日記・コラム・つぶやき

2017年9月24日 (日)

大相撲9月場所、11目には考えられなかった横綱・日馬富士が優勝。

 大相撲9月場所、千秋楽で日馬富士が大関豪栄道を本割、優勝決定戦に連勝し賜杯を手にした。日馬富士が4敗となり、豪栄道が圧倒的に有利な状況だったのにも関わらず、12、13日目の連敗で星一つ差となり、結局、逆転を許してしまった。豪栄道本人の落胆は想像できない。とても残念だ。

 今場所は初日から3横綱が休場し、序盤で大関・高安、照ノ富士が、そして人気の出てきた宇良も休場するという異常事態となった。怪我だから仕方ないけれど、この背景には何があり、どうしたら良いのだろうか?

 個人的には公傷制度の復活と、巡業の在り方を見直すべきだと思う。かつての無気力相撲なるものが影を潜め、土俵際であっさり寄り切られる取り組みが少なくなった。それはそれで良いことである。ただ、公傷制度がなくなり、力士は多少の怪我なら無理してでも出場する。それが怪我の回復を遅らせるばかりか力士生命を短くしているように思える。

 数年前の八百長事件で地に落ちた大相撲人気がここまで取り戻してきた。しかし、肝心の力士が怪我人だらけになってしまえば、元の木阿弥になりかねない。協会はしっかり分析して対応策を出すべきである。

2017年9月18日 (月)

最低最悪、モリカケ審議拒否解散になるのか?

  一昨日の朝、NHKが「今月末臨時国会冒頭解散?」のスクープを出して、一気に解散モードに入った。まあ、この安倍政権という史上最悪の政権は自己都合、私利私欲、党利党略、独裁政権を維持したいばかりでやりたい放題。もう頭にくる。


  北朝鮮がアメリカ向けの弾道ミサイル発射実験や核実験を利用して、日本国民に恐怖を煽り、B層がメディアに呼応する形で支持率を回復しつつある。その上、対抗馬の民進党はガタガタ、小池都知事がバックにいる新党もまだ誕生していない今なら選挙に勝てると見込んで、大義なき総選挙をやるらしい。

  今だって絶対多数の議席数を維持しているし、共謀罪だって過去の慣例を踏みにじって数の論理で成立させた。どんな法律だって通し放題の状況で、700億円も掛けて選挙をする意味なんて全くない。単に、国会で森友や加計問題を追及されるのが鬱陶しいだけとしか思えない。国民なんてメディアで踊らされると思っているか、大義なき総選挙をすれば投票率は下がり大勝するとでも思っているのだろう。

  でも残念ながら、「安倍政権に対する信任かどうか?」を問う選挙なのに、その受け皿がしっかりしていない。前原民進党が連合を袖にしても野党共闘、小沢氏の提唱する「オリーブの木構想」が出来なければ、自公及び改憲勢力圧勝の構図になってしまいかねない。

  無責任なことを言えば、私自身は高齢の両親がいるだけで、この国の将来を悲観してもそれほど影響はない。仮に召集令状のようなものが来れば自死する。あんな馬鹿野郎どもには絶対に従わない。でも子供や孫のいる御家庭は、こんな悪辣な解散総選挙をやる安倍政権を信任するのか?安倍の僕になり下がるのか?今回はそんなことが問われているような気がする。





 

2017年9月11日 (月)

世の中に聖人君子なんていないのだから、私は寛容な心を持ちたい。

 今の仕事に変わって1ヶ月、ようやく生活パターンに慣れてきた。まあ、休みは少ないし拘束時間は長いけれど、以前と比べれば、肉体的にも精神的にも負担は軽い。妻子のいない私は最低限の生活が営めれば良いのだから、体が持つ限りは続けよう。

 昨年のベッキーぐらいから、昨今、政治家から芸能界まで「不倫」問題で席巻されている。確かに良くないことだけど、少なくとも芸能人に関しては本人とその家族、スポンサーといった利害関係者の問題であって、素人の私には何ら影響することは無い。ただ、税金で食べている政治家の場合は、少し事情は変わってくる。

 先週、民進党の山尾志桜里議員の不倫疑惑が発覚した。私は共謀罪法案の質疑で法務大臣等へ鋭い追及する姿に、彼女の更なる活躍に期待していた。でも横浜市長選で現職の応援演説を行ったことで少し疑念を抱いていたら、この始末だ。大いに落胆したのは言うまでもない。

 「出る杭は打たれる」という諺がある。あれほど自民党を追及してきた人が、自分自身のプライベートに関して隙をみせてしまったことは脇が甘いと言われても反論不可能だ。

 個人的な解釈だけど、男性より女性の不倫に厳しいのは、かつての「姦通罪」があるのではないかと思ってしまう。この世に「聖人君子」なんていないけれど、20年以上続く不況下で、多くの人から「寛容」が狭くなったのかもしれない。だけどプライベートなことに関して正義心を振りかざし、他人の不徳を匿名で執拗に叩くということだけは控えようと思う。
 
 

2017年8月20日 (日)

北朝鮮は脅威だが…、庶民は何もできない

  ニュースからは毎日のように北朝鮮のミサイル実験や核実験の話題が流れる。正直言って、ウンザリしている。庶民に何が出来る?そもそも今北朝鮮が実験しているICBMは対アメリカ向けのものであって日本向けのものは既に数千規模で配備済みだといわれている。


  そんなに脅威なら、まずは原発を止めるべきだ。福島第一原発事故で原子炉が直接壊れなくたって電源関係が遮断されればメルトダウンしてしまう。核なんて使わずとも日本は滅びかねない。

  それにJアラートだ、避難訓練だと言ったって、実際にミサイルが飛んで来たら対処できるはずがない。PAC3なんて気休めだろう。打たせないようにするしか方法がないんだ。

  北朝鮮がアメリカや日本を標的に先制攻撃してくる可能性は今のところ少ない。北朝鮮の狙いは金体制の維持だろう。先制攻撃≒金体制の崩壊である。

  それではアメリカは北朝鮮が重大な脅威だからと限定攻撃を行うか?トランプ大統領がツイッター等で傍若無人ぶりを垣間見せていても、韓国には数万人の米国人が住んでいる。彼等を犠牲にしてまで攻撃するのかは疑問だ。結局、当分は睨み合いが続くのだろう。

  だから庶民の私はいたずらに騒がず、慌てず、事の推移だけを知っていれば良い。メディアも脅威ばかりを煽るんじゃなくて、客観的事実だけを伝えてくれ。




2017年8月18日 (金)

復活!ようやく生活が安定してきた。

 前回ブログを書いてから40日間、様々なことがあった。借金しなければ最低限の生活すらできないところだった。でも、何とか生きていく術が出来て落ち着いてきた。これからまた、物事に対しての感想等を書いていきたい。

2017年7月 8日 (土)

お金がないんだから仕方ない。

 何とか生きる道筋は出来た。これまでつぎ込んできたいろいろなものを失うのは仕方ない。ここまで自分なりに精一杯頑張ってきたつもりだから後悔することは無い。そりゃあ、突っ込めば回答に困ることもあるだろう。でも結果が出なかった。資金切れだから、もうこれ以上、頑張るのは無理。あと満足に働けたって十数年が関の山だ。余生というにはまだ早いけれど、精神的には楽になりたい。

2017年6月15日 (木)

今朝、「共謀罪」が成立してしまった(怒)

 今朝、改正組織犯罪処罰法が成立してしまった。NHKを始めとする記者クラブメディアの多くは「テロ等準備罪」などというが、条文の中に「テロ」の定義すらない。表題だけ見て騙された人も多いことだろう。

 個人的には「平成の治安維持法」だと思っている。一般人と組織犯罪集団との明確な区別もなく、該当する罪状は277もある。権力側が怪しいと思ったら、誰でも捕まえられる。その前に誰が怪しいかどうか分からないから盗聴も自由に行われる。最低最悪の法案だ。

 もっとも、この法案が上程された時、数の力をもってすれば通ってしまう可能性は高かった。しかし、森友学園問題や加計学園問題で政府の答弁が窮して行く中で、都議選に近いこともあり、ひょっとしたら廃案になる可能性もあった。


 ところがこれ以上、国会審議を引き延ばして森友・加計問題を追及されたくない安倍は、法務委員会の採決すら行わず、中間報告という形を取って参院本会議で採決するという愚行を行った。これでは委員会の意味がないし、官邸が決めれば国会など無意味ということになってしまう。独裁国家であることを表明したに等しい。朝から途方もない無情感と憤りを覚えている。


 特定秘密保護法、安保法制という愚法を通しても一時的に支持率は下がるものの、その後、復活してきたから味を占めたのだろう。国民はメディアを使ってどうにでもコントロールできるという訳だ。


 それでも悲しいかな、こんなに馬鹿にされても多くの国民は自分には関係ない法律だと思っているようだ。残念ながら、行きつく所まで行くしかない。ああ、この怒り、どこに持っていこうか?きっと奴には天罰が下るだろう。私は共謀罪が施行されても、おかしいことはおかしいって言うことを憚らないつもりだ。

2017年6月 3日 (土)

「止まった時計」(松本麗華著/講談社)を読んで思うこと

  先日AbemaTVで報道された「居酒屋むらじゅん」という番組をアーカイブで観た。ゲストにはオウム真理教教祖麻原彰晃の三女・アーチャリーこと松本麗華さんだった。あの地下鉄サリン事件からはもう22年も経っていて、彼女も34歳になっていた。

  観る限りでは普通の女性だった。そこで2年前に書いたこの本のことを知り、彼女がここまでどういう足跡を辿ってきたのかに興味を覚えて読むことにした。

  オウム真理教が起こした事件については絶対に許されるものではない。ただ彼女は当時まだ12歳で罪はないと思う。小学校にも行っておらず、物心ついた頃には常に警察やマスコミとの睨み合いの中で生きてきた。外界に反抗心を持たないわけがない。

  麻原逮捕後は流転の日々、信じていたものが失われ、世間の冷たい目に晒され自殺も図ったという。普通ならそのままオウム真理教と共に世間から離れた形でしか生きられなかっただろう。ところが彼女の場合は違った。自分の出自が分かれば、アルバイトは首になり、学校にすら入学を断られる状況下で、弁護士等の助けを得ながら通信制の高校に行き、大学も卒業した。並大抵の努力で出来るはずがない。

  今は家族がバラバラになりながらも懸命に暮らしているという。それでも公安警察からは未だオウムから名前を変えたアレフの幹部として監視されているようだ。勿論、オウムが起こした事件で大勢の被害者が出ているし、あの事件の首謀者の娘が平凡に暮らしていても良いのか?未だに父親が事件を首謀したことを受け入れてないではないか?
という人も多いだろう。

  しかし、オウムとは縁を切り、母親とも縁を切って、真っ当な生活を送ろうとしている彼女を、積極的には応援できないまでも普通の人として受け入れても良いのではないだろうか?そんな気がした。どうか頑張って生き抜いて欲しい。
 

2017年5月31日 (水)

本当にこの国って民度が高いのか?

一昨日、フリージャーナリストの詩織さんが、2年前、元TBSワシントン支局長だった山口敬之氏からレイプされ、逮捕状まで出ていながら何故か逮捕は見送られ、書類送検の後、不起訴処分になったことは納得できないとして検察審査会に訴えた。

 レイプ被害者は警察に届けることすら躊躇するというのに、顔出しで記者会見するのには、どんなに勇気のいることだろう。しかも山口氏は森友学園問題が佳境に入った3月中旬から各テレビ局で安倍擁護の論陣をはってきた人間で、この問題が週刊新潮に取り上げられてからは姿を消している。そのくせ、フェイスブックでしっかり反論するのだ。

 現段階で彼が犯罪者だとは言わない。しかし、彼が詩織さんに送ったメールには性行為があったことは認めている。意図的かどうかに関わらず、酔い潰れた自分の娘ほどの女性に、妻子ある人がこういうことをしても良いのか?この勝ち誇ったようなメールを読めば、最低な人間だということが良く分かる。

 そして、この問題で何よりガッカリしているのはメディアの取り上げ方とネット上の対応だ。これだけ勇気ある告白もTV局で取り上げたのは日テレとテレ朝ぐらい。新聞だって全ては取り上げていない。彼のバックに安倍がいるから忖度しているかのようだ。ネット上はもっと酷い。恐ろしいくらいの罵詈雑言が飛び交っている。

 本当にこの国って民度が高いのか?。もっとも、そういうことを書きこんでいる奴らは狂信的な安倍信者の匿名連中だと思おう。とにかく、狂ってる。

2017年5月26日 (金)

前川・前文科相事務次官の記者会見について思うこと

  昨日の夕方、前川・前文科相事務次官の記者会見が行われた。先週、安倍総理の腹心の友が運営している加計学園、その認可過程について記されている8枚のペーパーについて本物だと証言したのだ。その中には「総理の意向」などと書かれていたから大変だ。総理はこの案件に関して、指示等があれば辞めると語っていたからだ。

 その記者会見に対して、菅官房長官は相変わらず怪文書だという姿勢は変えず、尚且つ、前川氏が頻繁に出会い系バーに通っていて恥ずかしい奴だと言わんばかりの人格攻撃を行った。こんな卑劣な官房長官は見たこともないし酷すぎる。あくまで推測だが、この情報は官邸サイドから読売新聞にリークしたものと思われる。

 しかし、両方の記者会見を見れば、どちらが嘘をついてるかは一目瞭然だ。その証拠に、前川氏は証人喚問への出席も言及しているのに対し、自民党は頑なに否定しているではないか。全く持って誠意がない。野党がだらしないんじゃなくて与党が逃げているのだ。こんな政権を消極的ながらでも支持している人を私は残念に思う。

 追記:前川氏の人柄に関しては退省時、全職員に向けてのメールを読めば良く分かる。こんなに弱者の立場に立って考えてくれる高級官僚もいたんだなと思わせる内容だ。下記参照。

http://www.asahi.com/articles/ASK1N563DK1NUTIL031.html

 

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ