日記・コラム・つぶやき

2017年6月15日 (木)

今朝、「共謀罪」が成立してしまった(怒)

 今朝、改正組織犯罪処罰法が成立してしまった。NHKを始めとする記者クラブメディアの多くは「テロ等準備罪」などというが、条文の中に「テロ」の定義すらない。表題だけ見て騙された人も多いことだろう。

 個人的には「平成の治安維持法」だと思っている。一般人と組織犯罪集団との明確な区別もなく、該当する罪状は277もある。権力側が怪しいと思ったら、誰でも捕まえられる。その前に誰が怪しいかどうか分からないから盗聴も自由に行われる。最低最悪の法案だ。

 もっとも、この法案が上程された時、数の力をもってすれば通ってしまう可能性は高かった。しかし、森友学園問題や加計学園問題で政府の答弁が窮して行く中で、都議選に近いこともあり、ひょっとしたら廃案になる可能性もあった。


 ところがこれ以上、国会審議を引き延ばして森友・加計問題を追及されたくない安倍は、法務委員会の採決すら行わず、中間報告という形を取って参院本会議で採決するという愚行を行った。これでは委員会の意味がないし、官邸が決めれば国会など無意味ということになってしまう。独裁国家であることを表明したに等しい。朝から途方もない無情感と憤りを覚えている。


 特定秘密保護法、安保法制という愚法を通しても一時的に支持率は下がるものの、その後、復活してきたから味を占めたのだろう。国民はメディアを使ってどうにでもコントロールできるという訳だ。


 それでも悲しいかな、こんなに馬鹿にされても多くの国民は自分には関係ない法律だと思っているようだ。残念ながら、行きつく所まで行くしかない。ああ、この怒り、どこに持っていこうか?きっと奴には天罰が下るだろう。私は共謀罪が施行されても、おかしいことはおかしいって言うことを憚らないつもりだ。

2017年6月 3日 (土)

「止まった時計」(松本麗華著/講談社)を読んで思うこと

  先日AbemaTVで報道された「居酒屋むらじゅん」という番組をアーカイブで観た。ゲストにはオウム真理教教祖麻原彰晃の三女・アーチャリーこと松本麗華さんだった。あの地下鉄サリン事件からはもう22年も経っていて、彼女も34歳になっていた。

  観る限りでは普通の女性だった。そこで2年前に書いたこの本のことを知り、彼女がここまでどういう足跡を辿ってきたのかに興味を覚えて読むことにした。

  オウム真理教が起こした事件については絶対に許されるものではない。ただ彼女は当時まだ12歳で罪はないと思う。小学校にも行っておらず、物心ついた頃には常に警察やマスコミとの睨み合いの中で生きてきた。外界に反抗心を持たないわけがない。

  麻原逮捕後は流転の日々、信じていたものが失われ、世間の冷たい目に晒され自殺も図ったという。普通ならそのままオウム真理教と共に世間から離れた形でしか生きられなかっただろう。ところが彼女の場合は違った。自分の出自が分かれば、アルバイトは首になり、学校にすら入学を断られる状況下で、弁護士等の助けを得ながら通信制の高校に行き、大学も卒業した。並大抵の努力で出来るはずがない。

  今は家族がバラバラになりながらも懸命に暮らしているという。それでも公安警察からは未だオウムから名前を変えたアレフの幹部として監視されているようだ。勿論、オウムが起こした事件で大勢の被害者が出ているし、あの事件の首謀者の娘が平凡に暮らしていても良いのか?未だに父親が事件を首謀したことを受け入れてないではないか?
という人も多いだろう。

  しかし、オウムとは縁を切り、母親とも縁を切って、真っ当な生活を送ろうとしている彼女を、積極的には応援できないまでも普通の人として受け入れても良いのではないだろうか?そんな気がした。どうか頑張って生き抜いて欲しい。
 

2017年5月31日 (水)

本当にこの国って民度が高いのか?

一昨日、フリージャーナリストの詩織さんが、2年前、元TBSワシントン支局長だった山口敬之氏からレイプされ、逮捕状まで出ていながら何故か逮捕は見送られ、書類送検の後、不起訴処分になったことは納得できないとして検察審査会に訴えた。

 レイプ被害者は警察に届けることすら躊躇するというのに、顔出しで記者会見するのには、どんなに勇気のいることだろう。しかも山口氏は森友学園問題が佳境に入った3月中旬から各テレビ局で安倍擁護の論陣をはってきた人間で、この問題が週刊新潮に取り上げられてからは姿を消している。そのくせ、フェイスブックでしっかり反論するのだ。

 現段階で彼が犯罪者だとは言わない。しかし、彼が詩織さんに送ったメールには性行為があったことは認めている。意図的かどうかに関わらず、酔い潰れた自分の娘ほどの女性に、妻子ある人がこういうことをしても良いのか?この勝ち誇ったようなメールを読めば、最低な人間だということが良く分かる。

 そして、この問題で何よりガッカリしているのはメディアの取り上げ方とネット上の対応だ。これだけ勇気ある告白もTV局で取り上げたのは日テレとテレ朝ぐらい。新聞だって全ては取り上げていない。彼のバックに安倍がいるから忖度しているかのようだ。ネット上はもっと酷い。恐ろしいくらいの罵詈雑言が飛び交っている。

 本当にこの国って民度が高いのか?。もっとも、そういうことを書きこんでいる奴らは狂信的な安倍信者の匿名連中だと思おう。とにかく、狂ってる。

2017年5月26日 (金)

前川・前文科相事務次官の記者会見について思うこと

  昨日の夕方、前川・前文科相事務次官の記者会見が行われた。先週、安倍総理の腹心の友が運営している加計学園、その認可過程について記されている8枚のペーパーについて本物だと証言したのだ。その中には「総理の意向」などと書かれていたから大変だ。総理はこの案件に関して、指示等があれば辞めると語っていたからだ。

 その記者会見に対して、菅官房長官は相変わらず怪文書だという姿勢は変えず、尚且つ、前川氏が頻繁に出会い系バーに通っていて恥ずかしい奴だと言わんばかりの人格攻撃を行った。こんな卑劣な官房長官は見たこともないし酷すぎる。あくまで推測だが、この情報は官邸サイドから読売新聞にリークしたものと思われる。

 しかし、両方の記者会見を見れば、どちらが嘘をついてるかは一目瞭然だ。その証拠に、前川氏は証人喚問への出席も言及しているのに対し、自民党は頑なに否定しているではないか。全く持って誠意がない。野党がだらしないんじゃなくて与党が逃げているのだ。こんな政権を消極的ながらでも支持している人を私は残念に思う。

 追記:前川氏の人柄に関しては退省時、全職員に向けてのメールを読めば良く分かる。こんなに弱者の立場に立って考えてくれる高級官僚もいたんだなと思わせる内容だ。下記参照。

http://www.asahi.com/articles/ASK1N563DK1NUTIL031.html

 

2017年5月16日 (火)

【秋篠宮眞子様御婚約】おめでたいこともスピンコントロールに思えてしまう荒んでいる私。

  先程、秋篠宮ご夫妻の長女・眞子様が御婚約されるというニュースが流れた。実におめでたい。ただ、このニュースを素直に喜べない。私の心は荒んでいる。


  何で今日なのだ?明日は衆院法務委員会で共謀罪が強行採決されようとしている日だ。明日は朝から晩まで眞子様婚約のニュースで一色になるだろう。その間に姑息な連中は悪魔の法案を通してしまおうと画策しているようなきがしてしまうのだ。

  もうこれ以上の戦前回帰は止めて欲しい。世論調査で現政権支持と答える人にお願いしたい。

2017年5月13日 (土)

フェイスブック(FB)での釈明で済むならメディアはいらない。

 3月の証人喚問で森友学園籠池理事長が昭恵夫人から100万円の寄付を受け取ったと証言したことに対して、その反論を”フェイスブック”で行った。片や偽証罪に問われる証人喚問、片や誰が書いたのかもわからないフェイスブック、バカか太鼓持ちじゃない限りどちらの方が信用度が高いか分かる。でもメディアは形式だけの批判で終わった。

  これに味を占めたのか、重婚疑惑が報道された中川経産政務官も誰が書いたか分からないフェイスブックで釈明して雲隠れしている。使われた病名が「ストレス反応」だ。私が20年前、会社を辞めた時の病名だ。氏の場合は自業自得の筈なのに、過労が原因で発症し1年半も苦しんだ私は何だか馬鹿にされたような気分になる。

  そして、今週は官邸御用達ジャーナリストの山口氏のスキャンダルが週刊新潮に載った。何と準強姦疑惑で逮捕状を警察幹部がもみ消したというものだ。山口氏は森友問題発覚後、すでに官邸御用達ジャーナリストとして名高い田崎氏だけでは擁護しきれないと踏んだのか、突如としてTV各局が使いだした人物だ。TBSの旧ワシントン支局長だったらしいが、まあ、虎の威をかるキツネの如く振る舞っていた。TVなんてたまにしかみないけれど、出れば気分が悪くなるから変えていた。

  あれだけ籠池氏を罵倒しておきながら、自分に疑惑が降りかかると今のところフェイスブックで釈明しただけだ。それに被害者を更に侮辱しているかのような表現もみられる。酷い話だ。言論人なんだから正々堂々と記者会見を開いて週刊新潮を訴えれば良いではないか?

  そして、政権に忖度しているのかどうか分からないが、大手メディアはこの件について触れていないようだ。猪瀬、舛添元都知事、鳥越俊太郎氏等々、後ろ盾の弱い人間に対しては”これでもか!!”というくらい連日連夜批判しまくっていたのに、小渕、甘利元大臣を初め、政権がバックについていると、トーンダウンする。

  私は10年ぐらい前からメディア不信なので元々期待していないが、それにしてもフェイスブックで済まされて、ハイ、それまでよ!で終わらせて良いのか?ああ、嫌だ。腹立たしくて仕方ない。

2017年5月10日 (水)

【素人目線】第72期本因坊戦挑戦手合7番勝負・第1局をみての感想

  昨日から岐阜市で行われた第72期本因坊戦挑戦手合7番勝負・第1局は先番・井山祐太本因坊が挑戦者の本木克弥八段を147手までで中押し勝ちした。本木八段は21歳、井山本因坊との公式対局もタイトル戦も2日制の碁も初めてだった。

  そういうこともあり、緊張してしまうのかなと思ったが堂々とした打ちぶりだった。昨日の序盤早々下辺でフリカワリがあり、その時点では本木八段が少し得をしたのではないかと思われていた。そこで上辺に井山本因坊が急所に打ち込み、本木八段は長考して初めての封じ手を行った。

  2日目の今日は上辺で戦いが始まるのかと思ったが、焦点は右上隅から右辺の攻防となった。ただ、やはり井山本因坊の方が一枚上手だったか、数手の打ち回しで仕掛けてきた白を封じ込め先手で中央を厚くしてしまった。局後の感想だと、本木八段はその段階で劣勢を意識したという。

  確かに、それから黒は左辺に回り地を稼いだ挙句、素人には妙手とも思えるキリが出て左辺と左上隅の石が繋がった。これを見て本木八段は投了したのだった。素人の私だとあれだけ中央が厚くなれば囲ってしまうけど、「厚みを地にするな」という囲碁の格言を実践するかのようで少し興奮した。間違っても真似は出来ないけれど、頭の片隅にでも、そういう戦い方があるということを刻んでおこう。

  今局は本木八段にとっては初めて尽くしの対局だっただけに戸惑いもあっただろう。でも7番勝負は始まったばかり、次局も面白い対局になることを期待したい。
 
 

2017年5月 8日 (月)

嘘つきが大手を振って歩ける社会が良いのか?

  今日の国会審議、チラッと見たけど、それはそれは酷いものだった。私は安倍という人はサイコパスだと思っているので、その顔や声を見聞きするだけで虫唾が走る。今日なんて答弁しないで「読売新聞を読め」ぐらいなことを口走ってる。もうまともな答弁なんて期待できないし、委員長もグルだから、質問者が総理を指名しても他の者に喋らせる。

  特に酷いのが財務省の佐川理財局長、次々と証拠を突きつけられているのに詭弁、無用な多弁で時間を費やす。もうイライラする。おそらくそれを狙っているんだろう。まともな人が見たら、どうみても彼の話なんて信用不可能だ。偽証罪のある証人喚問に切り替えた方が良い。腹が立って仕方ない。
 
  森友学園問題が持ち上がって3ヵ月、国会では支離滅裂な答弁が繰り返されているにも拘らず、誰にどう答えさせているのか分からないけれど政権支持率は6割もある。勝手な憶測だが富裕層か、コアな自公支持層、あるいは国会答弁などNHKによって都合よく編集されたものを見ている層か、全く政治に無関心な人達で今が良ければそれで良いという方々なのだろう。

  財界や芸能界、多くの一般市民が裸の王様を持ち上げていれば幸福なら、それで良いだろう。でも私は嘘つきが大っ嫌いだ。泡沫ブログだけど、その怒りだけはぶつけていこう。
 

2017年5月 6日 (土)

このまま新自由主義を続ければ、たぶん国は破たんするだろう。

  先日、見出しだけだが「僧侶の貧困化」が深刻になってきているらしい。私の住んでる田舎なら昔からの檀家があって何とかなっているのかもしれないが、都会なんてお墓もないし、新たにお寺の檀家になるなんていう人も少ないのではないか?

  ここで見えてくるのは、少子高齢化、都心への人口一極集中、庶民の貧困化などが密接に絡んでいるということだ。これをもたらしたものは、日本がアメリカに屈して新自由主義(≒市場原理主義、グローバリズム)を標榜してきたからだ。日本だけではないけれど、当初言われていたトリクルダウン効果など殆どが起こらず、結局、一握りの人達に富が集中し、庶民に金が回っていないからこういうことになる。

  その上、庶民の貯めていた年金資金まで今までの倍以上を株式投資に突っ込む博打を打っている。下がり始めれば、さらに追い銭、挙句の果てにマイナス金利まで導入した。グローバル企業と呼ばれる所は良いのかもしれないが、内需に依存する企業は大企業といえども芳しい状況とは言えない。
 
  政府の広報機関化している大手メディアは、戦時中の大本営よろしく、小さな上昇の兆しでも”賃金アップ”だ、”雇用改善”だ、などと喧伝するけれど、そんな感じは全くしない。この国は過労死するほどの長時間と低賃金労働が支えているのかもしれない。一人当たりGDPなんて先進国では最低水準になってしまった。
  この先見えてくるのは、低賃金・長時間でも働く移民政策と経済的徴兵制か。悲観的な見方しかできない。
 
 

2017年5月 5日 (金)

森林浴&ウォーキング

  今月に入ってようやくテンションが上がってきた。以前のように走りたいという気持ちになってきた。でも、いきなり走るのは危険だ。体重は増えてしまったし、アキレス腱を再び痛めては元も子もない。そこで体重がある程度落ちるまでウォーキングをすることにした。

Dsc_0053b_2

 まだ、今日で5日目(笑)なんだけど、時間だと2時間ぐらい、距離だと約9㎞歩いてきた。ただ、平坦な道ではなくて農道と林道が殆ど。高低差も300m以上ある。かなり厳しかったけれど、青空と新緑の中を歩いてくるのは気持ちよかった。なんとか続けていきたい。

Dsc_0054b
Dsc_0055b
 

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ