« 2017年12月 | トップページ | 2018年2月 »

2018年1月

2018年1月31日 (水)

インフルエンザが怖い。

 ダメだなぁ。最低、週一ではブログを書こうと思ってるのに、部屋に戻って風呂入って、軽く飲みながら囲碁トレーニングをやった後では、翌朝4時半に起きる必要があるから、なかなか書けないのだ。

 今夜はブルームーンで、しかも皆既月食。曇っていて見れるかどうか分からなかったけど、何とか見られそう。でも10時前からだから見ていられない。
 今朝、いつも隣で荷降ろししている方が来ない。少し時間が経って、別の方が来た。インフルエンザだという。だいたい人混みにはいかない仕事なのに、何で感染したんだろう?ただ、昨日は時間違いで会話しなかったから大丈夫かな。
 今年に入ってからインフルエンザが猛威を振るっている。一応、昨年11月にワクチンは打っているけれど、重症化を防ぐだけで感染しないわけではない。まめに手洗いをし、何かをした合間には除菌ウェットティッシュで手を拭いている。また部屋では加湿器をつけている。何とか感染しないで乗り切りたい。

2018年1月20日 (土)

何で不倫で芸能界を引退しなければならないの?

  昨日、音楽プロデューサーの小室哲哉氏が、週刊文春の不倫報道を受けて記者会見を開き芸能界の引退を公表した。私は彼の作り渡辺美里さんが歌った曲に感銘を受け、ブログ名に「My Revolution」とつけたくらいだから、彼の芸能界引退はショックを受けた。

  確かに、状況的にみれば「不倫」だったのかもしれない。でも、世間一般には迷惑をかけていない。御夫人やスポンサート等、関係者にはイメージを壊したことで謝るべきことかもしれないけれど、何も芸能界を引退するようなことではないと思う。
  そもそも芸能人に対して、一般人が刑法犯罪以外で清廉潔白を問う意味があるのか?先日、人気女優・広瀬すず、アリス姉妹の兄が飲酒運転で事故を犯し、早速ニュースになった。身内が犯した犯罪に対して世間に謝る必要があるのか?
  私自身の尺度としては、成人が起こした事件についてはその親族の責任を問うべきではないし、ましてコメントを求めることさえナンセンスだと思う。何で一族郎党が非難されなければならないのか?メディアの見解を知りたい。ただ、数字が取れるからではないのか?
  私は税金で食べている政治家や官僚はともかく、芸能人に厳格な倫理を求める必要があるとは思えない。嫌いなら見なければいいだけじゃないか?不寛容な社会は委縮するばかりになってしまう。これは怖いことだ。今回の件はさすがに「いきすぎ」だという声がネットに溢れている。不寛容社会からの脱却を希望する。
 
 
 
 

2018年1月15日 (月)

運転免許証紛失、そして再交付に行ってきた。

 先週の木曜日、コンビニで支払いをしようと財布を見たら運転免許証が無い(汗)。現金や他のカード類はあるのに、何故か免許証だけ無くなっている。おそらく他のカードを提示する時に誤って落としてしまったんだろう。翌日、良く行くお店には落ちていないか尋ねてみたが、やはり、見つからなかった。

 仕事柄、運転免許証がない状態を放置できないので、たまたま休みだった今日、二俣川運転試験場に行ってきた。ここに来るのは30年以上ぶり。今時はネットでいろいろ調べられる。身分証明になる物と写真があれば良いらしい。受付時間は午前8時半からだが、おそらく混雑すると思い、8時には着いた。
 すぐ再交付申請書に住所等を記入したが、証紙購入窓口は8時20分からだ。それでも5分早く開けてくれた。早速、証紙を貼って10番窓口に並ぶ。4番目。あれよあれよという間に20人ぐらい並ぶ。帰り際に見た時には40人ぐらいいた。こんなに免許を無くしたり、盗難されたりする人がいるのか?
 受付で写真を裁断、貼付してもらい、本人確認が済むと、顛末書なる書類を渡される。記載台に記入例があるのだが、無くなった状況の欄には「知らないうちに財布から免許証だけなくなっていた」と書いてあり、自分と同じじゃないか?と例にもなるくらい、多いんだなと安心して笑ってしまった。
 その後、暗証番号を設定しレシートを作成、顛末書を提出し写真を撮った後、別の棟に移って50分ぐらい待つ。9時半に受領できた。意外と簡単に再交付は出来たけど、3,500円の手数料と交通費、それに半日ぐらい費やしてしまった。今後は気をつけよう。

2018年1月13日 (土)

1月第2週の出来事で心に残ったこと。

  ブログ、毎日は書けないけれど、何とか週一ぐらいでは書きたい。今週起こった出来事で個人的に関心をもったことの感想を記そう。

  古い人間なのでピンとこないが8日(月)は成人式だった。ここのところ、メディアは「荒れる成人式」などと、新成人の傍若無人ぶりを報じていたが、今年は違った。「はれのひ」という会社が、成人式当日になって経営破たんし、晴着の着付けを行わないという前代未聞のことが起こったのだ。
  これを書いている時点では、この会社が以前から経営不振に陥っており、従業員に対する賃金未払い、着付け会場への費用未払い、銀行等の融資も打ち切られていることが分かっている。まあ計画倒産であり、明らかに詐欺だ。しかも、社長は雲隠れしているという。
  昨年、旅行代理店の「てるみクラブ」が同じように経営破たんして、利用者に多大な苦痛を与えたけれど、今回、この「はれのひ」が行ったことは、もっと酷い。旅行はお金さえ取り返せば(実際には出来ないけれど)、まだ救われる。しかし、成人式は人生に一度きりだ。それを踏みにじられるのは、許しがたい行為だろう。お金では償えない。
  ここの社長は中国に逃げている噂もあるが、ちゃんと法の裁きにかけよう。まかり間違ってもこういうことを許してはいけない。
 
 
 

2018年1月 3日 (水)

新年早々、引いたおみくじが「末吉」→「凶」(笑)

 新年あけましておめでとうございます。

元日は例年の如く、大野山に初日の出を見に行って、その後、大雄山最乗寺に初詣に行っている。今年は初日の出も綺麗に見れた。
Imgp1786b
振り返れば、雄大な富士山が見える。こんなに素晴らしい場所はあまりないと思う。しかも、家から車で30分かからず行けてしまうのだ。
Imgp1785b
その後すぐに大雄山最乗寺に行きお札を頼み奥の院の石段を今年も無事に上れた。お参りを済ませ、おみくじを引く。「末吉」だった。「凶」の一つ手前であり、微妙な気分だった。
そして、今日、3日ぶりに仕事で浅草に行ったので、浅草寺でお参りし、おみくじを引いたら、なんと人生初の「凶」だ!ただでさえ自分の人生は不運続きだと思っているから、かなりショックだ。帰りの運転が普段以上に慎重になったことは言うまでもない。
もっとも「凶」なんて、滅多に出るものではないから、逆に運が良いのかもしれないとプラス思考にチェンジした。そして、ネットでこんなブログを見つけ、より安心した次第だ。今まで以上に運転に注意しよう。
凶が出れば幸運!浅草寺で噂の裏名所「おみくじ」を引く理由
https://www.travel.co.jp/guide/article/12078/
一部引用→浅草寺観音籤では、大吉17%/末小吉3%/小吉4%/半吉5%/末吉6%/吉35%/凶30%となっており、吉凶の比率は70対30なのです。

追記:いくら編集しても改行が上手くいかない!!何が悪いんだろう?

« 2017年12月 | トップページ | 2018年2月 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ