« まるで水と油、原発問題。 | トップページ | 【素人目線】第39期棋聖戦第4局をみて思うこと。 »

2015年2月18日 (水)

現NHKの会長の下で働く職員に悲哀を感じる

 NHKの籾井会長、またしても、政権寄りの発言で批判されている。まあ、ある意味、この方が素直な方なのだろう。そうでなければ「政権のスタンス…」云々とは語れない。首相親派だから、余計なことまで勘ぐってしまう。そもそもメディアは権力の監視機関の役目があるはずなのに、それすら忘れている。保守派の方々が揶揄する朝鮮中央通信とどこが違うのか?

 最近はNHKのニュースを観ていると、アナウンサーに悲哀を感じてしまう。嘘は放送していないと思うが、政治的なニュースは出来るだけ断定せず、オブラートに包まれているような感じがしてしまう。逆らったら干されてしまうのは目に見えているし、特権階級を失いたくないのだろう。

 民放は広告代理店の意向を無視するわけにもいかず、NHKもこういう会長がトップにいるのでは、政府に対して「おかしいことをおかしい」と言える状況にはないだろう。まるで戦前のようだ。しかし、そんな中でも頑張っているメディアはある。そういうところを応援していこう。

« まるで水と油、原発問題。 | トップページ | 【素人目線】第39期棋聖戦第4局をみて思うこと。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219908/61158811

この記事へのトラックバック一覧です: 現NHKの会長の下で働く職員に悲哀を感じる:

« まるで水と油、原発問題。 | トップページ | 【素人目線】第39期棋聖戦第4局をみて思うこと。 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ