« 大相撲秋場所が終わって思うこと | トップページ | 虚しい気持ちから抜け出せない。 »

2016年9月27日 (火)

第18回農心辛ラーメン杯、開幕戦で一力七段が韓国の李セドル九段に勝った~♪

 今日から囲碁国際団体戦、第18回農心辛ラーメン杯が始まった。開幕戦は日本の一力七段と、韓国の李セドル九段だ。レーティングを見るまでもなくセドル九段のほうが格上であることは間違いない。今現在の力量を問われれば、相撲で言えば、セドル九段は横綱に近い大関クラス、一力七段は前頭10枚目クラス(申し訳ない)。

 序盤から中盤にかけては白番の一力七段の方が優勢だったように思えるが、百戦錬磨のセドル九段は素人なら泣きが入るような勝負手の猛攻が続く。現地にいる張八段や日本のプロ棋士のツイートも一喜一憂する。結局は半目勝負のようだ。素人には棋譜を見ても、どちらが有利なのか全く分からない。何せ、石一個分の差なのだ。
 この3年ぐらい、国際戦を観ていると、日本人棋士は中韓の棋士に対して、中盤ぐらいまでは優勢であっても、終盤に入ると逆転されてしまうケースが多かった。そんな印象があるから、今局も諦めかけていたけれど、何と、一力七段の半目勝ちとなった。少なくとも私の知っている範囲で、韓国のセドル九段に勝った日本人棋士はここ数年いない。
 囲碁愛好家の私としては歓喜乱舞だ。おそらく囲碁ファンの多くもそうだろう。ただ、世間的にどうかといえば、明日の朝刊の片隅に載れば良いほうで、決して大きな話題になることは無い。それが悲しい。
 囲碁を知っている人なら手に汗握る展開も、野球やサッカーとは異なり、自分自身がプレーしなくても観られる競技ではないから仕方ない。囲碁界は、この辺りの層をターゲットにした戦略も考えた方が良いのではないか?
 一力七段、明日の対戦も元世界一の中国棋士だ。厳しい戦いになるとは思うが、頑張って欲しい。
 
 

« 大相撲秋場所が終わって思うこと | トップページ | 虚しい気持ちから抜け出せない。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219908/64266500

この記事へのトラックバック一覧です: 第18回農心辛ラーメン杯、開幕戦で一力七段が韓国の李セドル九段に勝った~♪:

« 大相撲秋場所が終わって思うこと | トップページ | 虚しい気持ちから抜け出せない。 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ