« パリで起こった同時多発テロについて思うこと。 | トップページ | 井山棋聖が六冠に復帰して思うこと。 »

2015年11月22日 (日)

平成27年 大相撲九州場所が終わって思うこと。

 大相撲九州場所は横綱日馬富士が大関稀勢の里に負けたものの、千秋楽で横綱白鵬が横綱鶴竜に負けたため、辛くも優勝した。これより三役が始まる前、私は冗談半分でこんなツイートをしていた。

 「稀勢の里には期待してないが、仮に勝っても、鶴竜が白鵬に勝つというオチを考えてしまう。 #sumo via twicca 2015.11.22 17:17」。

 今場所は先場所休場した白鵬が連勝を重ね、日馬富士が1敗で追うという展開だった。白鵬は先場所負けた嘉風に対して立ち合い変化をしたり、栃煌山には猫だましを二回も行うなどして、北の湖理事長も苦言を呈することもあった。

 13日目、日馬富士との横綱対決も粘れずに負けると、何ということか、北の湖理事長の訃報が舞い込む。直腸がんによる多臓器不全だったらしい、せめて千秋楽まで見届けてあげさせたかった。

 14日目、大関照ノ富士戦。彼は先場所で膝を負傷して今場所も歩くのがやっとの状態だ。とても横綱に勝てるとは思えない。しかも内容は力相撲で、長い取り組みとなり、水入りか濃厚だった。長引けば、普通は怪我している方の部が悪い。ところが、アッサリと寄り切られてしまった。これで、白鵬が2敗となり、千秋楽で日馬富士が勝てば優勝だったのだが、まさか私の冗談が当たってしまうとは、拍子抜けもいいとこである。

 優勝争いも白けたが、カド番が定着してしまった感がある豪栄道は同郷の関脇栃煌山に首投げで勝ち、大関は維持した。これも何とも白ける。そして、またご当地力士である大関琴奨菊は勝ち越しを決めると怪我をして昨日から休場だ。今日の「これより三役」なんて、普段なら間違ってもあり得ない前頭6枚目の琴勇気が上がる。彼は悪くはないけれど、これも白ける。

 昨年から、大相撲人気が復活したが、その立役者であった照ノ富士は怪我で精彩を欠き、逸の城はかつての迫力もなく、人気の遠藤も怪我をしているらしく、全くと言っていいほど勝負にならなかった。良かったのは勢と嘉風ぐらいか。こんな取り組みばかりが続くと、その人気に陰りが出てくるのではないだろうか?来場所は良い取り組みが多いことを期待したい。

【追記】 昭和の大横綱と言われた大鵬の相撲を見たことのない私にとって、横綱・北の湖は憎たらしいほど強かったのを覚えている。少なくとも、彼が立ち合い変化などをやったのは見たことがない。本当に強かった。ご冥福をお祈りします。

 

« パリで起こった同時多発テロについて思うこと。 | トップページ | 井山棋聖が六冠に復帰して思うこと。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219908/62730175

この記事へのトラックバック一覧です: 平成27年 大相撲九州場所が終わって思うこと。:

« パリで起こった同時多発テロについて思うこと。 | トップページ | 井山棋聖が六冠に復帰して思うこと。 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ