« 2017年5月 | トップページ | 2017年7月 »

2017年6月

2017年6月15日 (木)

今朝、「共謀罪」が成立してしまった(怒)

 今朝、改正組織犯罪処罰法が成立してしまった。NHKを始めとする記者クラブメディアの多くは「テロ等準備罪」などというが、条文の中に「テロ」の定義すらない。表題だけ見て騙された人も多いことだろう。

 個人的には「平成の治安維持法」だと思っている。一般人と組織犯罪集団との明確な区別もなく、該当する罪状は277もある。権力側が怪しいと思ったら、誰でも捕まえられる。その前に誰が怪しいかどうか分からないから盗聴も自由に行われる。最低最悪の法案だ。

 もっとも、この法案が上程された時、数の力をもってすれば通ってしまう可能性は高かった。しかし、森友学園問題や加計学園問題で政府の答弁が窮して行く中で、都議選に近いこともあり、ひょっとしたら廃案になる可能性もあった。


 ところがこれ以上、国会審議を引き延ばして森友・加計問題を追及されたくない安倍は、法務委員会の採決すら行わず、中間報告という形を取って参院本会議で採決するという愚行を行った。これでは委員会の意味がないし、官邸が決めれば国会など無意味ということになってしまう。独裁国家であることを表明したに等しい。朝から途方もない無情感と憤りを覚えている。


 特定秘密保護法、安保法制という愚法を通しても一時的に支持率は下がるものの、その後、復活してきたから味を占めたのだろう。国民はメディアを使ってどうにでもコントロールできるという訳だ。


 それでも悲しいかな、こんなに馬鹿にされても多くの国民は自分には関係ない法律だと思っているようだ。残念ながら、行きつく所まで行くしかない。ああ、この怒り、どこに持っていこうか?きっと奴には天罰が下るだろう。私は共謀罪が施行されても、おかしいことはおかしいって言うことを憚らないつもりだ。

2017年6月 3日 (土)

「止まった時計」(松本麗華著/講談社)を読んで思うこと

  先日AbemaTVで報道された「居酒屋むらじゅん」という番組をアーカイブで観た。ゲストにはオウム真理教教祖麻原彰晃の三女・アーチャリーこと松本麗華さんだった。あの地下鉄サリン事件からはもう22年も経っていて、彼女も34歳になっていた。

  観る限りでは普通の女性だった。そこで2年前に書いたこの本のことを知り、彼女がここまでどういう足跡を辿ってきたのかに興味を覚えて読むことにした。

  オウム真理教が起こした事件については絶対に許されるものではない。ただ彼女は当時まだ12歳で罪はないと思う。小学校にも行っておらず、物心ついた頃には常に警察やマスコミとの睨み合いの中で生きてきた。外界に反抗心を持たないわけがない。

  麻原逮捕後は流転の日々、信じていたものが失われ、世間の冷たい目に晒され自殺も図ったという。普通ならそのままオウム真理教と共に世間から離れた形でしか生きられなかっただろう。ところが彼女の場合は違った。自分の出自が分かれば、アルバイトは首になり、学校にすら入学を断られる状況下で、弁護士等の助けを得ながら通信制の高校に行き、大学も卒業した。並大抵の努力で出来るはずがない。

  今は家族がバラバラになりながらも懸命に暮らしているという。それでも公安警察からは未だオウムから名前を変えたアレフの幹部として監視されているようだ。勿論、オウムが起こした事件で大勢の被害者が出ているし、あの事件の首謀者の娘が平凡に暮らしていても良いのか?未だに父親が事件を首謀したことを受け入れてないではないか?
という人も多いだろう。

  しかし、オウムとは縁を切り、母親とも縁を切って、真っ当な生活を送ろうとしている彼女を、積極的には応援できないまでも普通の人として受け入れても良いのではないだろうか?そんな気がした。どうか頑張って生き抜いて欲しい。
 

« 2017年5月 | トップページ | 2017年7月 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ