« 日本のプロゴルフ界の行方が気になる | トップページ | 奥大井(大井川鐡道井川線・寸又峡)日帰り旅(その2) »

2015年11月13日 (金)

奥大井(大井川鐡道井川線・寸又峡)日帰り旅(その1)

 今日は高齢の両親を連れて奥大井に行った。目的は大井川鐡道井川線に乗って景色を堪能することだ。天気は微妙だったが、来週は東名の集中工事があるし、先行きの天気予報も芳しくないから、朝6時前に出発した。計算では休憩時間も含めて3時間半ぐらいかかるだろうと思っていたが、予想外に8時40分には千頭駅に着いた。車は隣接する道の駅に停めたから無料だ。Imgp1196b_4
 本来なら井川まで行けるのだが、土砂崩れで接岨峡温泉までしか行けない。下調べはしていたが、まだ始発9時12分には時間があるので駅員さんが懇切丁寧に説明してくれる。紅葉期間とはいえ平日なのでお客さんも30名ぐらいかなぁ。

 

 Imgp1203b
 車内はレトロ感覚一杯。私は特に鉄道ファンではないがテンションが上がる。何せ電車というものにさえ、この1年ぐらい乗っていない。そして、出発。駅員さんが手を振って見送ってくれる。車窓からは大井川の広い河川敷と紅葉に彩られた風景が次々と変わっていく。

 

 Imgp1210b 

 

 バス停のような駅舎、

 

 Imgp1211b
 そして、奥泉という駅では、こんな風にお客さんを見送ってくれる。帰路もそうだった。日常生活を忘れさせてくれる空間がここには間違いなく存在する。私の両親も、外の景色を見ながら、まるで子供のようにはしゃいでいる。

 

Imgp1219b 

 

 だんだん渓谷が深くなっていく。この橋も綺麗だ。車内では車掌さんがいろいろ説明してくれるから飽きない。
 

 

Imgp1221b
 そして、アプトいちしろ駅に着く。ここから1000分の90という日本最大の勾配を上るため、
ここで新たに機関車が連結される。(その1)終了。

 Imgp1232b






 

« 日本のプロゴルフ界の行方が気になる | トップページ | 奥大井(大井川鐡道井川線・寸又峡)日帰り旅(その2) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219908/62671473

この記事へのトラックバック一覧です: 奥大井(大井川鐡道井川線・寸又峡)日帰り旅(その1):

« 日本のプロゴルフ界の行方が気になる | トップページ | 奥大井(大井川鐡道井川線・寸又峡)日帰り旅(その2) »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ