« 和歌山電鉄、貴志訳の三毛猫「たま」駅長が天国に召された。 | トップページ | 【素人目線】第70期本因坊戦第5局を観て思うこと。 »

2015年6月28日 (日)

百田氏は自ら捨石になろうとしていないか?

 6月25日に安倍首相を強固に支持する若手と言われる議員たちが勉強会(百田氏によれば飲み会のようなもの)を開いた際、百田氏の講演では「沖縄の2つの新聞社は潰れて欲しい」、「普天間基地の場所は元々田んぼで…」等々、沖縄県民に対する侮辱するような発言を行ったようだ。それに加えて、参加した議員からは、安保法制が遅々として進まないことに関して「マスコミを懲らしめないといけない、経団連に声をかけてスポンサー収入を絶とう」などと言ったようだ。

 翌日の安保法制委員会でもこのことは当然話題となり、百田氏との共著もある安倍首相は防戦一方だった。これ以上の混乱を避けるために、勉強会の責任者は1年間の役職停止という処分を下したが、この弱みを野党は徹底的に追及すべきだろう。責任追及をしつつ、今、大手メディアを抑圧している力を削ぐということだ。間違っても、国会審議を止めてはいけない。

 スポンサー収入を絶とうなんて、大手メディアの死活に関わる発言をしているのだ。これでメディアが沈黙するようなら、それこそ自分達は自民党の手先だと言っているのと同じだから、そういうメディアは信用しない方が良いと、誰もが分かるだろう。

 ただ、メディアの論調は、百田氏の方にばかり向けられている。その上、炎上ついでに本当に潰れて欲しいのは、朝日、毎日、東京などとツイートし、尚且つ、今日も暴言を放ち続けている。まるで自らが捨石となって世論をそらしているようにしか思えない。元々、氏はこういう思想の持ち主であるのだから、それを今更どんなに批判したって変わるわけがない。もう一生喰っていくには困らない金は稼いでいるのだ。だから、氏のことは無視して、違憲法案を通そうとしている安倍政権に批判を集中すべきなのだ。

 私の趣味が囲碁だから、どうしてもそれに例えてしまうが、部分的なことにばかり囚われて大局観だけは見失うと、知らぬ間に逆転される。自公は数の力で通そうと思えば、いつでも通せてしまうんだ。その状況だけは忘れてはいけない。

« 和歌山電鉄、貴志訳の三毛猫「たま」駅長が天国に召された。 | トップページ | 【素人目線】第70期本因坊戦第5局を観て思うこと。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219908/61808407

この記事へのトラックバック一覧です: 百田氏は自ら捨石になろうとしていないか?:

« 和歌山電鉄、貴志訳の三毛猫「たま」駅長が天国に召された。 | トップページ | 【素人目線】第70期本因坊戦第5局を観て思うこと。 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ