« 古賀氏の報道ステーション降板騒動について思うこと。 | トップページ | 何もかもがデタラメ、デタラメ。 »

2015年4月 1日 (水)

混沌とする世界情勢と日本政府についていけない。

 以前にも書いたけれど、今は中東を中心とした世界大戦まっただ中なのではないか?シリアは内戦とともにISILとの戦いも起こっている。アフリカもナイジェリアでボコハラムという過激派組織が台頭してきている。北アフリカの中では治安が安定しているといわれていたチュニジアでもテロが起こった。そして、イエメンに対してもサウジアラビアが空爆を行っている。イスラエルとガザも目立った動きはないが、いつ何時、戦闘が始まるか分からない。

 ここで行われている紛争のバックにはアメリカやロシアが絡んでいるに違いない。ロシア自身もクリミア半島を併合して世界中から総スカンを喰らっている。彼らには彼らなりの正義があり、その立場によって、正義の判断は分かれる。でも、そうした紛争の中では、間違いなく子供達が犠牲になっている。

 いや、中東だけではない、この日本でも沖縄辺野古で起こっていること、福島第一原発で起こっていることも、殆ど報道されないか、あるいは政府寄りの主張ばかりが目立つ。まるで太平洋戦争当時に行われていた大本営発表のようだ。異論を唱えるものは大手メディアからは排除される。テレビや新聞の論調を鵜呑みにするB層が多い、争いごとを嫌う、この国では、直接自分たちに害が及ばない限り、後ろ向きで肯定してしまう。

 昨日、日本は、中国が主導するアジアインフラ投資銀行(AIIB)の初期メンバーにアメリカの意向を受けて参加しなかった。正直言って、この判断が正しかったのかどうかは分からない。だけど、アメリカの同盟国というようなイギリスを初めとする西側欧州各国や韓国、オーストラリアも含めて48ヶ国と一線を隔したことになる。個人的には、ブロック経済化が進んでいるような気がしてならない。過去、歩んだ道を進んでいないだろうか?

« 古賀氏の報道ステーション降板騒動について思うこと。 | トップページ | 何もかもがデタラメ、デタラメ。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219908/61372981

この記事へのトラックバック一覧です: 混沌とする世界情勢と日本政府についていけない。:

« 古賀氏の報道ステーション降板騒動について思うこと。 | トップページ | 何もかもがデタラメ、デタラメ。 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ