« 『神風は吹いたのか?4000人が死んだ「特攻」』(毎日新聞:http://bit.ly/1rtJaDZ)の記事を読んで思うこと | トップページ | この時期に「復活の日」(故・小松左京著)を読むと、エボラ出血熱が他人事とは思えない »

2014年10月27日 (月)

福島県知事選挙、あまりの低投票率に「終わった」印象しか持たない。

 昨日、投開票が行われた福島県知事選挙は前副知事で、与野党相乗り候補の内堀氏が圧勝した。さっそく、民意が得られたとばかり、原発再稼働を公言する××首相。選挙で負ければ、それは民意でないと言い、選挙で勝てば民意と言う。こんな詭弁に満ちた内閣支持率が未だに5割近辺にいること自体、私には考えられないし、それがもし本当の民意と言うなら、完全にマイノリティだ。それでも、この人達は死んでも許さない。

 それにしても、投票率が45%程度だったことには落胆する。東関東大震災、原発事故からの復興を考えれば、少なくとも65%は超えても良いはずだ。もちろん、県外に避難を余儀なくされている人達もいるし、もはや結果的に福島を見放さざるを得ない人達もいだだろう。だけど、何で庶民に唯一ある権利を放棄するのか?

 誰がやっても同じだからか?もう政治に絶望してしまったのか?投票所に行って投票することがそんなに面倒臭いことなのか?自分が思い描く候補者がいなかったのか?とりあえず、自分達さえほどほどに生きていければそれで良いのか?いずれにせよ、選挙権の放棄というのは民主主義なんていらないと言っているのに等しい気がする。

 ここ数年、大きな選挙があるたびに、投票率の低さに衝撃を覚える。この投票率をみるだけで、福島県民を応援する気が失せてくる。政治への無関心がどれほど恐ろしいことなのか分からないのか?かの戦争に至ったのは、庶民の無関心さが大きかったのではないか?

 チェルノブイリ原発事故では、発生から4年目から、政府が無視できないような健康異常が突出してきた。福島では既に若者の甲状腺ガンが疑い例も含めて100名を超えている。伝えられていないかもしれないが、様々な放射線疾患が増えてきているのではないかと思っている。この国の偉い人達が何でもかんでも「原発事故とは無関係」と語り、それを信じているならやむを得ない。私の空しい気持ちは治まることがないだろう。とても残念だ。

【追記】現首相の苗字を表示するのさえ嫌悪感にかられるので、××と表記することにした。

« 『神風は吹いたのか?4000人が死んだ「特攻」』(毎日新聞:http://bit.ly/1rtJaDZ)の記事を読んで思うこと | トップページ | この時期に「復活の日」(故・小松左京著)を読むと、エボラ出血熱が他人事とは思えない »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219908/60553699

この記事へのトラックバック一覧です: 福島県知事選挙、あまりの低投票率に「終わった」印象しか持たない。:

« 『神風は吹いたのか?4000人が死んだ「特攻」』(毎日新聞:http://bit.ly/1rtJaDZ)の記事を読んで思うこと | トップページ | この時期に「復活の日」(故・小松左京著)を読むと、エボラ出血熱が他人事とは思えない »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ