« 前川・前文科相事務次官の記者会見について思うこと | トップページ | 「止まった時計」(松本麗華著/講談社)を読んで思うこと »

2017年5月31日 (水)

本当にこの国って民度が高いのか?

一昨日、フリージャーナリストの詩織さんが、2年前、元TBSワシントン支局長だった山口敬之氏からレイプされ、逮捕状まで出ていながら何故か逮捕は見送られ、書類送検の後、不起訴処分になったことは納得できないとして検察審査会に訴えた。

 レイプ被害者は警察に届けることすら躊躇するというのに、顔出しで記者会見するのには、どんなに勇気のいることだろう。しかも山口氏は森友学園問題が佳境に入った3月中旬から各テレビ局で安倍擁護の論陣をはってきた人間で、この問題が週刊新潮に取り上げられてからは姿を消している。そのくせ、フェイスブックでしっかり反論するのだ。

 現段階で彼が犯罪者だとは言わない。しかし、彼が詩織さんに送ったメールには性行為があったことは認めている。意図的かどうかに関わらず、酔い潰れた自分の娘ほどの女性に、妻子ある人がこういうことをしても良いのか?この勝ち誇ったようなメールを読めば、最低な人間だということが良く分かる。

 そして、この問題で何よりガッカリしているのはメディアの取り上げ方とネット上の対応だ。これだけ勇気ある告白もTV局で取り上げたのは日テレとテレ朝ぐらい。新聞だって全ては取り上げていない。彼のバックに安倍がいるから忖度しているかのようだ。ネット上はもっと酷い。恐ろしいくらいの罵詈雑言が飛び交っている。

 本当にこの国って民度が高いのか?。もっとも、そういうことを書きこんでいる奴らは狂信的な安倍信者の匿名連中だと思おう。とにかく、狂ってる。

« 前川・前文科相事務次官の記者会見について思うこと | トップページ | 「止まった時計」(松本麗華著/講談社)を読んで思うこと »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219908/65352958

この記事へのトラックバック一覧です: 本当にこの国って民度が高いのか?:

« 前川・前文科相事務次官の記者会見について思うこと | トップページ | 「止まった時計」(松本麗華著/講談社)を読んで思うこと »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ