« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »

2015年11月

2015年11月25日 (水)

井山棋聖が六冠に復帰して思うこと。

 

今日、天元戦第3局が行われ、井山棋聖が高尾天元を破り、3-0のストレートで天元位を獲得し、昨年12月以来の六冠に返り咲いた。公式戦24連勝、タイトル戦12連勝。公式戦の連勝記録はこれまで2位だった林海峰九段に並び、タイトル戦連勝記録は、坂田名誉本因坊に並んだ。そもそも六冠自体が凄いが、これに阿含桐山杯も獲得している。

 今局も、素人目には序盤から確実に1眼ある白と全く眼の無い黒との戦いだった。大石どうしの攻め合い。観戦しているほうにはたまらない展開だ。白は黒を攻めながら、もう1眼作れば勝てるような感じだ。

 

 しかし、素人には一見逃げているかのように思える黒が着々と白の大石を包囲する。ただ、どちらの大石も仕留めるには手数がかかりそうだ。食入るように見ていた。もう独り言連発だ。結局、井山棋聖の読みが上回り、白の大石が死んでしまった。あえなく高尾天元が投了した。

 私のような素人は、まず捨てられない危ない石は取敢えず生きることを優先してしまうが、プロの対局、しかもタイトル戦ともなれば、ただ単に生きるだけでは駄目なのだ。一手遅れれば、それで終わりの世界なのだ。

 それにしても、井山六冠の碁を見ていると、本当にマジックかと思ってしまう。戦いには滅法強いし、劣勢でもフリカワリやコウ争いに持ち込んで、ヨセで半目勝ってしまう。少なくとも日本人棋士が番碁で勝ち越せるのは難しい。

 それでも夢の七冠までの道のりは厳しい。新春からの棋聖戦で山下九段を破り、十段戦の予選を後2つ勝ち、挑戦者にならなければならない。昨年も十段戦の準々決勝で敗れて、2冠を落とした。昨年とは違い、日程的には楽にはなったが、囲碁界では前人未到の記録に挑んでいるのだから油断はできない。

 囲碁愛好家の私としては、囲碁界が多くのメディアから取り上げられるとすれば、井山棋聖の七冠制覇しかない。来年春、それが見られることを期待したい。

2015年11月22日 (日)

平成27年 大相撲九州場所が終わって思うこと。

 大相撲九州場所は横綱日馬富士が大関稀勢の里に負けたものの、千秋楽で横綱白鵬が横綱鶴竜に負けたため、辛くも優勝した。これより三役が始まる前、私は冗談半分でこんなツイートをしていた。

 「稀勢の里には期待してないが、仮に勝っても、鶴竜が白鵬に勝つというオチを考えてしまう。 #sumo via twicca 2015.11.22 17:17」。

 今場所は先場所休場した白鵬が連勝を重ね、日馬富士が1敗で追うという展開だった。白鵬は先場所負けた嘉風に対して立ち合い変化をしたり、栃煌山には猫だましを二回も行うなどして、北の湖理事長も苦言を呈することもあった。

 13日目、日馬富士との横綱対決も粘れずに負けると、何ということか、北の湖理事長の訃報が舞い込む。直腸がんによる多臓器不全だったらしい、せめて千秋楽まで見届けてあげさせたかった。

 14日目、大関照ノ富士戦。彼は先場所で膝を負傷して今場所も歩くのがやっとの状態だ。とても横綱に勝てるとは思えない。しかも内容は力相撲で、長い取り組みとなり、水入りか濃厚だった。長引けば、普通は怪我している方の部が悪い。ところが、アッサリと寄り切られてしまった。これで、白鵬が2敗となり、千秋楽で日馬富士が勝てば優勝だったのだが、まさか私の冗談が当たってしまうとは、拍子抜けもいいとこである。

 優勝争いも白けたが、カド番が定着してしまった感がある豪栄道は同郷の関脇栃煌山に首投げで勝ち、大関は維持した。これも何とも白ける。そして、またご当地力士である大関琴奨菊は勝ち越しを決めると怪我をして昨日から休場だ。今日の「これより三役」なんて、普段なら間違ってもあり得ない前頭6枚目の琴勇気が上がる。彼は悪くはないけれど、これも白ける。

 昨年から、大相撲人気が復活したが、その立役者であった照ノ富士は怪我で精彩を欠き、逸の城はかつての迫力もなく、人気の遠藤も怪我をしているらしく、全くと言っていいほど勝負にならなかった。良かったのは勢と嘉風ぐらいか。こんな取り組みばかりが続くと、その人気に陰りが出てくるのではないだろうか?来場所は良い取り組みが多いことを期待したい。

【追記】 昭和の大横綱と言われた大鵬の相撲を見たことのない私にとって、横綱・北の湖は憎たらしいほど強かったのを覚えている。少なくとも、彼が立ち合い変化などをやったのは見たことがない。本当に強かった。ご冥福をお祈りします。

 

2015年11月16日 (月)

パリで起こった同時多発テロについて思うこと。

 日本時間11月14日未明、フランスのパリで同時多発テロが起こり、数百名の死傷者を出した。そのうち亡くなったのは今現在129名となっている。世界中のメディアはこの事件で持ちきりのようだが、日本のテレビでは動きが遅かったようだ。批判の声も大きい。もっとも、日本の民放なんて、視聴率ありきだから、こんな遠方で起こった血生臭い事件を放送するより、旅やグルメの特集でも組んでいた方が数字になると思ったのだろう。ある意味、的確な判断だ。だけど、受信料を取っているNHKは、これほどの事件となればキッチリ伝えなければ、詐欺行為に等しい。

 このテロを行ったのはISISらしい。シリアへの空爆に対する報復ということだ。やられたら、やり返す。憎悪の連鎖だ。確かにパリで起こったテロは許されるべきではない。しかし、これ以上のことがシリア国内では毎日のように起こっている筈だ。伝えるメディアがないから、シリアの真実なんて全く分からない。いや、もうこの中東地域で行われている戦闘行為自体、第三者からみれば、何が正義で何が悪なのかも分からない。

 そもそもISISは誰が首謀者なのか?武器を提供している人は誰なのか?どういう資金源があるのか?911を起こしたアルカイダはビン・ラディンという人物がクローズアップされアメリカによって殺害され勢力は弱まった。しかし、ISISの場合は、バクダディという人物がトップらしいけれど、その存在すら不明だ。戦闘員も各国から来ているようだし、何人いるのかも分からない。何もかもが分からないことだらけだ。

 そして、今日もフランスがISISが首都というシリアのラッカに対して大規模な空爆を行った。今回の実行犯だって、シリア国内にはいなかったわけで、実態が掴めない相手に空爆したって、無意味のような気がする。ISIS殲滅というなら地上軍を投入するしかないが、戦場はここではない。絶望した人達が自分の命と引き換えに裕福と思われる人達を誰彼となく殺害していくのだから。

 悲しいかな、私には解決策なんて思い浮かばない。ただISISの資金源、武器供給先を絶つことが必要と思えることぐらい。仮にISISを殲滅することが出来ても火種は残る。今までとは形を変えた21世紀の戦争。果たして人類はどう対応するのだろう。そんな壮大な問題になってしまった。犠牲になられた方々のご冥福をお祈りします。

 

2015年11月14日 (土)

奥大井(大井川鐡道井川線・寸又峡)日帰り旅(最後)

 再び千頭駅に戻ったのが12時過ぎ。ちょうど新金谷駅から来た機関車が待っていた。

 Imgp1288b
 まだ時間があるので、当初予定していなかった寸又峡にも行くことにした。目的は「死ぬまでに渡りたい世界の吊り橋10」に入った「夢の吊り橋」だ。ただ本当は迷っていた。高齢の両親では車を停めてからこの吊り橋の所まで約25分歩くのは厳しいだろうし、この時期、吊り橋は一方通行で渡り切った後、300段以上の階段を上がり、上流の飛龍橋まで回ってこなければならない。

 まあ、電車に乗って気分も良くなったことだし、曇り空にはなってきたけれど雨が降りそうな気配はない。次回はないかもしれないのだ。橋の見える所までは行くしかない!

 千頭駅を出発し奥泉駅を過ぎたところから、道は狭くなり急カーブが連続する。待避所のある所でないと車のすれ違いは出来ない。しかも、バスも通る。ただ、20年ぐらい前に来た時よりは良くなっている感じだ。それでも狭いことは狭い。互いに譲り合いの精神が試される。

 無事、駐車場につき歩き始めると、周囲は見事な紅葉に彩られている。そして、両親は何とか吊り橋の見える所まで来られた。日頃、散歩をしていたことが奏功したのかもしれない。以下、写真添付。(終了)

 Imgp1291b
 Imgp1300b

 Imgp1308b

 Imgp1312b
  Imgp1320b











 

 

奥大井(大井川鐡道井川線・寸又峡)日帰り旅(その2)

 なんとっ!ついさっき放送されていたフジテレビ「もしもツアーズ」で昨日、我々が行ったのと同じコースを紹介していたorz。書き始めた以上、最後まで書こう(笑)

 アプトいちしろ駅で機関車を連結した後、1000分の90(1000mで90m上る)という勾配を上っていく。線路の真ん中に歯車が通る道が作られていて、それを噛みながら登って行くのだ。写真だと、あまり登っているようには見えないが、電車の中はかなり傾いている。

 Imgp1234b

Imgp1235b
 そして、長島ダムに到着。ここで機関車の役目は終わり、切り離されて下っていく。ただ、帰りの下りにはブレーキ代わりに再び連結される。

 Imgp1238b_2
 それから電車はダム湖に沿って進み、いくつかのトンネルを抜けるとレインボーブリッジを渡る。と、そこが秘境駅としても知られる奥大井湖上駅に着く。周りは素晴らしい眺め。

 Imgp1247b 

 奥大井湖上駅を過ぎると、橋を渡り、トンネルを抜け接岨峡温泉駅に到着する。ここで30分ほどすると、今乗ってきた電車が降り返して千頭駅行きになる。接阻峡駅周辺を歩くのならともかく、ただ待っているだけなら、奥大井湖上駅で降りて周囲を40分ぐらい散策した後、戻ってくる電車に乗った方が良かったような気がする。 (その2 終了)

 Imgp1251b














2015年11月13日 (金)

奥大井(大井川鐡道井川線・寸又峡)日帰り旅(その1)

 今日は高齢の両親を連れて奥大井に行った。目的は大井川鐡道井川線に乗って景色を堪能することだ。天気は微妙だったが、来週は東名の集中工事があるし、先行きの天気予報も芳しくないから、朝6時前に出発した。計算では休憩時間も含めて3時間半ぐらいかかるだろうと思っていたが、予想外に8時40分には千頭駅に着いた。車は隣接する道の駅に停めたから無料だ。Imgp1196b_4
 本来なら井川まで行けるのだが、土砂崩れで接岨峡温泉までしか行けない。下調べはしていたが、まだ始発9時12分には時間があるので駅員さんが懇切丁寧に説明してくれる。紅葉期間とはいえ平日なのでお客さんも30名ぐらいかなぁ。

 

 Imgp1203b
 車内はレトロ感覚一杯。私は特に鉄道ファンではないがテンションが上がる。何せ電車というものにさえ、この1年ぐらい乗っていない。そして、出発。駅員さんが手を振って見送ってくれる。車窓からは大井川の広い河川敷と紅葉に彩られた風景が次々と変わっていく。

 

 Imgp1210b 

 

 バス停のような駅舎、

 

 Imgp1211b
 そして、奥泉という駅では、こんな風にお客さんを見送ってくれる。帰路もそうだった。日常生活を忘れさせてくれる空間がここには間違いなく存在する。私の両親も、外の景色を見ながら、まるで子供のようにはしゃいでいる。

 

Imgp1219b 

 

 だんだん渓谷が深くなっていく。この橋も綺麗だ。車内では車掌さんがいろいろ説明してくれるから飽きない。
 

 

Imgp1221b
 そして、アプトいちしろ駅に着く。ここから1000分の90という日本最大の勾配を上るため、
ここで新たに機関車が連結される。(その1)終了。

 Imgp1232b






 

2015年11月 8日 (日)

日本のプロゴルフ界の行方が気になる

 数年前までは日曜日の午後にはゴルフ中継があったものだが、男子の試合はめっきり少なくなった。もっとも、今はネットで結果が分かってしまうから、夕方に録画中継しても興味半減だ。どういう経過で誰が勝ったかを確認する人は余程ゴルフ好きなのだろう。まして日本ツアーでありながら、おそらく今年は男子も女子も韓国人選手が賞金王になる。

 私の父や弟は呆れ返っているが、実力の世界だから仕方ない。そんなに日本人の優勝が見たいなら、外国人選手自体を出場させるなよって窘める。そう言いながら、私自身が一番落胆しているのかもしれない。

 日本人が勝てない、テレビの視聴率も悪いとなれば、どんどんスポンサーは撤退していくはずだ。簡単にスーパースターは生まれない。しかも、この国は少子化が進み、尚且つ、日本人をどんどん貧乏にしていく政策を続けている。お金がかかるゴルフというスポーツに子供を託せる人達が増えるとは思えない。

 悲しいかな、このまま無策だと、今の中高年ゴルフ人口が減少するにつれて、下火になっていくだろうし、貧乏政策とともに名門ゴルフ場といえども倒産の憂き目にあうような気がする。この問題でさえ、私の結論は新自由主義がいけないということになってしまう。もう、笑うしかない。

2015年11月 7日 (土)

BPO頑張れ!

 何だか最近、疲労感が強くてブログを書くのも週一回になってしまった。毎日、毎日、憤る事件が多いし、世相も明るく感じない。10月から仕事量は減っているけれど、午前中はとても辛い。その上、今日だけでなく来週も休日が潰れるのだ。

 昨今起こるいろいろな事件の背景を考えると、結局は新自由主義や帝国主義に繋がってしまう。結論が同じになってしまうから、書くのも馬鹿馬鹿しくなってくる。そんな中、昨日は少し希望が持てるニュースがあった。NHKのクローズアップ現代でのやらせ問題に関して、BPOが放送局に対する自民党の圧力を論じたのだ。

 その点について記者会見で官房長官に質問したかどうか分からないけれど、「批判は全く当たらない・・・」と紋切り型の口調で話して終わるに違いない。こともあろうか、自民党の連中の中にはBPOにすら介入しようとする発言がある。いい加減にしろ(怒)。今の日本で起こっていることは、将来きっと歴史が断罪するだろう。頑張れ、BPO!闘え、BPO!

« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ