« 「一億総活躍社会」…暗澹たる気分になったのは自分だけ? | トップページ | シリア難民問題は解決するのだろうか? »

2015年9月26日 (土)

【素人目線】第40期名人戦第3局を観て思うこと。

 9月24、25日、甲府市で行われた第40期名人戦第3局は、148手までで白番井山祐太名人が中押し勝ちして、対戦成績を3勝0敗とし、3連覇に王手をかけた。序盤から激しい戦いの碁となり、1日目、私はどちらが有利なのかサッパリ分からなかった。

 そして、80手目の封じ手から、更なる混戦模様に突入する。黒93のカタツキから、素人目には右辺から中央に向かう白の大石が如何にせん、危なく見える。黒の包囲網が出来上がりつつある。ただ、三村九段はコウに持ち込むことは可能という図をツイッターに投稿してくれた。でも、コウに負ければ終わりなのである。

 下図、黒131になった時でも、どうみても白に二眼はない。右辺に一間トビした所と15-十三辺りに眼は出来そうだが、大丈夫なのだろうか?

403131
 でも、よく見れば、中央の黒にも二眼できるかどうか怪しい。ひょっとしてコレを狙っているのか?ようやく、ここで名人の意図が分かる。だけど、白の三子よりも周りの黒の方が厚いように見える。出来るのか?取れなかったら終わりという戦い。これも読んでいるのだろうか?

403
 それは素人の杞憂だった。結局はそこから17手目のノゾキを打ったところで、高尾天元は諦めて投了した。上の終局図を見れば、物の見事に中央の黒石が取れている。凄い。結果的にみれば、黒が左下隅三々に入らず、中央に手を入れておけば良かったのか?ただ、地合い的には白の方が良かったのかもしれない。

 高尾天元はこれで後がなくなってしまった。先週の半目負けが悔やまれる。無心の境地で立ち向かうしかないだろう。今年初めの棋聖戦も山下九段は3連敗の後、3連勝までは返した。頑張って欲しい。

 

 

« 「一億総活躍社会」…暗澹たる気分になったのは自分だけ? | トップページ | シリア難民問題は解決するのだろうか? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219908/62357280

この記事へのトラックバック一覧です: 【素人目線】第40期名人戦第3局を観て思うこと。:

« 「一億総活躍社会」…暗澹たる気分になったのは自分だけ? | トップページ | シリア難民問題は解決するのだろうか? »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ