« 世の中に聖人君子なんていないのだから、私は寛容な心を持ちたい。 | トップページ | 最低最悪、モリカケ審議拒否解散になるのか? »

2017年9月12日 (火)

警察が「なりすまし」誤認逮捕で19日間勾留したことについて思うこと

  徳島県警三好署で誤認逮捕の上、その女性を19日間も勾留していたことが分かった。日本で一番購読者がいる読売新聞でさえこの扱いなのが残念でならない。もっと事件の経緯を丁寧に説明すべきだろう。

 http://www.yomiuri.co.jp/national/20170911-OYT1T50080.html

  もっとも事件が複雑といえば複雑だ。私が理解した所によると、逮捕された女性Aは用事が出来てアイドルコンサートのチケットを女子中学生Bに転売する約束をした。ところが、この女子中学生BはAの個人情報を得て、それを元に別の女子高校生C、D、に売る契約をして、お金はAの口座に振り込ませるようにした。

  その上、女子中学生Bは今までの登場人物とは別のEに売る約束をしてEからお金をBの口座に振り込ませた。そんなことを知らないAはBからの指示でチケットをEに送る。これでお金はBの元にも入る。当然、チケットが送られないC、Dは被害を訴えることになる。女子中学生Bの存在が分からない警察は当然、Aを疑うことになる。

  どういう証拠で逮捕拘留になったのかは分からないが、無実の人間から19日間も自由を奪ったのだ。仮にこの女性が執拗な尋問や柔懐に耐えかねて自白してしまったら、犯罪者になってしまうところだったと思うと恐ろしい。

  数年前、PC遠隔操作事件があり、無実の人が4人も逮捕され、確か2人は自白してしまった。その後、真犯人が捕まり、すったもんだの挙句、自身のミスで犯人であることが分かり、この事件は一件落着したが、警察の誤認逮捕に関しては、あまり批判が起こらなかった。

  今回の事件を耳にすると、PC遠隔操作事件の教訓なんて全く活かされていないようだ。何より、警察の発表も彼女が釈放されてから3ヵ月も経っているし、メディアは大騒ぎしていない。2か月前、共謀罪なんて言う天下の悪法が成立してしまっているんだ。こんなことは誰の身に降りかかるか分からない。

  この被害女性は当時、実名報道をされ、釈放後、自分自身で郵便局の郵送証明をとったことで、無実が証明されたらしい。この事件の報道量や警察に対する批判が少ないのも記者クラブの弊害かもしれない。

 
それが権力側であろうとも、
人間が行うことに絶対なんてことはあり得ない。それを質すのがメディアだろう?捜査側の猛省と、メディアの在り方を見直す必要があると思う。

 
 

« 世の中に聖人君子なんていないのだから、私は寛容な心を持ちたい。 | トップページ | 最低最悪、モリカケ審議拒否解散になるのか? »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219908/65782980

この記事へのトラックバック一覧です: 警察が「なりすまし」誤認逮捕で19日間勾留したことについて思うこと:

« 世の中に聖人君子なんていないのだから、私は寛容な心を持ちたい。 | トップページ | 最低最悪、モリカケ審議拒否解散になるのか? »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ