« 平成27年大相撲初場所が終わって思うこと。 | トップページ | ISILによる人質事件を口実に「日本を戦争可能な国」にしようとしてるのか? »

2015年1月27日 (火)

「テロ」の温床がなくならない限り21世紀は混沌とした世の中が続くのかもしれない。

 今朝、「生島ヒロシ・おはよう一直線」にサンケイ新聞の記者が電話出演していた。時間が経っているから詳細までは覚えていないが安倍政権の”よいしょ”ぶりに辟易とした。この新聞社は自民党の機関紙とも思えるので、その論調は話半分以下で頭に入れるが、「そんなに戦争がしたいのなら、まず、自分からこの地域に入ってみろよ!」と独り言を吐いていた。

 私自身、イスラム原理主義過激派は容認できない。他を受け付けない宗教観というか、それを錦の御旗に戦っている感はあるが、ISISが台頭するきっかけを作ったのは、アメリカじゃないか。そもそもイラク戦争が発端ではないか。 

 大量破壊兵器を隠しているといい、フセイン政権を倒した。ところが大量破壊兵器は存在しなかった。フセインは暴君であったが、複雑に絡み合う民族や宗教間の対立を抑えていたのかもしれない。アメリカが石油利権を独占しようと画策したのか?あるいは、武器商人にもうけさせるためか?後になってみれば侵略戦争をしたのだ。今朝のコメントでは、このことを一切触れていない。

 テロの温床は基本的には困窮だろう。不遇な輩が宗教を通じて抵抗しているのだ。日本だって歴史を遡れば、戦国時代に”一向一揆”なんていう出来事もあったし、江戸時代に入ってからも、”米騒動”や”打ちこわし”と呼ばれる今で言うテロ行為もあった。

 個人的にはこうしたテロ行為は、グローバリズムなんて聞き触りの良い社会情勢が、極端な格差社会を生んでいることが温床なのだと思う。ただ残念ながら、愚かな私には解決策が見つからない。仮にISISを壊滅させても、次のグループが出てくるに違いないからだ。21世紀は混沌とした世の中になってしまうのかもしれない。

« 平成27年大相撲初場所が終わって思うこと。 | トップページ | ISILによる人質事件を口実に「日本を戦争可能な国」にしようとしてるのか? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219908/61045015

この記事へのトラックバック一覧です: 「テロ」の温床がなくならない限り21世紀は混沌とした世の中が続くのかもしれない。:

« 平成27年大相撲初場所が終わって思うこと。 | トップページ | ISILによる人質事件を口実に「日本を戦争可能な国」にしようとしてるのか? »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ