« 稀勢の里が正真正銘の横綱になるにはどうしたら良いんだろう? | トップページ | 【素人目線】第41期碁聖戦第3局を見て思うこと »

2016年7月26日 (火)

相模原市緑区の知的障害者施設で起こった大量殺人事件について思うこと

 

今日未明、相模原市緑区の知的障害者施設「やまゆり園」に男が侵入し、死者19名、重軽傷者26名にのぼる大量殺人事件が起こった。早々に自首した容疑者は2月までここで働いていた元職員26歳の男だった。。

 報道によれば、この男は2月中旬、衆院議長公邸に障害者を殺害する旨の文書を届けたが、その異様な内容から措置入院を余儀なくされ、大麻反応も出たものの、2週間後には退院している。その4か月後の犯行だった。
 ここまでのことをするには、容疑者に相当強烈な犯行動機があったのだろうが、精神鑑定を行っても解明できるかどうか分からない。それに基づいて対策を練ったところで防ぎようがない。そもそも、こういう知的障害者施設を襲う理由が思い浮かばないのだから。
 容疑者も今年2月に(一応)自己理由で退職しているが、もし、そのことに恨みを持っているなら、理事長なり園長なりが標的になるはずだ。でも、今の情報としては、”知的障害者は生きている意味がない”という動機らしい。今回は容疑者を措置入院までさせておきながら、結果的には野放しになってしまった。
 
 私が危惧するのは、こういう事件を利用して、権力側が一般市民への監視を強化しないかということだ。それと同時に刃物だけでも条件が整えば50人近くの人を殺傷出来るということを世界中に知らしめてしまったことだ。ただ、何の罪もない人がこのような犯罪に巻き込まれるのも耐えられないから、難しい問題だ。
 亡くなられた方々のご冥福をお祈りするとともに、負傷されている方々の早期恢復を願う。
 

« 稀勢の里が正真正銘の横綱になるにはどうしたら良いんだろう? | トップページ | 【素人目線】第41期碁聖戦第3局を見て思うこと »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219908/63970687

この記事へのトラックバック一覧です: 相模原市緑区の知的障害者施設で起こった大量殺人事件について思うこと:

« 稀勢の里が正真正銘の横綱になるにはどうしたら良いんだろう? | トップページ | 【素人目線】第41期碁聖戦第3局を見て思うこと »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ