« ブログ再開。うつ病ではなかったけれど…。 | トップページ | アメリカのシリア攻撃で一番影響を受けたのは日本なのかもしれない。 »

2017年4月30日 (日)

戦前に回帰して良いのか?

 今、まさに戦前回帰まっしぐらな感じがする。森友学園問題で注目を浴びた「教育勅語」は軍国主義を培ってきたとして、戦後すぐに使わないようになったはずだが、学校で”教材”として認められるなんていうことが閣議決定された。


 来年から評価が始まる「道徳」の教科書では、物語中に出てくる「パン屋」は愛国心にそぐわないとして、出版社が「和菓子屋」に変更した。メチャクチャな話だ。また、「銃剣道」を教えることも可能になった。戦前行われていた竹槍訓練を想像させる。

 その他にも、ナチスのヒトラーが書いた「我が闘争」も教材として使えるようになった。もしドイツでこんなことをしたら捕まるだろう。北朝鮮のミサイルが発射されると「Jアラート」が携帯電話に流される。現代版の「空襲警報」だ。

 3年前、特定秘密保護法なんていうものが出来ていて、メディアが突っ込んだ取材は出来なくなった。また、これまで現行憲法下においては集団的自衛権が認められなかったのに、都合の良いように解釈を変えアメリカ等のためなら戦争可能な安保法制を強行して作ってしまった。

 そして、今、「組織犯罪処罰法改正案」いわゆる「共謀罪」の審議が前代未聞の形で行われている。なにせ担当大臣が殆ど答弁できない。最悪なのはNHKを始めとする大手メディアがこの法案を「テロ等準備罪」なんて表現していることだ。条文には一切そんな言葉は無い。

 多くの国民は条文の中身まで読む人なんていないだろう。世界中でテロが頻発していれば、この表題をみるだけで、悪い印象は持たない。

 ところがこれはかつての「治安維持法」を彷彿させるものであって運用次第では大変なことになる。政府側は「一般人」には関係ないなんて言ってきたが、ここへきて法務副大臣は「疑義をもたれた人は一般人ではない」と答弁した。
これは権力側にとって都合の悪い奴は、犯罪行為がなくても誰かに相談、もしくはSNS等で表現しただけでも投獄されるということになる。

 たぶん、こんなことを書けば、お前はどうかしてるって馬鹿にされるかもしれないけど、歴史を振り返ってみれば、同じようなことが同じようなやり方で行われていたのは事実だ。権力を握った連中の常とう手段である以上、ささやかながら、今のうちに自分の意見を書いておきたい。共謀罪には断固反対だと。






 

« ブログ再開。うつ病ではなかったけれど…。 | トップページ | アメリカのシリア攻撃で一番影響を受けたのは日本なのかもしれない。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219908/65217934

この記事へのトラックバック一覧です: 戦前に回帰して良いのか?:

« ブログ再開。うつ病ではなかったけれど…。 | トップページ | アメリカのシリア攻撃で一番影響を受けたのは日本なのかもしれない。 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ