« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »

2015年8月

2015年8月28日 (金)

初めての消化器系内視鏡検査

 私は毎月、尿酸値を下げる薬と睡眠薬を処方してもらうため、内科の診療所に通っている。かれこれ15年以上になる。普段は心音の具合と血圧測定ぐらいしかしない。「変わりありませんか?」、「疲れているけれど、それ以外は問題ないです」程度で済む。

 ところが先月末ぐらいから、痛みはないけれど、みぞおち付近や胃、左わき腹に違和感を感じ、汚い話だが”ゲップ”の回数が激増した。一応、食欲はあるし吐き気もない。考えてみたら、胃の検査なんて25年ぐらい前にレントゲン検査をしたくらいで、それ以降はやっていない。年齢から言って、癌になっていたっておかしくない。そこで今日、52歳になって初めて内視鏡検査を受けた。

 検査室に入って看護師さんから、胃の中の泡を減らす薬を渡されて飲む。彼女が言うように美味くはない。その次はゼリー状の液体を顔を上に向けた状態で口に含む。これが麻酔らしい。5分ぐらいで舌と喉の感覚がマヒしてくる。

 ベッドに横向きに寝てマウスピースを付けられる。先生が細長い管を持っている。逃げ出したい気分だ。でも、仕方ない。いよいよ管が口の中から入っていく。想像していたよりは苦しくないが、それでも気持ちの良いものではない。当然、ゲプゲプする。何回か管が上下したり回されるのが分かる。特に一度引かれた後にまた奥に入れられる時が辛い。何枚かの写真が撮られている。「ああ、やっぱり?」というような先生の声が聞こえる。時間的には10分ぐらいだっただろうか。案外早く終了した。

 そして、すぐに診察室で所見を聞く。ドキドキする瞬間だ。「胃液が食道に逆流している。病名的には”逆流性食道炎”です」とのことだった。「癌とかではないんですね?」心配性な私が尋ねると、「それはない」との答えに一安心する。「何が原因でしょうか?」、「基本的には生活習慣の乱れ、暴飲暴食、ストレス」という暴飲暴食はしていないものの、超長時間労働は否めないし、時間に追われる毎日を過ごしている。結局、「そんなにひどい状態ではないので、とりあえず様子をみましょう?」ということになった。

 それでもこの2年間、夜はもちろん、休日も静養に充ててきた。寝ているか仕事をしているかの2択の生活だ。幸い、今回はこの程度で済んだから良かったが、このまま放置していたらどうなるか分からない。もう睡眠薬にも頼りたくない。そろそろ自分の生活を考え直さなければいけない時がきたのだろう。そう体が教えてくれたのだと思おう。

2015年8月25日 (火)

中国発の世界恐慌になるのかな?

 ”世界同時株安”。中国の景気減速懸念に世界中の投資家が”売り”に走っている。各国とも6日連続の値下がりだ。素人としては、株を売って現金化した資金は原油に流れるのかと思っていたが、原油も値下がりした。それくらい中国経済が世界にもたらす影響は大きいということだ。

 21世紀に入ってから、中国経済はうなぎ上りの成長が続いていた。でも、この10年ぐらいはバブルなのではないかと懸念されていたが、リーマンショックも乗り越えた。なんやかんやいって、中国共産党独裁の国で、国の金を使って、いくらでも下支え出来るから、投資家は安心していたのだろう。

 今日だって、当局は市場に日本円で2兆8千億円供給したらしい。その報を知って、日経平均は、一時は昨日の株価を上回ったけれど、結局は6か月半ぶりの18,000円を切った。歯止めがかからない。今夜開く欧州や米国市場はどうなるのか?おそらく下げると思う。個人的な感想だが中国市場での下落が落ち着かない限り、この傾向は続くと思う。困った問題だ。

 貧乏な私は株なんかやっていないけれど、悲しいかな、この国は年金資金を株式市場に投入している。現在、約35兆円つぎ込んでいるらしいが運用実績は全く公表されない。ただでさえ、年金が貰えるかどうか分からない世代なのに、資金が目減りしてしまったら受給額が減ってしまう。呑気ではいられない。

 今、国会では安保法案の審議が続いているが、そんな違憲の法案に時間をかける前に、この世界同時株安で景気が落ち込むのを防ぐための、補正予算を組むべきだ。

2015年8月22日 (土)

高槻市・少年少女殺害事件について思うこと。

 今月13日、大阪府高槻市の駐車場で中一の少女が無残な姿で遺棄されていた事件は、昨夜、容疑者が検挙された。しかし、彼女と一緒に行動していた少年も殺害されていたという、予想はしていたが最悪の結果となった。容疑者はまだ犯行を否認しているから軽々なことは書けないけれど、彼女を車に乗せたことは認めているのだから、ほぼ間違いないだろう。どのような動機で、どういう経緯でこんな犯罪を犯したのか?明らかにして欲しい。

 一番悪いのはこんなことをした犯人だけれど、個人的にはこの事件は未然に防げたような気がしてならないから微妙な気分だ。確かに日本は世界一、治安は良いかもしれない。でも、中一の少年少女が親を騙してまで夜中に出歩く必要があったのだろうか?そして、悪魔の車に乗ってしまったのか?

 容疑者は共犯者がいるようなことを語っているらしいが、防犯カメラには映っていないという。単独犯の可能性が高いけれど、どうやって二人に危害を加えることが出来たのかが謎だ。こんな邪推をしてはいけないけれど、徹夜の二人はどこかに連れ去られた後、眠ってしまった。そして、粘着テープで拘束され危害を加えられたのだろう。

 彼ら二人がどのような家庭環境にあったかは知る由もないが、親御さんの落胆は想像を絶する。どんなに後悔してもしきれない。もう、日本のメディアも日本の治安は世界一で、女性が夜中一人で歩いていても大したことないんていうことは喧伝すべきではない。犯罪数は少ないかもしれないけれど、事件に遭う確率は昼間より深夜の方が遥かに高いのだ。

 悪いのは、こんな社会にしてしまった我々大人たちだ。今すぐには変えられないかもしれないけれど、こんな悲劇がおこらないような社会にしないといけない。亡くなられた平田さん、星野さんのご冥福をお祈りします。

2015年8月21日 (金)

川内原発って、「世界一厳しい規制基準」を満たしたんじゃないのか?

 8月11日、再稼働した川内原発で今日、2次冷却系に海水が混じっている可能性があるとして、当初の予定だった最大出力まで上昇させることを見送った。このことについて大手メディアが大々的に取り扱うことはなく、「安全性に問題ない」という九州電力の見解をただ流すだけだ。

そもそも政府は原子力規制委員会が作った規制基準は世界一厳しいと言っていた。それなのに、2次冷却系統だから、直接原子炉とは関係ないかもしれないけれど、再稼働10日目でこんなことが起こっても良いのか?慶大の金子教授が先週の文化放送・大竹まことゴールデンラジオで、「4年動いていなかった原発を再稼働させた場合、全ての原発で不具合があった」と言っていたことが、早くも現実のものとなった。

不思議なことに、川内原発を再稼働した数日後、50㎞離れた桜島で大噴火の兆候がみられた。今でさえ、避難勧告が出されている地域がある。もちろん、50㎞も離れた原発に直接、噴石が飛んでいくかどうかは分からない。でも、風向きによっては火山灰は届くのではないか。果たして、その対策は出来ているのか?

歴史上起らなかったことが、これからも起きないなんて誰が判断できる? 自然だけは侮らないほうがいい。一度、止めよう。

2015年8月17日 (月)

東京五輪エンブレム問題について思うこと。

 それにしても、5年後に迫った東京五輪は新国立競技場と言い、今回のエンブレム問題と言い、”ケチ”がつくなぁ。最初は、似ているとはいっても、まさか世界中が注目するエンブレムで盗用することはないだろうと、思っていたが、その後出てきた、サントリートートバックのデザインでは盗用を認めてしまったし、Tシャツ問題等々、疑わしい問題がドンドン指摘されている。

 それに、デザインした佐野氏の兄は経産省の課長とか、日本スポーツ振興協会には親せきがいるとか、審査員との相関関係等々、胡散臭い人間関係も出てきてしまった。仮に五輪エンブレムが盗用でなかったとしても、心証は非常に悪い。

 新国立競技場も一応、白紙撤回したのだから、エンブレムのデザインも招致の時に使った桜をあしらったデザインで良いのではないか?アレなら文句は出ないだろう。個人的には震災復興が終わるまで、日本での五輪開催は否定的だっただけに、これだけ”ケチ”のついてしまった問題をあと5年も引きずるのは良い感じがしない。

 佐野氏を追い詰める気は毛頭ないが、このままだと世間から批判され続ける。精神的に参ってしまわないかどうか、逆に心配になる。メディアスクラムによって命を絶った人達は少なくないのだ。そんなことになれば、東京五輪は余計、忌み嫌われる大会になってしまう。最善策は、盗用、模倣は認めなくても、結果的に似てしまったということにして、本人が取り下げるしかないだろう。

 まだ時間は5年ある。組織委員会のメンバーを刷新して、一から出直すべきだ。

 

2015年8月15日 (土)

今までとは違う印象の「終戦の日」

 今日は8月15日、俗に「終戦の日」と言われる。だけど、実際にはこの日以降も戦闘行為は行われている。でも降伏文書の調印が行われたのは9月2日だ。だから正確には今朝の文化放送で鈴木敏氏が語ったように「玉音放送が流れた日」なのかもしれない。

 それは解釈の違いだから些細な話だが、戦後70年の節目にあたり、憲法解釈を勝手に変更し集団的自衛権を容認したことにより、日本が他国から攻撃されていないのに、戦争可能な国になろうとしている。正面切って戦闘行為はせず後方支援などとは言っているが、戦争のロジスティクスを担うことには間違いない。つまり、アメリカの下請けになるということだ。それが証拠にアメリカは戦費の縮小を図っている。

 確かにアメリカの下請けになっていれば、直接的に日本列島が戦禍にまみえるリスクは低いのかもしれない。しかし、着実に敵は増えるし、今までとは異なった印象を与えるだろう。派遣される自衛隊員のリスクもテロのリスクも高まる。

 昨夜、○○首相は意気揚々と70年談話を出したが、私の印象では「これまで十分反省してきました、だけど、その当時、存在しなかった我々がいつまでも謝罪し続ける必要はないでしょう」というものだった。これで中韓は歓迎してくれるのか?

 ところが、今日の戦没者慰霊式典で天皇陛下は今までになかった「深い反省」という文言を入れた。どちらに過ちを謝罪する気持ちがあるかはハッキリしている。(比べるのも憚られる。)自分達の誤りを素直に認め、誠心誠意謝罪することで新たな関係が生まれるのではないか?人々の無関心によって歴史修正主義者が首相になってしまったことを残念に思う。

 

2015年8月11日 (火)

東日本大震災の月命日に、川内原発を再稼働するという愚行について思うこと。

 今日、鹿児島県の川内原発が再稼働された。どのメディアでも6割近い人が反対しているのに強行された。この国は民主主義国家ではないことが良く分かる。結局は一部の既得権益を持つ連中が意のままに操る国だということだ。

 今年の夏は例年以上に暑いと言われている。東京では猛暑日の記録が更新された。おそらくエアコンの使用率も相当高いだろう。しかし、メディアから「節電」という言葉がほとんど聞かれない。3年前なら、計画停電もありうるなどと脅かされていたのにおかしいではないか?それもそのはず、ここまで最大電力量の90%を超えた日はほどんどない。つまり、原発を動かさなくても電気は足りているんだ。

 それでも、老朽化された火力発電所がフルに活動しているからとか、地球温暖化のためには良くないという意見もある。それは否定しない。しかし、確かに?世界一の安全性かもしれないけれど、核廃棄物の処理はどうするのか?その解答が出ないまま、将来の人達にツケを回していいのか?現政府にはハッキリ答えてもらいたい。結局は自分達の利権を守るためだけではないか。

 奇しくも、いや、狙ったのか?今日は東日本大震災から4年5か月目だ。未だに約11万人もの人たちが故郷を追われている。原発から20㎞圏の地域の放射線量はチェルノブイリ近辺よりも高い状態が続いている。汚染水問題は何ら解決せず、そこで働く人達も数人亡くなった。弱者は平気で切り捨てる。その姿勢がハッキリと分かる。怒り心頭だ。金の亡者どもに天誅が下ることを願う。

2015年8月 8日 (土)

【素人目線】第40期 碁聖戦第4局を観て思うこと

 昨日(8月7日)、第40期碁聖戦第4局が行われ、井山碁聖が山下九段を122手までで中押し勝ちし、タイトルを防衛した。4連覇達成だ。今年のタイトル戦は全て同じ顔合わせで行われ、全て井山碁聖が防衛したことになる。山下九段は3日、名人戦挑戦者決定プレーオフで高尾天元に敗れたショックがあったのかもしれない。

 今局は布石段階では黒番・山下九段が有利なのかなぁと思っていた。互いに模様を張り合う中で白が上辺に打ち込んでいったが、下図では殆ど包囲されている。これでどうやって、白はサバくのだろうか?

404

 ところが、ここから白の怒涛の攻めが始まる。えっ、えっ、何で、何で?あれよあれよという間に、中央黒の一団が危なくなっていく。素人の私的には、ここがポイントだったのではないかという場面が下図だ。白78。

40478 
 この白78が打たれる前、黒は左上隅の三々に打ち込んだ。6-二から下辺に向かっている石も眼がないから、これで根拠を得ておこうという思いだったのか?このままだと左上隅の白地が大きいと判断したのか?この手に白は何らかの形で受けるだろうと思ったのか?(意味が知りてぇ)。

 ところが手を抜くんだ。そして、白78のノゾキ。中央の白も黒も眼が無い。攻め合いの様相だ。観ている方としてはトッププロ同士の戦いは面白い。手に汗握る展開だ。本当はこの辺でプロの解説が聞きたかった。結局、井山碁聖の読みが優り、下記、終局図となった。中央の黒石全部を仕留めてしまったのだ。凄すぎる。

404_2 

 山下九段の無念さは素人の私には想像できない。今年、井山碁聖とは16局戦って、5勝11敗なのだ。知っている人なら分かるが、タイトル戦の挑戦者になることでさえ至難の業なのに3度挑戦者になって、同じ相手にことごとく敗れている。心折れないのだろうか?この精神力は見習いたい。結局、日本の囲碁界では井山さんが突出しているということだろう。

 昨年末、失った天元、王座も挑戦者までは後2勝ぐらいだし、十段も同じような展開になっている。彼はまだ7冠の夢は捨てていない。相撲界に例えるなら、白鵬レベルだ。道のりは長いけれど、今の好調さを持続出来れば、来年の春には本当に達成してしまうかもしれない。他の棋士にも奮起してもらいたいが、何せ世間の話題にならない囲碁ファンとしては、夢の7冠達成を期待したい。



2015年8月 6日 (木)

例年とは違う、広島原爆の日。

 今日は70年目の広島原爆の日だ。だけど、例年とは意味合いが変わってきた。安倍内閣が国会会期95日間も延長して、アメリカが行う戦争の下請けをする法案を通そうとしているからだ。昨日は、国会の防衛大臣の答弁で、法的には核兵器の輸送すら認められると述べた。政策的には認められないと言ったけれど、あんたらがずっと政権を維持できるのか?他のもっと過激な政権ができたら、これ見よがしに、何でもできてしまうではないか?よく、原爆の日前日に、こうした答弁ができるものだ。

 そして、相変わらず、アベ様のNHKは批判すらしない。民法各社も経過は流したかもしれないが、こんなひどい話を徹底的に批判しない。反アベの論陣すら張らない。もう、着々と戦争可能な国づくりに加担している。アメリカのためなら何でもするというのがこの内閣のようだ。

 それを裏付けるか?7月31日、ウィキリークスが日本の政府関係者並びに大手企業に対して、アメリカが盗聴していたことを暴露した。普通の国なら、即刻、アメリカ大使を呼ぶなり、ホワイトハウスに抗議するだろう。ところがこの国は「それが事実だとしたら、同盟国として非難せざるを得ない」などと、呑気なことを言っている。この件に関しても、アメリカ側から謝罪してきたというのだから、あきれ返ってものも言えない。

 アメリカなんて同盟国ではなく、単に日本という国を支配したいだけなのだということがよくわかる。結局、現政権はアメリカに弱みを握られているか?あるいは、そうすることによって自分たち自身が安泰であればよいということなのだろう。疲弊するのは、我々一般国民だ。

 今日、原爆の日を迎え、メディアはその悲惨さ、平和への願いを伝えているが、それを根底から覆そうとする現政権への批判は殆どない。こんな悲劇は日本のみならず、世界中のどこであっても2度と繰り返してはならない。そう思えば、昨日の防衛大臣の答弁を批判でいるはずだ。いい加減、現政権を忖度するのは止めないか?

 広島原爆では、約14万人が亡くなられたという。この犠牲を無駄にしないためにも、戦前に戻そうとする安倍内閣の早期退陣を願う。

2015年8月 4日 (火)

安倍首相の取り巻き達について思うこと。

 昨日、安保法案に関して”法的安定性など関係ない”と講演会で語った礒崎首相補佐官の参考人招致が行われた。しかもNHKは生放送しないという暴挙だ。きっと何か不都合が事が起これば編集不可能だとでも思ったのだろう。それが”総合的判断”ということなのだろう。戦争中の悲劇を語る連中が、何の反省もせず、政府が右と言ったら左とは言えないという籾井会長を忖度しているとしか思えない。

 そして、またまた飛び出したのが、滋賀県選出の武藤議員。わざと炎上して売名行為も疑われるけれど、ツイッターやフェイスブックでの発言は、戦前美化も甚だしい。毎週金曜日、国会前で行われているシールズの抗議活動に対して、戦争に行きたくないという利己的な考え方などと揶揄し、フェイスブックでは国民主権、基本的人権、平和主義すら否定している。こんな議員に投票した人たちは、今頃、きっと恥ずかしい思いをしているだろう。しかも、騒ぎになってからのメディア取材に対して、発言は撤回しないと強行的な態度を取っているのだ。

 この男も、安倍政権の閣僚の殆どを占める”日本会議”の一員だ。私に言わせれば、保守でも何でもない。単に中韓憎し、日中戦争、太平洋戦争を美化する連中に他ならない。この男はきっとシールズの活動に脅威を感じているからだろう。安倍首相が、「日本と取り戻す」といったのは、この男の言う通り、戦前回帰に他ならない。野党は、この武藤氏の発言についても、その感想を聞いてもらいたい。いや、聞くべきだ。

 安倍が政権を取った後、一般国民にとって、何か良いことはあったか?確かに円安になり株価は上がったよ。大企業は潤ったが、所得は消費増税分より増えたか?海外に8兆円以上もバラ撒くくらい金はあるし、公務員の給料だって上がった。こうした勝ち組の連中を益々肥やすだけではないか?今ではメディアでも「アベノミクス」なんて使っていない。

 ああ、腹が立つ。それでもB層が多いこの国では、簡単にメディアに踊らされてしまう。野党が一致結束して次期参院選に選挙協力出来れば良いけれど、早速、共産党志位委員長は否定している。これでは安倍独裁を許しかねない。少しずつ、空気は変わりつつあるけれど、礒崎ひとりの首すら出来ないようでは、この先が思いやられる。

« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ