« 【素人目線】第40期名人戦第2局を見て思うこと。(棋譜無) | トップページ | 「一億総活躍社会」…暗澹たる気分になったのは自分だけ? »

2015年9月20日 (日)

共産党が他党との安保法廃止を訴えて選挙協力を求めてことについて思うこと

 昨日、共産党の志位委員長が、今回の安保法案成立を受けて、野党に安保法廃止の為の一点で選挙協力をしようと呼びかけた。これまで共産党は誰が考えても勝てない選挙区でも全て候補者を立ててきた。その結果、反自民の票が割れ、自民党議員を勝たせてきた。私は自民党の補完勢力のようにしか思えなかった。

 しかし、今回の安保法制は戦前回帰のみならず、民主主義のルールも破壊したことを危惧したのか、それとも、国会前に集まった何ら組織に属さない人々の叫びに呼応したのか、突如、国民連合政権を訴えた。

 今まで、低投票率に加えて、自公に対する受け皿がなく投票は分散してしまった。得票数では自公より、野党の方が上回っているのに、400名を超える人が当選しファシスト政権が誕生してしまった。昨年末の衆院選でも沖縄では野党の全勝だ。2か月ほど前の岩手県知事選挙では候補者も立てられなかった。野党が一致結束して、安保法是か非かの選挙を繰り広げれば、ファシスト自公を駆逐できる。

 問題は他の野党5党がどう対応するか?今まで通り、自分たちの政策だけを掲げて分散選挙を実施して負ける道を選ぶのか、延べ数十万人の人達が集まった声に応えるのか?その判断が注目される。一番、懸念されるのは民主党だ。彼らの中には集団的自衛権容認のアベと同じ日本会議にいる連中がいるのだ。仮に野党連合が勝ったとしても、トロイの木馬のごとく連中が破壊し始める。2009年民主党が政権を奪還しながら、米国と官僚に負けたのは、それが大きかったように思う。

 一番スッキリするのは、この安保法に賛成するのかどうかの踏み絵を踏ませた後、解党して出直すことが望ましい。もう民主党という党は、あまりにも国民を裏切った政権として浸透してしまっている。(そうさせたのは大手メディアだけど)

 誰が何を言おうが、今回の安保法制は憲法改正なく、日本を戦争可能な国に変えてしまった。私はこのプロセスが一番気に入らないし憤怒している。そんなに自国が危ないなら、正々堂々と憲法を改正すべきではなかったか。

 でも、悲しいかな、怒っている人はほんの一握りで、多くの人たちは昨日から始まった5連休で関心も薄れているのではないか?今夕、発表された共同通信や毎日新聞の世論調査でも、約4割もの人達が、このサイコパス内閣を支持している。暗澹たる気分だ。来年夏までには全て忘れると語った政府高官の目論み通りではないか。

 ただ、ここで絶望してしまってはいけない。若い力は成長してきている。私自身、彼らに活を入れられた。「終わってるなら、また始めればいい」。この国の民主主義を取り戻す為に、陰ながら、いや時には前面に出て彼らを支援しよう。

« 【素人目線】第40期名人戦第2局を見て思うこと。(棋譜無) | トップページ | 「一億総活躍社会」…暗澹たる気分になったのは自分だけ? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219908/62319491

この記事へのトラックバック一覧です: 共産党が他党との安保法廃止を訴えて選挙協力を求めてことについて思うこと:

« 【素人目線】第40期名人戦第2局を見て思うこと。(棋譜無) | トップページ | 「一億総活躍社会」…暗澹たる気分になったのは自分だけ? »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ