« 下流社会の私には東京五輪なんて百害あって一利なしw。 | トップページ | APAホテル問題について思うこと。 »

2017年1月16日 (月)

豊洲市場、本当に「安全宣言」出来るのかなぁ?

  一昨日、豊洲市場の土壌の安全性を確かめるために設置された専門家会議で9回目の地下水調査結果が公表された。何と、調査地点の3分の1でベンゼンは基準値の79倍、出てはいけないシアンまで検出されてしまった。

  1回目から7回目までは不検出だったのに、小池都知事になってから8回目は僅かに基準値を超えた程度で、本来最終発表となるはずだった9回目で、専門家が驚くような数値が出たのだ。
 
  するとどうだろう、この値は「暫定値」だとか、「地下水だから問題ない」という言葉が飛び出る。外野の識者と呼ばれる方々は「基準値が高すぎる」とか「築地の方がもっと危ない」という声が上がる。結果が出てから言うなと言いたい。
  一部のマスコミも「これで移転時期がさらに遅れる」などと言う。遅れるのは「移転時期の判断」だろうが。前者の良い方だと初めから移転ありきではないか?

  私は自ら自民党を離党しない小池氏を支持していないが、いくらなんでもこの状況で「安全宣言」は出せないだろう。あれだけ「都民ファースト」「食の安全」と言ったのだから、その落とし前はつけるべきだ。

追記:【ここからは妄想と邪推】

なぜ9回目で今までとは違う数値が出たのか?

考えられることは次の3つ。

1.検査会社のデータねつ造
2.サンプルのすり替え
3.地下水管理システムの稼働によって変化した

1の検査会社のねつ造は考えにくい。なぜなら、もし不正が発覚すれば、その会社自体、潰れてしまう。いくらなんでもそんなリスクは負えない。

となると、2か3だが、地下水管理システムが稼働したのは10月に入ってから。サンプル採水が11月中に行われたとして、そんな短期間にこれだけの数値が出てしまうのか?は疑問だ。

あり得るとすれば、2のサンプルのすり替え。皆が口裏を合わせれば簡単に出来るからだ。8回目までの検査を行った会社には旧都職員が天下っているという噂もある。でも疑わしきは罰せずなので、当事者の証言出もない限り立証はできない。

いずれにせよ、東京ガスの工場の跡地に建設したことが諸悪の根源ということには違いない。
 
 

« 下流社会の私には東京五輪なんて百害あって一利なしw。 | トップページ | APAホテル問題について思うこと。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219908/64771900

この記事へのトラックバック一覧です: 豊洲市場、本当に「安全宣言」出来るのかなぁ?:

« 下流社会の私には東京五輪なんて百害あって一利なしw。 | トップページ | APAホテル問題について思うこと。 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ