« 【素人目線】第39期棋聖戦第3局を見て思うこと。 | トップページ | 「2巡目で1人がん確定、福島 甲状腺検査で報告」(東京新聞)の記事を読んで思うこと »

2015年2月10日 (火)

【小保方氏は「懲戒解雇相当」 理研、形式上最も重い処分で決着】これ以上死人に鞭打つのか?

 昨年の今頃だっただろうか、ノーベル賞的発見と言われたSTAP細胞のことが、ねつ造認定され、右往左往した挙句、責任者は自殺した。研究ユニットリーダーの小保方氏は世間から袋叩きにあった。いや、現在進行形だ。理研をはじめ、世間はこの人も死に追いやるつもりか?

 彼女が理研とどういう契約を交わしていたかは分からないが、研究費の返還請求だの、窃盗罪適用だの、個人的には死者に鞭打つような見出しが躍る。私自身は「情けは人のためあらず」を心に刻んでいるから、とても嫌な気分だ。

 理研が、これほどまでにいち研究者を徹底的に追い詰めるのか?勘ぐって見ると、政府予算の関係なのかもしれない。自己保身極まりない。最低だ。こういう風潮が続くと、研究者は委縮してしまう。「失敗は成功の元」ともいわれる通り、ノーベル賞を受賞した研究者であっても、多くの失敗から、新たな発見を見出した。この風潮は、これすら否定することになりかねない。

 資源のない日本は、技術力が必要だといいながら、日本人の誰ひとりとして実害が及んでいない研究発表に対しても、これほどひどい仕打ちをしていいのか?責任は理研にある。研究費の肩代わりは理研がすべきではないのか?私には小保方氏が悪意を持ってこのねつ造をしたとは、今もって思えないのでこんな感想を持っているのかもしれない。

 でも客観的に見れば、叩きすぎと思えないか?この国は失敗を許さないのか?こういう風潮は改善していく必要がある。すべてはメディアにかかっている。

« 【素人目線】第39期棋聖戦第3局を見て思うこと。 | トップページ | 「2巡目で1人がん確定、福島 甲状腺検査で報告」(東京新聞)の記事を読んで思うこと »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219908/61115716

この記事へのトラックバック一覧です: 【小保方氏は「懲戒解雇相当」 理研、形式上最も重い処分で決着】これ以上死人に鞭打つのか?:

« 【素人目線】第39期棋聖戦第3局を見て思うこと。 | トップページ | 「2巡目で1人がん確定、福島 甲状腺検査で報告」(東京新聞)の記事を読んで思うこと »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ