« 【素人目線】第62期王座戦第5局をみて思うこと。夢の七冠がさらに遠のいた。(棋譜無) | トップページ | 【素人目線】第40期天元戦第5局をみて思うこと。 »

2014年12月18日 (木)

民主党の次期代表選挙について思うこと。

 大義なき衆議院選挙は〇〇首相の目論見通り、投票率も戦後最低で自公が3分の2議席を獲得して終わった。民主党に至っては海江田代表が落選する始末。議席は11伸ばしたものの、自民党と結託している大手メディアは自公圧勝を連呼する。選挙2日後には大手メディアの要職の連中と〇〇首相は寿司三昧。腹立たしい限りだ。

 一応、野党第一党を確保した民主党だが、海江田代表の辞任を受けて、来月代表選挙を行うらしいが、立候補するのは細野、前原、岡田らしい。これでは今までと何にも変わらない。日本国民が多くを占めるB層は絶対反応しない。悲しいかな、政策なんて二の次で、まずは表の顔を変えないとどうしようもないことに気付かないのか?

 私はあまり好きではないが、思い切って参議院だが蓮舫議員をトップに据えるぐらいのことがない限り、”変わった”という印象を受けないだろう。そして、今、候補に上っている連中が必死で支えない限り、官僚とメディアに結託した現政権には太刀打ちできない。

 そもそも何で民主党が落ちぶれるようになったのかという総括がなされていない。それは簡単なことじゃないか。2009年のマニフェストに戻れば良いだけの話なのだ。あれは素晴らしいマニフェストだった。ただ、やり方を間違えた。沖縄基地問題を最初に取り上げたのが失敗で、まずは国家公務員改革から始めて、その後に、マニフェストの遂行を図れば良かったのだ。結局、メディアと結託している官僚によって鳩山内閣は潰れ、官僚の意思に沿った管・野田政権によって、国民の信頼を失い自滅した。それが全然、分かっていない。

 今回の衆院選挙、自民党と真逆とも言える政策を打ち出した、個人的には自民の補完勢力としか見ていない、共産党は躍進した。国民の不満のはけ口だったのだ。

 おそらく、そんな総括も出来ず、このまま、相変わらずの面々で民主党という党が細々と続いていくか?あるいは、自民党と似たような考えを持つ松下政経塾出身の連中が牛耳っていくのだろう。当選した連中は痛くもかゆくもないから。こうして一方的な形になっていく。戦前回帰がますます進んでいることを憂う。

« 【素人目線】第62期王座戦第5局をみて思うこと。夢の七冠がさらに遠のいた。(棋譜無) | トップページ | 【素人目線】第40期天元戦第5局をみて思うこと。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219908/60830395

この記事へのトラックバック一覧です: 民主党の次期代表選挙について思うこと。:

« 【素人目線】第62期王座戦第5局をみて思うこと。夢の七冠がさらに遠のいた。(棋譜無) | トップページ | 【素人目線】第40期天元戦第5局をみて思うこと。 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ