« 女優・高畑淳子謝罪会見・・・どこまでが親の責任か? | トップページ | 次々と発覚する豊洲市場のデタラメ。 »

2016年9月 1日 (木)

築地市場の豊洲移転は延期されたけど…。

 

昨日、小池都知事が築地市場の豊洲移転について、11月7日からの延期を公表した。これは都知事選での公約だから就任早々破るわけにはいかない。当然の表明だ。それと同時にメデャアは1日700万円かかる維持費や損害を受ける業者の発言を大々的に取り上げる。そして、小池都知事vs自民党都連の争いを演出する。観ているだけなら面白いから視聴率も上がるのだろう。

 豊洲市場の土壌汚染問題については、IWJで5年も前から取り上げていたから知っていたが、移転経費が1,500億円増加されたことや、市場機能が満たされないことは知らなかった。お金のことは、裕福な都民の方々が工面してくれるから良い(冗談)として、市場機能(使い勝手)については致命的ともいえる。建築エコノミストの森山氏のブログを読めば一目瞭然で、これを解消しないことには市場機能は麻痺する。きっと責任者出てこい!になるけれど責任者は誰だか分からない。
 なるほど、豊洲市場の様々な画像を見ると、大規模物流倉庫を参考にしたのかと思える。だけど、行く先が既に決まっていて分配するだけならともかく、セリで値段を決めて振り分けていく作業が入ると氏のブログで書かれている通り、大混乱する。ネット上では仲卸なんかいらない?等、中間問屋の存在を軽視する声がある。しかし、魚介類を扱う専門問屋の機能は一般的に言われる問屋機能である「取引総数最小化理論」や「不確実性プールの原理」よりも、「目利き」の価値の方が大きい。東京の食文化が世界一と言われるのは、料理人もさることながら、彼らを満足させる食材があってこそのはずだ。
 確かに築地市場の老朽化は放って置けない。喫緊の問題であることには間違いない。だけど、今の豊洲市場に移したら大混乱を来すのは目に見えている。延期・移転反対業者の人達は真っ当だ。せっかく延期にしてくれたのだから、「使い勝手」の問題について、しっかり話し合いをして解決するべきだろう。

« 女優・高畑淳子謝罪会見・・・どこまでが親の責任か? | トップページ | 次々と発覚する豊洲市場のデタラメ。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219908/64141802

この記事へのトラックバック一覧です: 築地市場の豊洲移転は延期されたけど…。:

« 女優・高畑淳子謝罪会見・・・どこまでが親の責任か? | トップページ | 次々と発覚する豊洲市場のデタラメ。 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ