« 女子W杯サッカーの日本代表メンバーが発表されて思うこと。 | トップページ | 箱根大涌谷の異変について思うこと。 »

2015年5月 3日 (日)

今までとは感覚が変わった”憲法記念日”

 今日は憲法記念日だ。生まれてから52年間、もっとも物心ついてから40数年、憲法記念日なんて祝日の一つであって、その意味は分かっていても、憲法云々なんてどうでも良かった。憲法改正のハードルは高かったし、護憲派とか憲法9条を守れという人達も一部左翼の人達であって、市井の人間としては無関心だった。しかし、第二次安倍政権以降はその意識が変わった。

 民主党政権が国民を裏切り、安倍政権が誕生してから、アベノミクスなどという言葉が大手メディアで喧伝され、大規模金融緩和で円安誘導して、輸出企業を中心とした大企業は利益を上げた。しかし、社員への還元は少なく、中小企業への波及効果もほとんどなく、彼等の内部留保だけが膨らんだ。所詮、新自由主義者が唱えるトリクルダウンなんて真っ赤な嘘で喜んだのは日本株式の半数を所有する海外投資家達だった。

 特定秘密保護法という法律を作り、大手メディアを委縮、いや友達にして、国民に自分太一の都合の悪いことは知らせないようにして、次に着手したのが安全保障の問題だった。北朝鮮による邦人拉致事件、尖閣問題を執拗に取り上げ、北朝鮮や中国の脅威を煽る。そして、極め付けが、集団的自衛権行使を閣議決定し、着実に戦争放棄の国から戦争可能な国に変えようとしている。有頂天の為政者はアメリカ議会でつたない英語で、関連法案の成立も明言した。

 私は憲法改正に全く反対というわけではない。しかし、少なくとも国民主権、基本的人権の尊重、戦争放棄だけは堅持しなければならないと思っている。自民党の改憲案何てこれらを覆すものばかりではないか?でも残念ながら、昨今の投票率低下は国民が政治への無関心を表すものとなり、戦前を礼讃する現政権の思い通りのような状況になっている。

 戦後70年が経ち、当時の惨禍を知らない人が圧倒的多数を占めるようになって、権力を縛る憲法の重要性がないがしろにされているような気がしてならない。アメリカと組んでいれば、簡単に攻撃されることはないかもしれないが911のようなことは有り得る。憎しみの連鎖が起こるようなことをしてはいけないのだ。

 長々、書いてしまったが、多くの人は考えすぎだとか妄想だと言うだろう。だけど、そういう決めつけが何度となく裏切られ、大惨事をもたらしてきたではないか?私のこの思いが、当たっているか否かは、数十年後に分かるはずだ。その時、私はこの世にいないだろうが、妄想であることを期待したい。

« 女子W杯サッカーの日本代表メンバーが発表されて思うこと。 | トップページ | 箱根大涌谷の異変について思うこと。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219908/61533962

この記事へのトラックバック一覧です: 今までとは感覚が変わった”憲法記念日”:

« 女子W杯サッカーの日本代表メンバーが発表されて思うこと。 | トップページ | 箱根大涌谷の異変について思うこと。 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ