人」でなければならないと語っている。スケジュール的に厳しいが、井山名人が日本での七冠達成と、名実ともに世界の名人と呼ばれるようになることを期待したい。






 

« 「磯野貴理子、脳梗塞で緊急入院 命には別状なし」(サンスポ:http://bit.ly/1rzicuJ)の記事を読んで思うこと。(自分語りになってしまった) | トップページ | 【世相を嘆く】ハロウィンで浮かれている人達が羨ましい。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219908/60569709

この記事へのトラックバック一覧です: 【素人目線】第39期名人戦第6局を観て思うこと:

« 「磯野貴理子、脳梗塞で緊急入院 命には別状なし」(サンスポ:http://bit.ly/1rzicuJ)の記事を読んで思うこと。(自分語りになってしまった) | トップページ | 【世相を嘆く】ハロウィンで浮かれている人達が羨ましい。 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ