« ”下衆の極み”はマスコミ。 | トップページ | 囲碁の不思議(その1)…何故、江戸時代に? »

2016年6月15日 (水)

舛添都知事の辞職について思うこと

 週刊文春が火をつけた政治資金私的流用疑惑で舛添都知事は今日、都議会に辞職願を提出した。まるでリンチのように四方八方から攻められたら逃げられない。よくここまで持ったけど、出来れば、不信任案を可決させた上で議会を解散して欲しかった。

 確かに明るみにされた事案は最低で擁護は出来ない。でも、ここ数日のメディアの叩き方には寒気を覚える。こいつは叩ける、数字が取れると思ったら容赦しない。同じレベルで舛添氏を推薦した自公に対しては何ら批判しない。それでいて、次の都知事は誰?だと煽る。

 この間、甘利元TPP担当大臣の賄賂疑惑、五輪賄賂疑惑、パナマ文書で明るみにされたタックスヘイブン問題、○○首相の嘘など、政権与党に対する問題は殆ど封じられたままだ。経歴詐称疑惑のある高市総務相が「停波発言」をしてから、完全に現政権の犬状態のTV各局の情けなさったらありゃしない。もっとも、そのTVの情報を信じてしまう人達も悪い。

 おそらく次期都知事も、B層をどうコントロールするか?自民党と一蓮托生の電通が既に筋書は考えていて、盛んアドバルーンを上げている。投票日は7月末から8月初旬だから猛暑に加え、ひょっとしたら台風が来るかもしれない。まして、2期続けて金の問題で都知事が辞めているから、都政への関心だって薄れる。投票率が悪いのは目に見えている。結局、組織票強い自公推薦の候補が勝つという流れだ。果たして、私の下衆な予感は当たるのか?都民でない私は勝手に想像してみた。

« ”下衆の極み”はマスコミ。 | トップページ | 囲碁の不思議(その1)…何故、江戸時代に? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219908/63783271

この記事へのトラックバック一覧です: 舛添都知事の辞職について思うこと:

« ”下衆の極み”はマスコミ。 | トップページ | 囲碁の不思議(その1)…何故、江戸時代に? »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ