« ネット環境の無い実家のお茶の間で動画サイトを観られるようにするのは大変だった。 | トップページ | 7月29、30に行われた山本太郎議員の国会質疑について思うこと »

2015年7月28日 (火)

安保法案(戦争法案)の参院審議で「中国」を仮想敵国とみなしたことについて思うこと。

 今日、先日、衆院で強行採決した安保法案(≒戦争法案)が参院で審議入りし特別委員会での質疑が行われた。全てを見た訳ではないし、あの男の顔も声も聴きたくない私だが、夕方、テレ朝のニュースで取り上げていて驚いた。何でこの時期に政府の掲げる安保法案が必要なのかということに対して、南沙諸島における中国の基地建設に言及していた。前々から、週刊誌等が取り上げていた通り、やはり仮想敵国は中国なのだ。

 今や貿易額ではアメリカより多い中国を真っ向から敵視するのが国益にかなうのか?バブル崩壊後のデフレによって国民の多くが貧乏になる中、中国人旅行客の落とすお金は少なからず、日本経済に恩恵をもたらしていなかったのか?それを無視しても、自分達のプライドのために敵視するのか?

 相変わらず集団的自衛権を説明する際には何とかの一つ覚えのようにホルムズ海峡の機雷も言及している。しかし、この行為を行うであろうイランはアメリカとの融和策を進めようとしているのだから、その危険性は少なくなった。そもそも、こんな所を封鎖すればイラン自身、原油輸出が出来なくなるので現実性は低い。そのことは外務省も認めていたはずだ。何が何でも戦争できる国にしたい、それしかない。

 挙句の果てに、昨年暮れの選挙でも国民は安保法案を支持したなんて言いだした。いろいろな理由を付けて選挙に行かなかった皆さんは、この法案を賛成したんですか?皆さんが良いように利用されてしまっているではないですか?

 それでも、この政権を支持ている人達が4割もいるらしい。この人達は、そんなに戦争がしたいのか?自衛隊員にリスクが増大するという想像もできないのか?単に大手メディアの論調に乗せられているだけなのか?お上の言うことは仕方ないと思っているのか?今、我々がまがりなりにも世界で有数の生活が出来ているのは、70年前の戦争で310万人もの犠牲があったからというのを忘れていないか?

 先月、札幌で19歳の女性が「戦争したくなくてふるえる」と銘打って、デモを開催したけれど、私は現政権に対して、怒りでふるえている。こんなナチスまがいのことをする政権を早急に潰そう。私の出来る範囲という情けない状況ではあるけれど、徹底的に叫び続けたい。

 

« ネット環境の無い実家のお茶の間で動画サイトを観られるようにするのは大変だった。 | トップページ | 7月29、30に行われた山本太郎議員の国会質疑について思うこと »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219908/61975033

この記事へのトラックバック一覧です: 安保法案(戦争法案)の参院審議で「中国」を仮想敵国とみなしたことについて思うこと。:

« ネット環境の無い実家のお茶の間で動画サイトを観られるようにするのは大変だった。 | トップページ | 7月29、30に行われた山本太郎議員の国会質疑について思うこと »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ