« 参院選が終わって思うこと | トップページ | 非選挙民からみた都知事選雑感。 »

2016年7月15日 (金)

何となく違和感を覚える「天皇陛下生前退位」報道と私の邪推

 一昨日の夜、NHKが「天皇陛下生前退位の意向」というスクープを流した。それに続いて、他の大手メディアも追随した。しかし、その後、宮内庁長官や次官が否定した。マスコミは情報源を明かす筈はないけど、確か政府関係者の話ということだった。政府関係者と宮内庁が対立していることになる。

 伝えられる情報は「1年前から考えていた」、「既に政府内部で皇室典範改正チームが立ち上がっている」等々かなり具体的だ。今日も宮内庁自体は何の発表もないのに、「近日中に陛下から談話」などという情報もある。加えて、麻生副総理が「摂政を置くことも考えた」と語っているらしい。

 この矛盾に対して、殆どのメディアは指摘しないが、今朝の文化放送くにまるジャパンで作家の佐藤優氏が興味深い話をしていた。氏の推測だと、生前退位を進めたい方が、世論の反応をみること、そして、それを背景に一気に実現の方向に向かわせようとしているのではないかということだった。しかし、こうした国家の根本に関わることが、宮内庁からの発表ではなく、リークという形で流れたことは民主主義の根幹を揺るがしかねないと。なるほど、官僚組織の裏表を知り尽くしている佐藤氏らしい分析だ。

 そんなことは何にも知らない私は2日間ネット等の情報で邪推してみた。参院選で改憲勢力が2/3を超えたことにより、一気に憲法改正への道が開かれた。内容は自民党改憲草案がベースだという。まだ詳しく勉強していないけれど、天皇を国家元首にしたり、国防軍の創設、基本的人権の制限、総理の独裁を可能とする緊急事態条項の設置と、平和主義、立憲主義を逸脱したものだ。当然、陛下もご存じだろう。現政権になってのお言葉には今までにはなかったくらい平和憲法の尊重が入っている。戦前回帰の危機を覚えているのかもしれない。

 そういう状況下で、「生前退位」ということが出れば、皇室典範改正や関連法案の改正などで、改憲議論は当分遅れる。少なくとも○○の任期中の改憲は防げる。そんな思いがあったのではないか?現実問題、この二日間、改憲どころの騒ぎでは無くなっている。とにかく自民党改憲草案の実現だけは許せない私にとって、少し希望の光が見えてきたような気がする。

« 参院選が終わって思うこと | トップページ | 非選挙民からみた都知事選雑感。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219908/63919696

この記事へのトラックバック一覧です: 何となく違和感を覚える「天皇陛下生前退位」報道と私の邪推:

« 参院選が終わって思うこと | トップページ | 非選挙民からみた都知事選雑感。 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ