« 狂ってる、何が「攻めの農業」だ。 | トップページ | 【悲報】一億総活躍社会の国民会議に菊池桃子さんが入った。 »

2015年10月17日 (土)

横浜市都築区のマンションが傾いた件について思うこと。

 3日前、横浜市都築区のマンションが数センチ傾いていることが発覚し、大騒動となっている。私が時々仕事で行く商業施設ららぽーとの隣にあるマンションと知って、さらに驚いた。基礎の杭打ちが強固な岩盤に届いていなかったり、杭の先端のコンクリート量が少なかったりしたものが70本もあるという。今のところ、販売元の三井不動産レジデンシャルは4つの棟すべてを建て直すのを前提にしているようだが、果たしてどういう決着になるのだろうか?

 3つの棟は問題が無いようだから、立て直しとなれば、そこに住んでいる方々も一時的に移住を余儀なくされる。最低でも3年かかるらしい。問題がないのなら、資産価値減少分の補償金を貰えば、住み続けたいという人もいるだろう。業者と住民と間だけではなく、住民同士の争いが起こるかもしれない。

 第三者の私からみれば、問題ない棟は安全対策を再度施した上で資産価値減少分の賠償金を払い、それで良しとする人には住んでもらう。それを良しとしない人には移転相応の金額を賠償して転居してもらう。問題のある棟は建て替えが良いのか悪いのかを住民の方々で決めてもらうしかない。その上で不服の人は、相応の賠償金を支払って転居してもらうという方策くしかないだろう。

 それにしても、何でこんな基礎工事が行われてしまったのか?担当者は会社から事情聴取されているようだが、会社側は何か重要なミスを隠そうと思い故意にやったのではないかと言っているがハッキリしたことは分からない。そもそもこんなことをして何か良いことがあったのか?工期の問題?、予算の問題?個人的な会社への恨み?様々な理由が思い浮かぶが、それを解明しないことには対策を立てようがない。

 ただ、一担当者の判断でこのようなことが行われてしまったとしたら、それはそれで大問題だ。仮にこの担当者に損害賠償を請求したって払えるわけがないのだ。会社側の管理責任が問われるのはいたしかない。

 昨今、この国では大企業がねつ造行為を行う時間が多々ある。もっとも国会だって、大手メディアは取り上げないけれど、先の安保法制委員会時の議事録すらねつ造されている。個人的には新自由主義が背景にあると思っている。何せ、今さえ良ければ、明らかに法的にふれなければ、どんな手段を使っても儲けられれば良いのだから。勝った者が全て。弱者は強者のおこぼれに預かればいい。

 70年前の終戦から日本は他に類をみないぐらい経済成長した。それは日本式経営が優れていたからだ。今にして思えば、まあ、これは妄想だけど、バブルでさえ、アメリカがプラザ合意で円高基調にもっていったから生まれた訳で、結局は連中にやられたんだ。いい加減、目を覚まさないと、日本人はもっと酷い目に遭うだろう。

 

« 狂ってる、何が「攻めの農業」だ。 | トップページ | 【悲報】一億総活躍社会の国民会議に菊池桃子さんが入った。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219908/62494501

この記事へのトラックバック一覧です: 横浜市都築区のマンションが傾いた件について思うこと。:

« 狂ってる、何が「攻めの農業」だ。 | トップページ | 【悲報】一億総活躍社会の国民会議に菊池桃子さんが入った。 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ