« 【素人目線】第40期天元戦第5局をみて思うこと。 | トップページ | 「東京駅開業100年記念スイカ」騒動について思うこと »

2014年12月20日 (土)

「STAP細胞」が否定されて、思うこと。

 昨日、理研が記者会見を開き、再現実験検証の結果、「STAP細胞」自体の存在を否定した。同時に小保方晴子さんの退職を公表した。メディア各社は記者会見に出てこない小保方氏を批判し、その挙句には、詐欺の疑いなんて言いだすところもあった。発表されたと時には、将来のノーベル賞候補などと持ち上げながら、それが覆されると、人格否定すらするメディアには辟易とする。

 「STAP細胞」は本当にねつ造だったのか?少なくとも素人には日本でトップの研究機関が一介の科学者のねつ造を見抜けなかったとは思えないし、思いたくない。そして、研究ユニットリーダーだった彼女に全ての責任を負わせるのも卑劣だ。個人的には、検証が十分ではないのに、成果を強調すべく公表してしまったような気がしてならない。なぜなら、こういう画期的な論文が公表されれば、世界中の科学者が検証するのは素人にも分かることであって、そういう人達をも騙せないことは分かっていると思っていたからだ。

 犯罪者でもないのにメディアは彼女ばかりを叩き、ネット上でも誹謗中傷の嵐だ。私が危惧するのは、こういう反応によって研究者たちが研究発表論文に委縮しないかということだ。成功してノーベル賞等が取れれば絶賛し、失敗すれば、徹底的に叩かれる。既に小保方氏の上司である笹井氏は自死してしまった。もはや彼女には少なくとも日本の研究機関で働くことは無いだろう。それで絶望して、死んで償うなんてことだけはして欲しくない。

 人の噂も75日、個人的には、資金に余裕があるなら海外に逃げて、あるいは田舎に行って、メディアからの追及を逃れ、落ち着いた時に真相を語って欲しい。出来れば、海外の研究機関でやり直して、今、叩いている連中を見返して欲しい。それが彼女の救われる道だと思う。

 

« 【素人目線】第40期天元戦第5局をみて思うこと。 | トップページ | 「東京駅開業100年記念スイカ」騒動について思うこと »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219908/60839760

この記事へのトラックバック一覧です: 「STAP細胞」が否定されて、思うこと。:

« 【素人目線】第40期天元戦第5局をみて思うこと。 | トップページ | 「東京駅開業100年記念スイカ」騒動について思うこと »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ