« ISISによる邦人殺害予告の脅迫で身代金要求をしている事件について思うこと | トップページ | ISISによる邦人人質事件、一部の国内の反応について思うこと。 »

2015年1月22日 (木)

【妄想だから突っ込まないで】ISISによる邦人人質事件を裏読み

 今日のブログに書くことはあくまで私の穿った想像であって、あの時、こういうことも考えていたんだなぁ?という思いだ。

 今回のISISによる邦人人質事件、少なくとも政府は湯川氏や後藤氏が拘束されていることは把握していたことは事実だ。それなのに○○首相は中東を歴訪し、反ISISに対する支援として多額の支援をした。ISIS側が誤解したかどうかは分からないが、このタイミングでネット上で身代金要求をしてきたということは、彼らに口実を与えてしまったことは間違いないだろう。

 私には、物凄く賢い官僚の方々が、こんなことを想定しないはずがないと思う。もちろん、そんな反対意見を押し切って中東歴訪をしたのかもしれない。しかし、見方を変えると、恐ろしいシナリオが浮かんでしまう。(あくまで邪推だから)

 ○○首相の悲願は憲法改正だ。とにかく戦争をできるしたい国にしたいということが見え隠れする。特定秘密保護法で国民の目や耳を塞ぎ、集団的自衛権の閣議決定までした。武器輸出も緩和した。しかし、こうした政策に対する支持率は低い。これでは、いくらメディアを手のうちに入れても、ハードルの高い憲法改正の世論形勢はできない。

 「平和ボケ」と言われる国民に危機感を与えるのは何が良いか?「テロとの戦い」となれば、国民は批判しないだろう。メディアもそうお膳立てする。仮に犠牲者が出て、涙の会見でも開けば支持率は下がらないし、軍事力強化、並びに集団的自衛権の必要性を訴えられるのではないか?私より遥かに頭の良い人達なら考えられそうなものだ。

 個人的に現政府、並びに○○首相と一緒に飯食っているメディアには、不信感が一杯だ。あらゆるチャネルを使うと言いながら、交渉役を表明しているハサン中田氏や常岡浩介氏を無視していることには疑念を覚える。だから、こんな妄想も湧いてしまうのだった。

*メディアは「イスラム国」と言っているが、「国」ではないのでISISという表記にした

« ISISによる邦人殺害予告の脅迫で身代金要求をしている事件について思うこと | トップページ | ISISによる邦人人質事件、一部の国内の反応について思うこと。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219908/61015396

この記事へのトラックバック一覧です: 【妄想だから突っ込まないで】ISISによる邦人人質事件を裏読み:

« ISISによる邦人殺害予告の脅迫で身代金要求をしている事件について思うこと | トップページ | ISISによる邦人人質事件、一部の国内の反応について思うこと。 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ