« 清原逮捕報道について思うこと | トップページ | 高市大臣の脅しに屈して政権批判できないメディアはいらない(怒)。 »

2016年2月 8日 (月)

北朝鮮の(事実上の)ミサイル発射実験について思うこと

 昨日、北朝鮮が人工衛星という名目で弾道ミサイルの発射実験を行ったようだ。ただどこにも落ちずに、地球の軌道上に何らかの物体が2個投入されたという。これがロケットなのか?ミサイルなのか?技術的には一緒だから個人的には断定できない。ただ、いずれにしろ国連安保理違反なことは確かで、先月の核実験といい由々しき事態であることに間違いはない。

 しかし今回の実験を受けて日本政府並びにメディアが「北朝鮮けしからん!」と声高に唱えるのは違和感がある。なぜなら、今回発射されたミサイルはアメリカ本土を標的にしたものであって、日本や韓国といった周辺国向けではない。(もちろん、失敗して落下することもあるから警戒するなとは言わない。)

 日本向けには既に多数のミサイルが配備されているというのは周知の事実だ。それがどこを狙っているのかさえ分からない。東京かもしれないし、原発かもしれない。全てのメディアに触れた訳ではないので断定はできないが、こうした危惧を伝えているところはない。やはり、都合が悪いのだろう。

 最貧国と言われる北朝鮮の核実験やミサイル実験を可能にさせているのは中国とロシアが強硬な態度に出ないからなのは間違いない。その気になれば、いつでも潰せる。ただ、シリア難民問題をみれば分かる通り、北朝鮮を崩壊させたら、多くの難民は中国やロシアに流れることを考えると、生かさぬように殺さぬように、という戦略を取らざる負えないのだろう。厄介な国だ。

 誰がどう考えたって、北朝鮮が他国に対して全面戦争を仕掛けられるはずがない。彼らにあるのは金王朝の存続のみだ。だから、アメリカを挑発している。まあ、しばらくは資金絞らせることと、核兵器やミサイル開発に繋がる貿易に目を光らせるしかないだろう。邪推すれば、北朝鮮からの危機を煽れば、安保法制の正当性を訴えることが出来るから、現政権にとっても好都合だ。本当に嫌な世の中だ。

« 清原逮捕報道について思うこと | トップページ | 高市大臣の脅しに屈して政権批判できないメディアはいらない(怒)。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219908/63183332

この記事へのトラックバック一覧です: 北朝鮮の(事実上の)ミサイル発射実験について思うこと:

« 清原逮捕報道について思うこと | トップページ | 高市大臣の脅しに屈して政権批判できないメディアはいらない(怒)。 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ