« 支離滅裂な安保国会について思うこと。 | トップページ | どうかしてる?日本列島。 »

2015年5月29日 (金)

鹿児島県の口永良部島・新岳が爆発的噴火したことについて思うこと。

 今日、午前10時頃、鹿児島県屋久島町口永良部島の新岳が爆発的噴火を起こした。気象庁は火山噴火警戒レベルをこれまでの3から5に引き上げて、全島避難になった。幸いのことながら、けが人は数名いたものの犠牲者はいなかった。

 今回の噴火について気になるのは、噴火の前に火山性微動というような噴火の前兆が確認できなかったことだ。昨年の夏、この山が噴火して、気象庁職員も観測していたのに、予知には至らなかったということになる。もっとも火山学者の皆さんが前々から予知は不可能だと言っていたのだから当然のことだ。

 そこで心配になるのが、我が家から直線距離にして15㎞ぐらいしか離れていない大涌谷の火山活動だ。仕事で週3回は仙石原には行っているが、5月まではそんなに気ならなかった噴煙が多くなっているのは確かだ。気象庁は小規模な噴火が起こるかもしれないなんて言っているが、どうして小規模と言えるのかは説明していない。おそらく過去の記録、および火山性微動や低周波地震等が起こっていないからだろう。

 しかし、今回の口永良部島でも火山性微動等は見られなかった。それなのに、あれだけの爆発及び火砕流まで発生している。あらためて人間は自然には勝てないということが分かる。大涌谷でこうしたことが起こらないと誰が断定できるのだろう?

 私の好きな小説「日本沈没」の中で「過去に起こったことがないからといって、
将来、起こらないと言えるか?。それに人類が知っている過去なんて、地球の歴史のほんのわずかにしか過ぎない。」というようなフレーズがある。これは的を射ている。

 自然には畏怖の念を持ち、少なくとも異変がみられたら、最悪の事態を考えておかなければならないのだ。新岳の火山活動が早期に終息して、口永良部島の人達が出来るだけ早く帰島できることを願う。

« 支離滅裂な安保国会について思うこと。 | トップページ | どうかしてる?日本列島。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219908/61664393

この記事へのトラックバック一覧です: 鹿児島県の口永良部島・新岳が爆発的噴火したことについて思うこと。:

« 支離滅裂な安保国会について思うこと。 | トップページ | どうかしてる?日本列島。 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ