« 初日の出に新年の祈りを込めた。 | トップページ | 【短文】サウジアラビアがイランと断交したことについて »

2016年1月 2日 (土)

久しぶりに箱根駅伝をTV鑑賞して、思うこと。

 新年2日目。曜日の関係で今日も休むことが出来て、2012年以来、箱根駅伝往路を観られた。昨年、鮮烈な5区デビューを果たした神野君が今期2度も疲労骨折したから、ひょっとすると、危ないのかと思ったが、それは杞憂に終わった。レースは1区を制した青山学院大学が、その後、一度もトップを譲ることなく完全優勝した。素晴らしい。

 もっとも、箱根駅伝は当初の目的であった世界に通用する選手を輩出するということとは遠ざかっている。標高差860mもある5区、6区での比重が大きすぎる。観ている方としては、この区間で順位が目まぐるしく変わるから面白いが、五輪では山登りや山下りの体力・技術を要求されることは無いのだから、「世界」という言葉は止めて欲しい。「世界に通用する選手育成」なら、外国人を1人に限定する必要はない。批判を恐れずに言えば、日本独自の興行的なレースだ。

 多くの人はそれを分かっているはずだ。だけど、日本テレビが完全中継して以来、年末年始で30%近い視聴率を取った。スポンサーも多い。各大学も少子化が進む中で多大な宣伝効果を得られる。出場した選手達は実業団に行けなくても、それなりの就職先を見つけられる。もう、WIN‐WIN以上の関係が出来てしまっている。そのこと自体は批判しない。ただ、綺麗ごとを言って欲しくないだけ。

 一人が20㎞強走る駅伝で、気温も高めだから何が起こるか分からないけれど、2位と3分以上の差があるのだから、選手達は無理をする必要がない。復路も青山学院が勝って総合優勝するだろう。残す興味はシード権争いとなった。選手達には後悔しない走りを目指してもらいたいと願うばかりだ。

 

« 初日の出に新年の祈りを込めた。 | トップページ | 【短文】サウジアラビアがイランと断交したことについて »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219908/62990622

この記事へのトラックバック一覧です: 久しぶりに箱根駅伝をTV鑑賞して、思うこと。:

« 初日の出に新年の祈りを込めた。 | トップページ | 【短文】サウジアラビアがイランと断交したことについて »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ