« 平成28年大相撲春場所、白けた千秋楽でガッカリ。 | トップページ | シャープが台湾のホンハイに買収されたことについて思うこと »

2016年3月31日 (木)

女子中学生誘拐監禁事件について思うこと。

 今日、2年間に渡り女子中学生を誘拐・監禁したとして23歳の男が逮捕された。もっとも、被害少女は先週の土曜日に自力で脱出し、加害者の男も翌日には確保されていたのだが、自殺未遂を図って怪我をしていたから、今日の逮捕に至ったのだった。

 この2年間、どういうことがあったのか?何故、逃げられなかったのか?警察は見つけられなかったのか?様々なことが思い浮かぶ。ただ、逃げられなかったのは、ストックホルム症候群(ウィキペディア⇒精神医学用語の一つで、誘拐事件や監禁事件などの犯罪被害者が、犯人と長時間過ごすことで、犯人に対して過度の同情好意等を抱くことをいう。)からなのだろう。

 私が危惧するのは、被害少女がこれからどうやって実社会での日常生活を取り戻していくかということだ。テレビやネットは観ていたようだから、世間で起こっていること等は知っていると思う。ただ、失われた中学の2年間は戻ってこない。今日、卒業証書が贈られたそうだが、いきなり高校に行ける学力はあるのだろうか?

 両親を初めとする熱心な捜索活動もあって、名前は顔写真等はネットに溢れている。実社会に戻れば、間違いなく好奇の目に晒される。同級生だって、まさに腫れ物に触るようにどう接していいのだか分からないはずだ。人のうわさも七十五日とは言うけれど、このプレッシャーに耐えていけるのか?こういう被害者に国は専門家のような人をつけてくれるのか?私が親ならば、どこか遠くに引っ越し、尚且つ、名前を変えて生活する道を選ぶ。

 十数年前、柏崎で9年数か月、誘拐・監禁された少女が解放された。彼女も既に30を超えている。果たして、今どうしているのかは窺い知る余地もないけれど、想像を絶する苦難にあっていると思う。

 これから加害者へはおそらく直接取材されることはない。次々と事件が起こる中で公判が終わる頃には世間は忘却してしまう。ただ救出された被害少女への取材活動は続きそうな気がする。被害者が世間の目を気にして生きなければいけないのか?加害者の罪深さは計り知れない。

 

 

« 平成28年大相撲春場所、白けた千秋楽でガッカリ。 | トップページ | シャープが台湾のホンハイに買収されたことについて思うこと »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219908/63421555

この記事へのトラックバック一覧です: 女子中学生誘拐監禁事件について思うこと。:

« 平成28年大相撲春場所、白けた千秋楽でガッカリ。 | トップページ | シャープが台湾のホンハイに買収されたことについて思うこと »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ