« 「ぺヤングソース焼きそば」が店頭から消えて思うこと | トップページ | 民主党の次期代表選挙について思うこと。 »

2014年12月16日 (火)

【素人目線】第62期王座戦第5局をみて思うこと。夢の七冠がさらに遠のいた。(棋譜無)

 第62期王座戦第5局は白番・村川7段が井山王座を破って初の7大タイトルを獲得した。1勝2敗からの逆転は素晴らしい。対する井山王座は11月からの過密日程が災いしてしまったのかもしれない。これで5冠となった。それ自体は凄いことなのだが、夢の7冠をみたいと思っていた私のような素人は正直言って残念な気持ちになってしまう。

 今日の対局は70手目ぐらいで、左辺や左下隅などで黒がボロボロにされ、白番の村川7段が相当有利な感じがしていた。その上、左上隅でも黒が取られてしまい、素人の私ならここで投げてしまったかもしれない。だが、井山王座は違う。諦めないというより、上辺の黒を取りに行き、尚且つ、右辺の白石も一網打尽にしてしまおうという感じだ。

 そして、150手目ぐらいでは、黒の方が有利な展開になってしまう。壮絶な戦い。先日、井山王座が農心杯で世界ランキング1位の朴ジョンファンを破った時のような勢いを感じる。その一手がどれなのかは素人に判断できないが、どちらが勝ってもおかしくないような展開だ。

 常時観れていたわけではないので、どうしてこうなったのか?というのが分らないけれど、村川7段が読み切って、中央の黒石も取ってしまう。これでは流石の井山王座とはいえ、投了やむなしだろうと思いきや、彼は諦めない。ネット上では、これが取られても地合いは細かいという。この辺りの形勢判断能力が私の乏しいところだ。

 そのうち、ツイッターでプロ棋士が、白が1目半ぐらい勝ちそうだということを呟く。そんなに僅差なのか?!素人なら2目程度は終盤でも簡単にひっくり返るが、プロは小ヨセに入ったら秒読みでもほとんど間違えない。案の定、その通りの結果だった。やはり、プロは凄い。

 こんな激しい碁は素人にはとても真似できないけれど、あれだけ黒がボロボロにされても、僅差までもっていけるということが分かったことは勉強になった。これで井山さんは先週初めから3連敗。非常に珍しい。そして、金曜日には天元戦第5局が待っている。今年最後のタイトル戦だ。おそら(私だったら)疲労困憊の状況で、強敵高尾十段にどう挑むのか、今から楽しみになってきた。村川7段、新王座就位おめでとう!

« 「ぺヤングソース焼きそば」が店頭から消えて思うこと | トップページ | 民主党の次期代表選挙について思うこと。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219908/60820620

この記事へのトラックバック一覧です: 【素人目線】第62期王座戦第5局をみて思うこと。夢の七冠がさらに遠のいた。(棋譜無):

« 「ぺヤングソース焼きそば」が店頭から消えて思うこと | トップページ | 民主党の次期代表選挙について思うこと。 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ