« 大相撲九州場所が終わって思うこと | トップページ | 「米黒人射殺で白人警察官は不起訴 郡の大陪審」(東京新聞http://bit.ly/1vIDqPb)の記事を読んで思うこと: »

2014年11月24日 (月)

6歳未満の女児からの脳死移植について思うこと。

 今日、順天堂大学病院で脳死状態に至った6歳未満の女児から臓器提供が行われ、全国各地の病院で心臓、肺、肝臓、腎臓の移植手術が無事終了した。女児の御家族の英断が5名の命を救ったことになる。さぞかし辛い決断だっただろう。亡くなられたお子様にはご冥福をお祈りしたい。

 私は以前から、臓器提供の意思があるのなら、救える命は救って欲しいという立場で、自分自身も免許証には「全て提供」としている。ただ、全ての人がこういう考えを持つ必要はないとも思っている。特に子供の場合、本人の意思があるのかどうかも分からない。

 そのため、3年前ぐらいは駄目だったが、臓器移植法が改正されて、15歳未満でも親が同意すれば良いことになった。臓器移植を受けなければ助からない子供が海外で移植手術を受けなければならない状況が変わらなかったからだ。大々的な募金活動を行って得たお金で、アメリカに行って移植手術を受けるという状況を改善する為だった。改正は止む無しだろう。

 しかし、メディアの報道を見ていると、確かにを両親の決断は素晴らしいが、それを美談として取り上げ、脳死に至ったら臓器提供するのが当然だという流れを作ってはいけないと思うのだ。今のところ、事実を淡々と伝えているに過ぎないので、多少なりとも良心は働いている。取り決めでもあるのだろうか?

 ただ残念なのは、摘出された臓器が入っているであろうクーラーボックスを持った病院関係者の姿を映していることだ。私には人の死を軽んじているように感じてしまう。病院の外観や飛行機の映像だけで十分ではないか?こういう報道が、移植医療の足かせになっていないだろうか?

 少なくとも、移植医療が進んでいる他の国ではあり得ない。日本でも6歳未満の臓器移植が2例目だから大々的に取り上げたのであろう。そうであって欲しい。こうしたことは事実を淡々と伝えれば良いんだよ。もっとも伝えなくても良いような状況になることが望ましい。

« 大相撲九州場所が終わって思うこと | トップページ | 「米黒人射殺で白人警察官は不起訴 郡の大陪審」(東京新聞http://bit.ly/1vIDqPb)の記事を読んで思うこと: »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219908/60707186

この記事へのトラックバック一覧です: 6歳未満の女児からの脳死移植について思うこと。:

« 大相撲九州場所が終わって思うこと | トップページ | 「米黒人射殺で白人警察官は不起訴 郡の大陪審」(東京新聞http://bit.ly/1vIDqPb)の記事を読んで思うこと: »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ