« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »

2015年7月

2015年7月31日 (金)

7月29、30に行われた山本太郎議員の国会質疑について思うこと

 311の東日本大震災後、俳優・山本太郎は脱原発を訴えたことをキッカケに芸能界を追われた。その後、メディアから総スカンを喰い、2ちゃんねるを始めとするネットでも誹謗中傷の雨あられ、徹底的に人格攻撃された。それでも彼は挫けなかった。衆院選で親の七光りである石原氏に負けるものの、参院選では東京選挙区での当選を果たした。彼の真摯な思いが通じたからだ。その後も、街頭記者会見などと称し、一般市民からの質問も受け付けた。

 そして、この違憲と言われる安保法案の委員に選ばれ(滑り込み)、質問する機会を得た。果たして、どういう風に安倍首相に対峙するんだろうとラジオに耳を傾けていた。最初はヒゲの隊長を論破する動画「あかりちゃん」を出して油断させ、尚且つ、政権側を慇懃な態度で拍子抜けさせた後、核心に迫った。原発にミサイルが撃ち込まれたらどう対処するのか?と。既に言質を取られているから、グーの音も出ない。官僚の答弁書をただ読むばかり。痛快だった。だが、大手メディアは殆ど報じない。呆れかえる。

 なにより昨日(7/30)の質疑はショックだった。大量破壊兵器を隔しているとして、ブッシュ大統領が宣戦布告したイラク戦争の真実。航空自衛隊が運んだのは6割が米軍人、当時、政権中枢にいた安倍首相は彼らの任務すら知らない。ファルージャでは動くものは全て撃ったという元米軍人の話も恥ずかしながら知らなかった。完全にアメリカの戦争犯罪に加担していた。これらの話を国会議員は知っていたのかどうかは分からないが、ヤジの一つすら出ない。ネトウヨ以外で山本太郎を批判する人達は、今、ユーチューブで彼の質疑を見て欲しい。誰が一番国民のことを考えているかが良く分かると思う。

 現政権とマスコミが作る空気に流されてはいけない。おかしいことはおかしいと言える社会が良いんだ。

2015年7月28日 (火)

安保法案(戦争法案)の参院審議で「中国」を仮想敵国とみなしたことについて思うこと。

 今日、先日、衆院で強行採決した安保法案(≒戦争法案)が参院で審議入りし特別委員会での質疑が行われた。全てを見た訳ではないし、あの男の顔も声も聴きたくない私だが、夕方、テレ朝のニュースで取り上げていて驚いた。何でこの時期に政府の掲げる安保法案が必要なのかということに対して、南沙諸島における中国の基地建設に言及していた。前々から、週刊誌等が取り上げていた通り、やはり仮想敵国は中国なのだ。

 今や貿易額ではアメリカより多い中国を真っ向から敵視するのが国益にかなうのか?バブル崩壊後のデフレによって国民の多くが貧乏になる中、中国人旅行客の落とすお金は少なからず、日本経済に恩恵をもたらしていなかったのか?それを無視しても、自分達のプライドのために敵視するのか?

 相変わらず集団的自衛権を説明する際には何とかの一つ覚えのようにホルムズ海峡の機雷も言及している。しかし、この行為を行うであろうイランはアメリカとの融和策を進めようとしているのだから、その危険性は少なくなった。そもそも、こんな所を封鎖すればイラン自身、原油輸出が出来なくなるので現実性は低い。そのことは外務省も認めていたはずだ。何が何でも戦争できる国にしたい、それしかない。

 挙句の果てに、昨年暮れの選挙でも国民は安保法案を支持したなんて言いだした。いろいろな理由を付けて選挙に行かなかった皆さんは、この法案を賛成したんですか?皆さんが良いように利用されてしまっているではないですか?

 それでも、この政権を支持ている人達が4割もいるらしい。この人達は、そんなに戦争がしたいのか?自衛隊員にリスクが増大するという想像もできないのか?単に大手メディアの論調に乗せられているだけなのか?お上の言うことは仕方ないと思っているのか?今、我々がまがりなりにも世界で有数の生活が出来ているのは、70年前の戦争で310万人もの犠牲があったからというのを忘れていないか?

 先月、札幌で19歳の女性が「戦争したくなくてふるえる」と銘打って、デモを開催したけれど、私は現政権に対して、怒りでふるえている。こんなナチスまがいのことをする政権を早急に潰そう。私の出来る範囲という情けない状況ではあるけれど、徹底的に叫び続けたい。

 

2015年7月25日 (土)

ネット環境の無い実家のお茶の間で動画サイトを観られるようにするのは大変だった。

 毎年、8月2日、3日は新潟県長岡市の大花火大会が行われる。貧乏暇なしの私は現地に行ける由もないが、幸いなことにユーストリームで生中継してくれている。昨年まで4年連続で観て、その都度、ノートパソコンの画面でも感動している。

 本来なら高齢の両親を現地に連れていくのが筋なのだろうが、前日の理由から自分には余裕がない。せめて、この映像を観させられないか?そう考えたものの、実家にはネット回線が来ていない。さて、どうしよう。

 まずはパソコンでテレビの映像が観られるどうかだが、これはHDMI接続が可能なようだ。回線は日払いのWiFiを契約するか?でも、調べていくうちに、スマホをテレビに繋げた方が早いじゃないか?ということに気づいた。問題は通信量だ。動画配信を2時間半ぐらい観るのだから、2~3GBぐらい使ってしまうのではないか?ただ、こんなことをやるのは、とりあえず今回だけ。ドコモショップに行って相談し、5GBプランに変更した。今月分から変更したので、仮に4GB余れば、次の月に繰り越せる。それなら9GBまで大丈夫だ。

 あとはスマホとテレビを繋ぐだけ。調べると、HDMI端子があればパソコンの時と同じような接続が可能だし、ダメでもMHLという方法があるらしい。ところが、まだ発売3年経っていない機種にも拘らず、両方の機能がない。出来るとすれば、Miracastという方式で、スマホから電波を飛ばして、テレビに受診させる方法だ。だが、テレビにMirachastレシーバーなるものを付けないとダメなことが判明する。数か所の家電量販店を回ったが売ってない。ネットで買えば良いが、もし、ダメだったら最悪だ。

 嫌気が射してきたが、スマホをWiFiルータのように利用できるデザリング機能を使ってパソコンで受信し、テレビに映し出せば良いことに気づく。理論的には間違いない。ケーブル1本買ってくれば済む。テレビとパソコンのマニュアルを見ながら、ネットの情報も活用して、すったもんだの挙句、ようやく成功した。昨年の映像があったので実際に映し出したが、映像、音声ともかなり良好だ。問題は回線が時々途切れることだが山間なので多少は仕方ないか。

 悪戦苦闘したけれど良い勉強になった。今回は従来のユーストリームに加え、ニコニコ生放送、Yahooでも配信するようなので、観る人が多くてサーバーパンクなんてことはないだろう。来週の日曜日が楽しみだ。

 

2015年7月21日 (火)

東芝の粉飾決算について思うこと。

 今日、東芝の社長をはじめ、重役が粉飾決算の責任を取って辞職した。1,500億円も利益を水増ししておいて、メディアは「不正会計」とか「不適切会計」などと呼ぶ。おそらくはバックに電通がいて、今後の出稿料を出汁に無言の圧力をかけているのだろう。強きを助け弱気をくじくのが大手メディアである。

 株式市場に不信感を与える事案だから、個人的感覚なら検察が動いて、少なくとも家宅捜索には入っているだろう。しかし、そうした報道は見られない。おかしくないか?私は苦手な人間だけれど、ライブドアの堀江貴文氏は粉飾決算で2年刑務所に入っている。刑事事件として立件出来なければ、世界中の笑いものだし、民事では株主代表訴訟が起こされるだろう。

 海外メディアでは、東芝が原発と半導体に重点シフトしたことが要因と論じているようだが、この国のメディアは全く触れていないようだ。歯がゆいというか、自分達の利益になるような行動しか出来ないのなら報道機関と名乗るのは止めて欲しい。

 ああ、腹が立つ。

2015年7月18日 (土)

新国立競技場の計画が白紙撤回されて思うこと。

 昨日、安倍首相は新国立競技場計画の白紙撤回を決断した。当初予算約1,600億円が2,600億円に膨らむのが分かってから、世論の8割が計画変更を求めていたからである。この判断自体は批判しない。

 しかし、発表したタイミングが胡散臭い。7月15日、憲法学者の9割以上が違憲と呼ぶ安保法制を委員会で強行採決し、16日には衆院本会議でも与党単独(自公、次世代)で可決してしまった。政府側が説明すれば説明するほど疑問点が浮かび、答弁も支離滅裂、首相本人も国民の理解は得られていないと発言したにもかかわらずだ。

 この3日間、国会前では大規模デモが開かれ、全国各地でも単発的に反対運動が広がっていくだろう。もっともNHKは殆ど報道しないし、デモは悪いもののような印象操作するメディアもあって、混沌としているが、着実に内閣支持率は下落しつつある。

 このままだと危ないとみたんだろう、つい先日まで、「今からのデザイン変更では間に合わない」などと言って強行しようとしていたものを、「国民の意見を聞き、撤回しました!」とあたかも英断を下したように見せたかったのだろう。安保法制の時、都合の悪い所は時間を削ったNHK(≒あべちゃんねる)も、昨日の首相発言は長々と放送した。もうスピンコントロールとしか言いようがない。

 昨夜、三宅雪子さんのツイキャスで知ったが、現段階で66億円使われているという。当然、この金はドブに捨てることになる。その上、デザイン変更による違約金や再設計料等々、これまでと同等のお金が使われるのだ。白紙撤回は結構だが、首相の英断というなら、こうなった経緯、責任者を明らかにして更迭すべきだろう。また同じようになったら元の木阿弥だからだ。

 こんな、いい加減でデタラメな現政権は早く終わって欲しい。私も老体に鞭打って、国会前で叫びたくなってきた。

2015年7月16日 (木)

戦争法案強行採決、衆院通過、国民を馬鹿にするにもほどほどにしろ!

 昨日、衆院特別委員会で安保法案(日本が戦争できる国にする法案)を自公で強行採決した。頭にくるのは、「一度は怒っても、三連休過ぎれば国民は忘れる」等々、我々を馬鹿にした発言があることである。まあ、NHK(安倍ちゃんねる)を初めとする記者クラブメディアが自分達の利益のために、B層をいくらでも操れると思っているからだろう。腹が立って仕方ない。

 そもそも70年前、この国は普通の国になることは放棄した。個別的自衛権はともかく、国際紛争を解決するための武力は持たないし、行使しないと決めた筈だ。それを一挙に覆す。私は護憲派ではない。世界情勢にそぐわないのであれば、堂々と憲法を改正して戦争可能な普通の国になればいいだけだ。

 ただ、今回はこれまで違憲とされていた集団的自衛権を閣議によって勝手に解釈を変更してしまい、憲法学者の9割以上が違憲と判断する中、そして、ついには11の関連法案を一度に審議し、数の力によって可決してしまったのである。

 気にいない点はいくらでもあるけれど、日本のこの動きに呼応してアメリカは自軍の兵力削減を図った。つまり、日本はアメリカ軍の下請けになろうとしているのだ。こんなことが許されていいのか?今、IWJの配信で国会前の集会の声を聞きながら書いている。叫んでいるのは、これまで政治に無関心といわれる若者たちだ。

 私はこの声を聞きながら、非常に空しい気持ちになっている。本来なら我々世代が、戦争可能な国にしてはいけなかったのだ。大手メディアの誘導によって、決められない政治が悪いと洗脳させられ自公の多数を握られてしまった。

 でも諦めてはいけない。安倍は絶対許さない。爺さんと同じような目に遭わせて、政治的に抹殺し路頭に迷わせるまで諦めない。そんな気分にさせられる集会だ。俺はこの暴挙を死ぬまで忘れない。安倍信者よ、殺すなら殺してみろ!

2015年7月11日 (土)

パソコンとスマホが故障してしまった。

 壊れるときは一気に壊れる?まさかパソコンとスマホを同時に修理に出すことになるなんて夢にも思わなかった。スマホは先週初めぐらいから電源ボタンを軽く押しただけでは入らなくなった。購入してから1年3か月ではまだ買い換えるのは早い。休みになったらドコモショップへ持っていこうと思っていた。

 そうこうしているうちに、7日(火)、何気なくパソコンを使っていたらTとYのキーを押しても反応しなくなった。前のパソコンではコーヒーがかかってしまって同じようなことになったけれど、今回はその覚えがない。せき込んだ時に唾でも飛んでしまったのか?一応、マウス操作だけは出来たのは救いだった。

 翌日、休めたので朝一でサービスに電話して引き取り修理を依頼した。そして、木曜日の朝、宅急便で出したところ、今日(土曜日)の午前中に着いた。早い!1日修理と謳っているエプソンダイレクトだけのことはある。しかも、修理内容を見るとキーボード交換したようだ。保証期間内とはいえ無償修理は有難い限り。今、こうしてブログも書けている。

 スマホの方は、これも無償修理となったが、ちゃんと代替機を貸してくれたので、ネットから遮断されることはなかった。同じ機種ではないが有難い。ツイてないことの多い私だけれど、今回は被害を最小限に出来たことで良しとしよう。

2015年7月 7日 (火)

パソコンが壊れた。

今年の1月購入したパソコンだけど、昨日からTとYのキーが反応しなくなった。修理に出さないといけない。水等をかけた覚えはないのだが、何かの拍子で入っちゃったかなぁ?
ああ、面倒くさい。

パソコンが壊れた。

今年の1月購入したパソコンだけど、昨日からTとYのキーが反応しなくなった。修理に出さないといけない。水等をかけた覚えはないのだが、何かの拍子で入っちゃったかなぁ?
ああ、面倒くさい。

パソコンが壊れた。

今年の1月購入したパソコンだけど、昨日からTとYのキーが反応しなくなった。修理に出さないといけない。水等をかけた覚えはないのだが、何かの拍子で入っちゃったかなぁ?
ああ、面倒くさい。

2015年7月 4日 (土)

6月30日、新幹線車内で焼身自殺事件が起こったことについて思うこと

 先月30日、小田原市付近走行していた新幹線車内で老人による焼身自殺事件が起こった。その巻き添えになって1人が死亡し、重軽傷者が26名も出た。お昼近くだったが、ニュースの一報を聞いた時には何で新幹線で火災が起きるのかと、不思議に思っていたけれど、まさか車内で、自分自身にガソリンを被って火をつけていたことに驚愕した。

 先頭車両で起こっているから、ひょっとしたら運転席まで炎やガスが回って操縦不能になるとか、あるいは、車両全体が燃えてしまうようなことにまでになったらと想像してしまったのだ。何でこんなことをするんだ。乗車していない自分さえ憤りを覚えた。

 今日、事件から5日が経ち、自殺を図った男の断片的な情報がまとまってきた。総じて判断すれば、生活苦から自暴自棄になったようだ。(ただ、本人が亡くなってしまった以上、動機が100%解明されることはない。)

 この事件、見方を変えれば、複数の人を巻き込んでいるのだから自爆テロともいえるのではないか?中東をはじめとして、世界各国で起こっている自爆テロはイスラム信者が起こすことが多い。それは虐げられた人々がアメリカ等の国家には太刀打ちできないから、罪もない人々を無差別に殺害することによって報復してやるというのが動機だろう。憎しみと格差だ。

 今回事件を起こした男も、年金の引き下げで生活苦が増長したことは確かなようだ。やったことは間違っても許されないが、そこにはこの国の進める新自由主義によって、生活苦の人達を生み出していることが背景にあるといっても過言ではない。自殺をする人が年間3万人もいるのだから、中には自暴自棄になって他人を巻き添えにしてやる!という人もいるだろう。先日、公表された調査でも生活苦と感じる人の割合が6割を超えているのだ。この先、TPP等で競争がより激化すれば、予備軍はもっと増えることになりかねない。

 こういう事件が起こると、当然のことながら今後の再発防止策を検討する。でも、鉄道で荷物チェックなんて出来るのか?利便性を考えれば、それは出来ない。どうすれば防げるのか?海外からのお客さんが巻き添えになっていたら国際問題だった。違憲の戦争法案成立に狂っているよりも、国民生活向上が先ではないか。

 巻き添えで亡くなられた方のご冥福をお祈りすると共に、重軽傷者の方々の早期恢復を願います。

« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ