« 「飯舘の年越し人影薄く 被災後4度目」(東京新聞:http://bit.ly/1Ahxsow)の記事を読んで思うこと | トップページ | 第91回 箱根駅伝往路の結果を知って思うこと »

2015年1月 1日 (木)

2015年の元日に思うこと。

 今年はここ十数年恒例となっている、大野山での初日の出、そして、大雄山最乗寺での初詣を行うことが出来た。昨年の元日は疲労困憊で、尚且つ、お昼頃から仕事だったから、そんな気分になれず、その後、初詣すら行かなかったせいか12月までは散々な年だった。

 しかし、昨夜の紅白歌合戦に31年ぶりで出場したサザン・オールスターズはやってくれた。直前に出演が決まったということで歌う曲名が公表されていなかったのだが、私は歌うなら「ピースとハイライト」にして欲しいなんて思っていたら本当になった。映された桑田氏はヒトラーを思わせるチョビ髭をつけていた。歌詞を全部載せると著作権に触れてしまうから書かないけれど、誰がどうみたって反戦歌であるし現政権への批判である。ロックンロールは死んでいなかった。私は拍手喝さいだった。

 何せNHKは現政権になって、経営委員に首相の親派を据え、会長すら現首相を礼賛している。こんな状況ながら年間視聴率トップ3には入る紅白歌合戦で、歴然と現政権を批判したのだ。サザンに敬意を払うと共に、NHKにも気概のある人はいるんだと、少し見直した。

 そして、今日、公表された天皇陛下のお言葉でも戦後70年に当たり、「戦争の歴史を学ぶことが必要だ」と語られた。これも急速に右傾化する現政権へのアンチテーゼであろう。当時だって、いきなり戦争しようなんて誰も思わなかったはずだが、政府とメディアが結託して、戦争への雰囲気を作っていった。その状況は今と似ているのだ。天皇陛下が危惧されるのももっともなことだ。

 新自由主義の社会にあっては、「強い者が正義」であって、現政権をヨイショする大手メディアは弱者の味方にはなりえない。自分達さえ良ければそれでいいのだ。だが、残念ながら、この国はメディアの作り出す雰囲気に逆らうことが出来ない人達が多い。難しいこと、面倒臭いこと、自分に関係ないこと、には見ざる、言わざる、聞かざるなのだから。

 年初で明るい希望を持ちたいが少なくとも現政権が続く限り、私に幸福は訪れない。困窮な生活は変わらない。とにかく良いことなんて起こらなくてもいい、悪いことだけは起こらないでくれ!と願う私である。

« 「飯舘の年越し人影薄く 被災後4度目」(東京新聞:http://bit.ly/1Ahxsow)の記事を読んで思うこと | トップページ | 第91回 箱根駅伝往路の結果を知って思うこと »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219908/60906003

この記事へのトラックバック一覧です: 2015年の元日に思うこと。:

« 「飯舘の年越し人影薄く 被災後4度目」(東京新聞:http://bit.ly/1Ahxsow)の記事を読んで思うこと | トップページ | 第91回 箱根駅伝往路の結果を知って思うこと »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ