« 【素人目線】第39期棋聖戦第1局を見て思うこと | トップページ | 大相撲初場所、中日までの取り組みを見て思うこと。 »

2015年1月17日 (土)

阪神・淡路大震災から20年。

 早いもので阪神・淡路大震災から今日で20年経つ。あの朝、沼津のアパートで揺れを感じた。テレビをつけたら震度を示した関西地方の地図が表示されていて、大阪で震度5?…。だけど、震源の赤い×が記されている兵庫県の震度が表示されていない。どうなっているんだろう。なにか凄いことが起きているんじゃないか?

 政府の対応も遅れた。都市部なことが災いして交通はマヒし、支援物資もなかなか届かなかった。映像を観ていても、自分には何もすることはできない。悲しかった。その後、ボランティアがは入れるような状況になっても、義援金を送るくらいだった。交通手段が寸断されているから土日にボランティアに行くこともできない。歯がゆかった。

 そして、その2か月後、地下鉄サリン事件が起きてからは、阪神・淡路大震災の復興状況については殆ど報道されなくなった。恥ずかしいことだが私自身、この災疫については忘れていってしまった。ただ、瓦礫ひとつ片づけられなかったことに後悔の念はあったのだ。それが、東日本大震災でボランティアに行ったキッカケにもなった。

 この20年で阪神・淡路大震災、中越地震、東日本大震災と地震だけでも未曾有の災害が起こっている。台風等を加えれば、こんなに天変地異の発生する国は珍しい。人間は自然には勝てない。出来るだけ、早期に気づき、それを的確に伝えて避難行動に結びつけられるかどうかだ。それに人間には100%完璧なんてことはあり得ない。絶対に想定外のことが起きる。

 それなのにこの国の政府は原発再稼働を目論む。狂っているとしか言いようがない。従来の慣行を是とする官僚機構と格差を助長する新自由主義に洗脳されている政治家・経済学者が跋扈している限り、この国の未来を明るいと感じることはできない。自分自身がどうるすこともできなかったのに、天変地異や戦争で命を絶たれた方々は今の状況をどう思うのだろうか?歴史は繰り返すのか?

 あの震災で亡くなられた方々のご冥福をお祈りする。

« 【素人目線】第39期棋聖戦第1局を見て思うこと | トップページ | 大相撲初場所、中日までの取り組みを見て思うこと。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219908/60989656

この記事へのトラックバック一覧です: 阪神・淡路大震災から20年。:

« 【素人目線】第39期棋聖戦第1局を見て思うこと | トップページ | 大相撲初場所、中日までの取り組みを見て思うこと。 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ