« 【囲碁級位者の嘆き】定石の怪 | トップページ | 【囲碁】井山裕太六冠が小林覚九段に十段戦準々決勝で敗れたことについて思うこと。 »

2014年11月27日 (木)

どんなに頑張っても、人は自然には勝てない。

 先日、長野県北部を中心とする震度6弱の地震が起きた。不幸中の幸いで亡くなられた方はいなかったが、これから雪が降ると、復旧・復興は春先まで待たなければならない可能性があり、家を失った方々は厳しい避難生活が続いてしまう。被害が甚大だった白馬村は多くのスキー場を有しているだけに、関係者の皆さんは気が気ではないだろう。気の毒でならない。

 今年に限ったことではないが、日本というのは自然災害が多い印象を受ける。特に今年は2月の大雪、8月の広島豪雨災害、10月の御嶽山噴火、等々、少し考えただけでも、これだけあって、尚且つ、阿蘇でも噴火?蔵王でも噴火の兆候、もう不安な事象を上げたらキリが無いくらいだ。

 こうした自然災害で予測可能なのは雨にまつわるものぐらいで、地震や火山の噴火といったものには全く歯が立たない。それでも、原発再稼働に熱心なこの国の為政者や御用学者の皆さん、経済界のお偉方は、それを制することができると思っているのだろう。何か事が起こっても自分達は責任を取らないのだから、儲かる方が良いに決まっている。

 軽蔑すべき連中なのに、世論調査に答えるこの国民は優しいこと限りない。自分達が簡単に操られることを知らない。気づいた時にはもう遅い。反対できないような空気が作られてしまうのだ。社会的に表立って言えないかもしれないが、せめて、投票に行けよ。私は病人等、物理的に投票所に行けない人を除いて、投票しなかった人達には選挙費用の一部を負担してもらうのが良いと思っている。だって、政府に何をどうされても良いのでしょう?

 あれ?自然災害のことを書こうと思っていたのに、政治的な話になってしまった。自然に畏怖を感じない国会議員なんていらない。そういう判断基準があっても良いのではないか?被災地の早期復興を願う。

 

« 【囲碁級位者の嘆き】定石の怪 | トップページ | 【囲碁】井山裕太六冠が小林覚九段に十段戦準々決勝で敗れたことについて思うこと。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219908/60723252

この記事へのトラックバック一覧です: どんなに頑張っても、人は自然には勝てない。:

« 【囲碁級位者の嘆き】定石の怪 | トップページ | 【囲碁】井山裕太六冠が小林覚九段に十段戦準々決勝で敗れたことについて思うこと。 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ