« 築地市場の豊洲移転は延期されたけど…。 | トップページ | もう少しの辛抱。 »

2016年9月10日 (土)

次々と発覚する豊洲市場のデタラメ。

 

今日の午後5時、小池都知事が緊急記者会見を開き、豊洲市場の主要施設の地下では土壌汚染改良の為の盛り土が行われていない可能性がある、と公表した。

 豊洲市場は東京ガスの跡地ということもあり、深刻な土壌汚染が懸念されていた。ところが2m削って、4.5m盛り土をした上に施設を建てるから安全性は担保されると都は説明していたのだ。それなのに出来上がってみれば、地下は空洞だという。もちろん、最下層のコンクリートの下が盛り土されているなら問題はないけれど、そうではないようだ。
 土壌改良工事に850億円もかけたようだが、どこへ消えてしまったのか?こんな状況でも安心・安全と言えるのか?マスコミで豊洲延期を批判していた識者の皆さんはどう落とし前をつけるのか?

 それにしても、かつて日本の建設業は世界一だなんて言われていた。しかし、耐震偽装やら杭打ち不足でマンションが傾くやら、今回の豊洲と、先人が築きあげてきた信頼を裏切ることばかり。誰がどう責任を取るんだ。

 果たして、どういう結末を迎えるか?都民ではない私だが、その推移を見守りたい。

« 築地市場の豊洲移転は延期されたけど…。 | トップページ | もう少しの辛抱。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219908/64184856

この記事へのトラックバック一覧です: 次々と発覚する豊洲市場のデタラメ。:

« 築地市場の豊洲移転は延期されたけど…。 | トップページ | もう少しの辛抱。 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ