« 「テロ」の温床がなくならない限り21世紀は混沌とした世の中が続くのかもしれない。 | トップページ | 【素人目線】第39期棋聖戦第2局をみて思うこと。 »

2015年1月29日 (木)

ISILによる人質事件を口実に「日本を戦争可能な国」にしようとしてるのか?

  ISIL(≒ISIS、イスラム国)による邦人人質事件が発覚して、メディアは上へ下への大騒ぎだ。個人的には現政権と定期的に懇親会をしているメディアなんて、どうせ政府(大本営)の言われるがままの報道は懐疑的だ。「人の命が掛かっていて政府が一生懸命努力しているのだから、それに水を差すようなことはあってはならない」という空気が気持ち悪い。

そういう状況下にあって、衆院予算委員会で○○首相は「邦人救出へ自衛隊活用=首相、法整備に意欲」だという。大手メディアは突っ込まないのか?仮に今の状況を想定すれば、無法地帯ともいえるシリアやイラクに派兵することになる。一人の邦人を救出するのに何十人もの自衛隊員を犠牲にさせる恐れがあるし、国家主権の侵害行為になってしまう。憲法改正云々の話では済まない。

アメリカだって特殊部隊投入を失敗している。自衛隊は優秀かもしれないが他国で人殺ししたことがあるのか?他国に軍隊を投入するのだ。いくら自国民救助とはいえ、こんなことをすれば世界的に批判されすのは明らかだ。大本営下にあるメディアが批判しないものだからいい気になっている。

悲しいかな、メディアに従順なこの国の人達は、知らず知らずのうちに政府が作る空気に染まっていく。前々から、この政権を潰さないと、将来大変なことになりかねないとブログに綴っていたが、今まさにターニングポイントになっているようだ。自分さえ被害がなければそれでいいなんて思っていると、後戻りできない最悪の事態になってしまいかねない。

後藤さんの解放は心底願うが、口実を作った○○は絶対に許せない。

« 「テロ」の温床がなくならない限り21世紀は混沌とした世の中が続くのかもしれない。 | トップページ | 【素人目線】第39期棋聖戦第2局をみて思うこと。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219908/61054979

この記事へのトラックバック一覧です: ISILによる人質事件を口実に「日本を戦争可能な国」にしようとしてるのか?:

« 「テロ」の温床がなくならない限り21世紀は混沌とした世の中が続くのかもしれない。 | トップページ | 【素人目線】第39期棋聖戦第2局をみて思うこと。 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ