« 平成27年 大相撲九州場所が終わって思うこと。 | トップページ | 早く立ち直らなければ… »

2015年11月25日 (水)

井山棋聖が六冠に復帰して思うこと。

 

今日、天元戦第3局が行われ、井山棋聖が高尾天元を破り、3-0のストレートで天元位を獲得し、昨年12月以来の六冠に返り咲いた。公式戦24連勝、タイトル戦12連勝。公式戦の連勝記録はこれまで2位だった林海峰九段に並び、タイトル戦連勝記録は、坂田名誉本因坊に並んだ。そもそも六冠自体が凄いが、これに阿含桐山杯も獲得している。

 今局も、素人目には序盤から確実に1眼ある白と全く眼の無い黒との戦いだった。大石どうしの攻め合い。観戦しているほうにはたまらない展開だ。白は黒を攻めながら、もう1眼作れば勝てるような感じだ。

 

 しかし、素人には一見逃げているかのように思える黒が着々と白の大石を包囲する。ただ、どちらの大石も仕留めるには手数がかかりそうだ。食入るように見ていた。もう独り言連発だ。結局、井山棋聖の読みが上回り、白の大石が死んでしまった。あえなく高尾天元が投了した。

 私のような素人は、まず捨てられない危ない石は取敢えず生きることを優先してしまうが、プロの対局、しかもタイトル戦ともなれば、ただ単に生きるだけでは駄目なのだ。一手遅れれば、それで終わりの世界なのだ。

 それにしても、井山六冠の碁を見ていると、本当にマジックかと思ってしまう。戦いには滅法強いし、劣勢でもフリカワリやコウ争いに持ち込んで、ヨセで半目勝ってしまう。少なくとも日本人棋士が番碁で勝ち越せるのは難しい。

 それでも夢の七冠までの道のりは厳しい。新春からの棋聖戦で山下九段を破り、十段戦の予選を後2つ勝ち、挑戦者にならなければならない。昨年も十段戦の準々決勝で敗れて、2冠を落とした。昨年とは違い、日程的には楽にはなったが、囲碁界では前人未到の記録に挑んでいるのだから油断はできない。

 囲碁愛好家の私としては、囲碁界が多くのメディアから取り上げられるとすれば、井山棋聖の七冠制覇しかない。来年春、それが見られることを期待したい。

« 平成27年 大相撲九州場所が終わって思うこと。 | トップページ | 早く立ち直らなければ… »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219908/62749642

この記事へのトラックバック一覧です: 井山棋聖が六冠に復帰して思うこと。:

« 平成27年 大相撲九州場所が終わって思うこと。 | トップページ | 早く立ち直らなければ… »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ