« 東日本大震災の月命日に、川内原発を再稼働するという愚行について思うこと。 | トップページ | 東京五輪エンブレム問題について思うこと。 »

2015年8月15日 (土)

今までとは違う印象の「終戦の日」

 今日は8月15日、俗に「終戦の日」と言われる。だけど、実際にはこの日以降も戦闘行為は行われている。でも降伏文書の調印が行われたのは9月2日だ。だから正確には今朝の文化放送で鈴木敏氏が語ったように「玉音放送が流れた日」なのかもしれない。

 それは解釈の違いだから些細な話だが、戦後70年の節目にあたり、憲法解釈を勝手に変更し集団的自衛権を容認したことにより、日本が他国から攻撃されていないのに、戦争可能な国になろうとしている。正面切って戦闘行為はせず後方支援などとは言っているが、戦争のロジスティクスを担うことには間違いない。つまり、アメリカの下請けになるということだ。それが証拠にアメリカは戦費の縮小を図っている。

 確かにアメリカの下請けになっていれば、直接的に日本列島が戦禍にまみえるリスクは低いのかもしれない。しかし、着実に敵は増えるし、今までとは異なった印象を与えるだろう。派遣される自衛隊員のリスクもテロのリスクも高まる。

 昨夜、○○首相は意気揚々と70年談話を出したが、私の印象では「これまで十分反省してきました、だけど、その当時、存在しなかった我々がいつまでも謝罪し続ける必要はないでしょう」というものだった。これで中韓は歓迎してくれるのか?

 ところが、今日の戦没者慰霊式典で天皇陛下は今までになかった「深い反省」という文言を入れた。どちらに過ちを謝罪する気持ちがあるかはハッキリしている。(比べるのも憚られる。)自分達の誤りを素直に認め、誠心誠意謝罪することで新たな関係が生まれるのではないか?人々の無関心によって歴史修正主義者が首相になってしまったことを残念に思う。

 

« 東日本大震災の月命日に、川内原発を再稼働するという愚行について思うこと。 | トップページ | 東京五輪エンブレム問題について思うこと。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219908/62089098

この記事へのトラックバック一覧です: 今までとは違う印象の「終戦の日」:

« 東日本大震災の月命日に、川内原発を再稼働するという愚行について思うこと。 | トップページ | 東京五輪エンブレム問題について思うこと。 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ