« 3年ぶりに行われた日中首脳会談について思うこと。 | トップページ | 捨て犬のニュースに心が痛む。 »

2014年11月11日 (火)

【素人目線】第40期天元戦挑戦手合第2局を見て思うこと

 今日、第40期天元戦挑戦手合第2局が行われ、164手までで挑戦者の高尾十段が井山天元を破って、1勝1敗のタイにした。仕事中、休憩時間を見計らって幽玄の間をチェックしていたが、何となくあっけない幕切れになったような感が否めない。

  下図は白110手目。これで左辺に打ち込んだ黒は先手で生きた。しかし、素人目に見ても危ない下辺の黒は生きることが出来るのだろうか?

402110

 さすが井山六冠、上手く打ち回して、161手目で下図黒1に打てば下辺の黒は助かる。

 402161_2 

 それなのに井山六冠は下図に打った。プロの解説がなければ素人的には何故か分からない。いくら秒読みになっても、井山六冠は単純なミスをしない。この手の意図が非常に知りたい。

402161
 私が勝手に推測するには、仮に下辺の黒を助けたところで、中央右寄りの8子は取られており、地合いで劣っている。ヨセ勝負に持ち込めるような状況ではない。それで、投げ場作りにいったのか?つまり、この手は「負けました」宣言なのかもしれない。

 結局、終局はそれから3手後の下図、164手目。もはや、下辺の黒には生きる術がない。これでは投了やむなしだろう。見所は左辺の攻防だったが、如何にせん、下辺の黒が弱すぎたということか?

402
 私はプロの対局を、野球やサッカーのように観戦している。間違っても、真似することは出来ないが、その手の狙いや石の方向は参考になる。それに、こんな所に打ち込むのか?それでサバけるのか?ということを知っていれば、上手と打った時、そんなに驚かなくて済むのだ。プロの真剣勝負を見ることは本当に勉強になる。井山六冠の次局は来週火曜日の王座戦第2局か。これも楽しみにしている。

 

« 3年ぶりに行われた日中首脳会談について思うこと。 | トップページ | 捨て犬のニュースに心が痛む。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219908/60636070

この記事へのトラックバック一覧です: 【素人目線】第40期天元戦挑戦手合第2局を見て思うこと:

« 3年ぶりに行われた日中首脳会談について思うこと。 | トップページ | 捨て犬のニュースに心が痛む。 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ