« 横浜市都築区のマンションが傾いた件について思うこと。 | トップページ | 1030紅葉ドライブ…奥多摩から河口湖(その1) »

2015年10月24日 (土)

【悲報】一億総活躍社会の国民会議に菊池桃子さんが入った。

 日本国憲法を無視して、アメリカ下請け戦争加担法を強引に。成立させ、その上、議事録まで改ざんした。TPPでは主要五品目は守るなどと言いながら、いや、そもそもTPPには断固反対といって選挙で勝った連中が、それも守れなかったのに、意気揚々と「約束は守った」などとのたまう現政府には吐気をもよおす。

 アベノミクスとやらと高々に謳っておきながら、株価は倍にはなったけれど、GDPは落ち込んでいる。完全に景気が落ち込んでいるし、デフレが継続しているのは明らかだ。それを真っ向から批判しない記者クラブメディアにも腹が立つ。確かに一部の富裕層は良いだろう。でも、子供の貧困率は先進国でもトップクラスという情けなさ。私が怒ったところでどうにもならないけれど、怒らずにはいられない。

 この失敗を隠すかのように、またまた新しいキャッチフレーズを出してきた。「一億総活躍社会」。賛否両論が巻き起これば、国民の反発も分散されるとでも思っているのだろう。それが証拠に、野党が憲法53条に基づき臨時国会の開会を求めても応じる気配がない。そもそも内閣を改造したんだから、国会で所信表明演説をするのは当たり前だし、新大臣にも答弁させるのが筋だ。もう、狂っている。

 そして、悲しいことに「一億総活躍社会」の国民会議のメンバーにタレントの菊池桃子さんが選ばれた。彼女は戸板女子短大で教鞭を執っている学者ではあるけれど、今回の報道を見る限り、客寄せパンダの如く扱われている。

 そもそも政府が主催する審議会や国民会議なんていうものの殆どは、役人か、その下請けの連中がシナリオを作り、それに沿って進められている。十中八九、出来レース。テレビ映像にチラッと映る会議の模様を観れば、テーブルを囲んでいる委員の後ろには役人と思われる方々が取り囲んでいるではないか?一から始まるのではなくて八か九から始まるんだ。

 委員に選ばれる方々だって、それ相応の仕事は抱えているのだから、こういう会議に没頭できるわけがない。渡される資料に目を通し、一言二言、意見を述べて終わりというのが目に見えている。それで、「国民会議の皆さんが作った意見書です」なんて言うんだ。馬鹿馬鹿しいったらありゃしない。

 何が「一億勝活躍社会」だ。結局は、「お国の為に働け!」っていう戦前思想そのものじゃないか。もっとも、こうした欺瞞溢れる政権や記者クラブメディアの報道に従順してしまう人達が多い以上、行きつく所まで行ってしまうだろう。まだ、うつ病の領域には入っていないが、暗澹たる気分が治まらない。

【追記】疲れ切っていてブログを書く気にもなれなかった。怒りのパワーは凄い。

« 横浜市都築区のマンションが傾いた件について思うこと。 | トップページ | 1030紅葉ドライブ…奥多摩から河口湖(その1) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219908/62541466

この記事へのトラックバック一覧です: 【悲報】一億総活躍社会の国民会議に菊池桃子さんが入った。:

« 横浜市都築区のマンションが傾いた件について思うこと。 | トップページ | 1030紅葉ドライブ…奥多摩から河口湖(その1) »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ