« 凄い国だ。「知らなければ違法じゃない」 | トップページ | 歌手・杉良太郎さんが福島第一原発を訪問したことについて思うこと。 »

2015年3月 5日 (木)

今日(3/5)のNHKゆうどきネットワークを観て思うこと。

 今日のNHKゆうどきネットワークで、震災後4年経つ相馬市と南相馬市を山本キャスターがレポートしていた。相馬市では私がボランティアの最後に行った松川浦が映っていて感慨深かった。そして、南相馬市では、私が立ち入ることが出来なかった小高区のことをレポートしていた。そのレポートにゲストのクミコさんも涙し、山本アナも嗚咽をもらした。

 相馬市の漁師は”いつ満足に漁業ができるのか”と嘆いていた。そして、小高区で畜産業の方は飼育していた牛が殺処分されたという。豪邸ともいえる家は全くの無傷なのに住めない。放射線の影響を危惧する若い家族は離れざるを得ない。園子温監督の描いた映画「希望の国」とそっくりではないか?家族がバラバラになり、生きる希望をなくした高齢の方のことを思うと言葉にならない。

 何度も書いたけれど、東日本大震災で被災した地域の中で福島県は他の地域とは全く違う。放射能汚染の恐ろしさを見せつけている。政府は除染すれば帰還できるようなことを言っているが、山林等は除染できないし、するつもりもない。もっともチェルノブイリ原発事故の経過を見れば、除染なんて夢のまた夢だ。とにかく今の自分たちに批判の目が向けられないようにするために頭の良い官僚が、メディアを操って世論操作しているとしか思えない。そんなに安全なら、霞が関を全て福島に移動して欲しい。

 出来っこない。これが答えだ。そういう状況なのに、着々と原発再稼働を目論み世論操作する。鬼畜の所業だ。事故当初はあった関東各地の放射線数値なんて全く報道されなくなくなっているし、福島の子供達に甲状腺がんの発生が増えていることすら大々的に取り上げない。すべては「自分さえよければそれで良い」という新自由主義のせいだ。

 でも、悲しいかな、多くの人たちはTV報道からしか情報を得ないし、政府を批判することは”左翼”のレッテル貼りをするから声高に語れない。かつての”売国奴”と同じだ。私に言わせれば、現政権がやっているアメリカべったりの政策のどこが保守なんだ。

 話をもとに戻すが、山本アナは”現地に行くと全く違う”と語っていた。その通り、メディアが伝えるのはほんの一部分で実際にあの被災地に行けば、原発事故によって起こった理不尽さを身にもって感じられるはずだ。こんなことを書いている自分自身、ここ数年は仕事で疲弊してしまい、被災地に赴くことができなかった。

 しかし、一部高線量地域があるとはいえ、常磐道が全線開通し、ドラぷらで調べれば、5時間程度で行けるようだ。自分自身を問い直すためにも、夏までにはもう一度訪ねてみたい。

« 凄い国だ。「知らなければ違法じゃない」 | トップページ | 歌手・杉良太郎さんが福島第一原発を訪問したことについて思うこと。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219908/61235392

この記事へのトラックバック一覧です: 今日(3/5)のNHKゆうどきネットワークを観て思うこと。:

« 凄い国だ。「知らなければ違法じゃない」 | トップページ | 歌手・杉良太郎さんが福島第一原発を訪問したことについて思うこと。 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ