« 東日本大震災から5年が過ぎて思うこと。 | トップページ | 荒井由実「卒業写真」、今さらながら歌詞の意味が分かった。 »

2016年3月15日 (火)

【素人目線】アルファ碁vs李セドル九段を総括してみた。

 3月9日から始まったGoogle傘下のディープマインド社が開発した「アルファ碁」と韓国の李セドル九段との5番勝負は、4勝1敗で「アルファ碁」の勝利となった。今日の最終局はセドル九段の先番(黒)で始まった。右辺でミスをしたと思われる白番の「アルファ碁」が劣勢に立たされた感じだが、大模様を張っていた分、形勢では有利と見ていたのか?打ち切れば2目半~4目半程度白の優位とみて、セドル九段は投了した。

 

 素人ながら、ソフト打ちが主体の私からみると、「アルファ碁」はモンテカルロ法を用いた囲碁ソフトと似たような打ち方に見える。おおまかに見ると、次の三点か?1.中央志向、2.複雑な戦い(コウを含む)は避ける、3.とにかく先手にこだわる。

 

 1つ目の中央志向は囲碁ソフトを数十局やれば誰にでも分かる。相手を隅に追いやって中央に大模様を築き、それを地にしようとする。それで地にされてしまえばお終い。全5局をみてもアルファ碁は中央志向だった。セドル九段が勝った4局目は上辺から中央にかけての模様を粉砕出来たことが功を奏したように思える。

 

 2つ目のコウ争いを含む複雑な戦いは避けるというのは、形勢判断がしっかりしているから、無理には戦いに応じなくても勝てると踏んでいることだ。3局目で素人には複雑に思えたコウ争いでさえ、早々に切り上げた。もちろん、コウ立てまで計算していたのかもしれないけど、案外、攻め合いは苦手なのかもしれない。

 

 3つ目の、先手にこだわる、だけど、これは私が日頃対局しているソフトから感じていたことだが、何が何でも相手に受けさせる手を目指しているように思えるからだ。時間繋ぎでもないのにタケフに割り込んでくることもしばしばある。4局目、敗勢が必至の局面においても、そんな所に打てば損しているにも拘らず、平気で打ってきた。そういう所がなくなればお終い。その点では人が行う対局とはまるで違う。絶対に負けられないという想像以上のプレッシャーがセドル九段を狂わせたのかもしれない。

 

 この5番勝負でトッププロに圧勝したディープマインド社が、このまま囲碁ソフトの開発を続けるかどうかは分からない。ただ、今日の最終局をみても、「アルファ碁」は解説の王メイエン九段が瞬時に読める石塔シボリすら分かっていない。AI囲碁の棋風を研究していけば、まだ、完全敗北と白旗を上げるのは早いような気がする。個人的には、現在、世界一の中国・柯潔九段との対局をやって欲しい。

 

 この世紀の対決で日本でも「囲碁」の奥深さをメディアが大々的に取り上げた。ルールの知らない人でさえ生中継を観ている。囲碁愛好家の私としては、この機会に囲碁をやろうという人が増えて欲しいと思う。

« 東日本大震災から5年が過ぎて思うこと。 | トップページ | 荒井由実「卒業写真」、今さらながら歌詞の意味が分かった。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219908/63350665

この記事へのトラックバック一覧です: 【素人目線】アルファ碁vs李セドル九段を総括してみた。:

« 東日本大震災から5年が過ぎて思うこと。 | トップページ | 荒井由実「卒業写真」、今さらながら歌詞の意味が分かった。 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ